春めく陽気に包まれはじめる4月7日(日)、山梨県中央市にて2回目となる”桃と桜のサイクリング”が開催される。美しい花々が咲き乱れ、まさに桃源郷となる春先の絶景ライドを紹介しよう。


鮮やかな桃の花が次々に現れる 桃と桜のサイクリング2019鮮やかな桃の花が次々に現れる 桃と桜のサイクリング2019
サイクリストを重いウィンターウェアの中へと追いやってきた冬が過ぎ去り、日を追うごとに暖かになっていく4月のはじめ。山梨県中央市にて「桃と桜のサイクリング」が今年も開催される。本格的なシーズンインにぴったりの時期とコースを兼ね備えたライドイベントだ。

なんといってもこのイベントの魅力となるのは、”桃源郷”と呼ぶにふさわしい甲府盆地の絶景。イベントタイトルが示すように、桃と桜の花が辺り一帯を薄紅色に染め上げる。年間を通して雄大な景色を楽しむことが出来るフルーツラインだが、最も美しいのはこの時期だと地元の人も声を揃える。

一面の菜の花畑に桃の花咲く まさに桃源郷のような景色にテンションも上がる一面の菜の花畑に桃の花咲く まさに桃源郷のような景色にテンションも上がる
桃も桜も楽しめるポイントも登場桃も桜も楽しめるポイントも登場
満開の花々に囲まれたとっておきの絶景ルートを繋いで作られたコースは全長52kmと、すこし短めのコース設定。女性や初心者にとっても無理なく走り切ることが出来る距離で、無理をすることなく景色を楽しみながら完走できる絶妙なコース設定となっている。ちなみに初回大会では3割以上を女性が占めたという。女性専用出走グループなども設けられ、自分のペースで走り切れる安心感も魅力の一つ。

短めのライドであるものの、エイドは一切手抜きなし。52kmのコースの中に5つのエイドステーションが設けられる。10kmに1つのエイドステーションが現れるというのは、他のライドイベントでは考えられない濃密さ。それぞれがユニークなエイドステーションで、あっという間に時間が過ぎてしまうこと間違いなし。それでは、

程よいアップダウンで走りやすい52km 景色を楽しむ余裕あるレイアウトに

女性グループを先頭に出発していきます!女性グループを先頭に出発していきます!
メイン会場、そしてスタート&ゴール地点となるのは「中央市農村公園」。中央道甲府南ICから車で約10分の立地で、首都圏からのアクセスも良好だ。見晴らしの良い公園で、スタート前からさっそく期待が膨らむはず。こちらは第0エイドとして、オリジナルブレンドのコーヒーやマフィンなどが用意されちょっとした朝ごはんもいただける。

スタート地点から、コースは西へ、甲府盆地と富士山北麓を隔てる御坂山地のすそ野に沿うように、徐々に標高を上げながら進み、第1エイドの「八代ふるさと公園」へ。大会当日には「桃源郷春祭り」が開催されており賑わいを見せているはず。園内に植えられた桜、そして眼下には桃畑が広がる絶景を楽しみつつ、よもぎ饅頭をはじめとした補給をゲット。

アップダウンが続くけれど、サポートライダーのペーシングのおかげで走りやすいアップダウンが続くけれど、サポートライダーのペーシングのおかげで走りやすい
お待ちかねのランチタイムにゲストライダーの今中さんと佐藤さんもニッコリお待ちかねのランチタイムにゲストライダーの今中さんと佐藤さんもニッコリ 屋外バンクとなる境川自転車競技場がエイドに 走行体験もできました屋外バンクとなる境川自転車競技場がエイドに 走行体験もできました


そのまま一路西進し、御坂みちへと行き当れば折り返し。ここからは下り基調の爽快な区間に。第2エイドとなるのは「御坂農園グレープハウス」。こちらはランチエイドとして、なんとバーベキューが準備されている。当日一緒になった皆さんで卓を囲み、焼肉をつつけばあっという間に友達が増えるというもの。

がっつりスタミナをつけて向かうは第3エイドの「境川自転車競技場」。1986年(昭和61年)第41回国民体育大会「かいじ国体」のトラックレース会場となったバンクを、元競輪選手の指導付きで走行体験することもできる。

その後は中央自動車道をくぐり、第4エイド「道の駅とよとみ」へ。全国直売所甲子園初代グランドチャンピオンになった道の駅とよとみでは、地元で採れた野菜のバーニャカウダーが振舞われる。そして、笛吹川を渡ってフィニッシュを迎えるゴールでは、フィニッシュエイドが登場。朝戴いたコーヒーに加え、中央市の完熟トマトとフジザクラポークを使った「青春のトマト焼きそば」、さらに地元の美味しいアイスも提供予定と、エイドも充実の52kmとなりそうだ、


春の山梨の魅力がこれ以上ないほど詰め込まれ、大満足間違いなしの桃と桜のサイクリング。今年はゲストライダーとして、今中大介さんとお笑い芸人の牧野ステテコさんが一緒に参加してくれるという。さらに、よしもと山梨県すみます芸人のいしいそうたろうさんがMCとして大会を盛り上げてくれる。

さらに地域の魅力に触れてもらおうと、山梨を代表するイベント「信玄公祭り」ともコラボレーションするのも大きなポイント。「信玄公祭り」とは、甲斐の英雄・武田信玄公の命日である4月12日直前の金曜日~日曜日にかけて行う山梨最大級のイベントだ。 川中島の合戦へ出陣する信玄公と武田二十四将からなる甲州軍団の勇姿を甲府の街に再現する、世界一の武者行列は見応えたっぷり。昨年は、甲府駅前の大通りを使用したクリテリウム「信玄公ロードレース」も行われ、サイクリスト目線でも楽しめるイベントとなっている。

山梨を代表するイベント「信玄公祭り」ともコラボレーション山梨を代表するイベント「信玄公祭り」ともコラボレーション
昨年行われた「信玄公ロードレース」甲府駅前のロータリーを駆け抜ける集団昨年行われた「信玄公ロードレース」甲府駅前のロータリーを駆け抜ける集団 大会前日に行われる甲州軍団出陣の行列を最高の位置から楽しめる出陣式特別観覧席が、桃と桜のサイクリング参加者限定で50席用意される。大会前日から山梨の春と歴史を楽しめるプレミアムなチケットが、通常価格から500円割安で手に入るというのは嬉しいところ。参加者1名あたり4枚まで購入可能ということで、家族や友人と一緒に出掛けるというのもよいだろう。

現在参加者募集中!エントリーは3月18日まで

山梨の魅力を凝縮した”桃と桜のサイクリング”は現在参加者を募集中だ。エントリーはネットからとなっており、スポーツエントリー内申込ページから行うことができる。信玄公祭り出陣式観覧席もこちらから申込可能。満開の桃源郷の魅力を詰め込んだこのライド、ぜひ応募してみては?


桃と桜のサイクリング
開催日:4月7日
開催場所:山梨県中央市農村公園
距離:52.1Km
申込締切:2019年3月18日(月)