フランスのトータルサイクリングブランド、マヴィックが手がけるアパレルの中から、ベースレイヤーをピックアップして紹介しよう。推奨される温度帯と走行シチュエーションの異なる計6種類がラインアップされるベースレイヤーシリーズだ。



マヴィック コールドライドプラス ロングスリーブベースレイヤーマヴィック コールドライドプラス ロングスリーブベースレイヤー
サイクリングアパレルにも力を入れているマヴィックが用意するベースレイヤー群は、推奨気温が異なる計6モデルがラインアップされ、使用状況に合わせた選択が可能となっていることが特徴だ。いずれのモデルも、吸水速乾性、消臭作用を持つ活性粒子が繊維に埋め込まれた素材「37.5」を使用することで、人が快適と感じるウェア内の温度を37.5℃、湿度を37.5%に維持する機能を備えたハイパフォーマンス・インナー。

「37.5」の特徴は、埋め込まれた微多孔質の粒子がウェア内の水蒸気を素早く捉え、外に放出する機能を持つこと。冬場はライド中に発生した熱気や湿気を逃しつつ、体温を維持してくれる機能を、夏場は大量にかいた汗を素早くウェアの外へ排出することで、快適性を保つ機能を発揮する。

熱がこもりやすいワキ部分は網目が大きくされている熱がこもりやすいワキ部分は網目が大きくされている 風が当たらない腕の内側も網目状の生地とされている風が当たらない腕の内側も網目状の生地とされている


ミクロ単位の孔があいた活性粒子によって37.5は、表面積が通常の繊維と比較し8倍となり、一般的な生地よりも優れた吸汗速乾性を実現。ヤシの殻や火山灰など自然由来の活性粒子を採用しているため、肌を刺激したり、洗濯によって効果が薄れたりという心配も少ない。

ラインアップは、気温-15℃~8℃まで対応する厳冬期用「コールドライドプラス(長袖)」、気温0℃~15℃に対応するオールウィンター用「コールドライド(長袖&半袖)」、前身頃にメンブレン素材を配し防風性に特化した「ウィンドライド(長袖&半袖)」、気温15℃~25℃に対応する「ホットライド(半袖)」という6種類。

マヴィック コールドライドプラス ロングスリーブベースレイヤーマヴィック コールドライドプラス ロングスリーブベースレイヤー (c)マヴィックマヴィック コールドライド ロングスリーブベースレイヤーマヴィック コールドライド ロングスリーブベースレイヤー (c)マヴィックマヴィック コールドライド ショートスリーブベースレイヤーマヴィック コールドライド ショートスリーブベースレイヤー (c)マヴィック


繊維の編み方、袖の長さによって、各モデルの通気性や保温性の特色を出している。冬の時期に最も活躍するコールドライドプラスは、発熱しにくい前身頃は網目を細かく、熱がこもりやすい脇や背中の一部は網目を大きくすることで調整。コールドライドは、生地自体をコールドライドプラスよりも薄め、網目の大きな面積を広くすることで、より暖かい気温に対応させた。

いずれのモデルも人間工学に基づく形状の襟や、前傾姿勢時にウェアのズレを防ぐ腰のシリコングリップ、シームレスデザインなど、細かい仕様も煮詰められた。サイズはXS-S、M-L、XL-XXLという3種類が揃う。また、レディースモデルも用意されている。

マヴィック ウィンドライド ロングスリーブベースレイヤーマヴィック ウィンドライド ロングスリーブベースレイヤー (c)マヴィックマヴィック ウィンドライド ショートスリーブベースレイヤーマヴィック ウィンドライド ショートスリーブベースレイヤー (c)マヴィックマヴィック ホットライド ショートスリーブベースレイヤーマヴィック ホットライド ショートスリーブベースレイヤー (c)マヴィック




マヴィック コールドライドプラス ロングスリーブベースレイヤー
対応気温:-15℃~8℃
価格:12,000円(税抜)

マヴィック コールドライド ロングスリーブベースレイヤー
対応気温:0℃~15℃
価格:8,000円(税抜)

マヴィック コールドライド ショートスリーブベースレイヤー
対応気温:0℃~15℃
価格:7,500円(税抜)

マヴィック ウィンドライド ロングスリーブベースレイヤー
対応気温:ウィンド ブロック
価格:10,000円(税抜)

マヴィック ウィンドライド ショートスリーブベースレイヤー
対応気温:ウィンド ブロック
価格:8,500円(税抜)

マヴィック ホットライド ショートスリーブベースレイヤー
対応気温:15℃~25℃
価格:5,500円(税抜)

マヴィック ホットライド ノースリーブベースレイヤー
対応気温:15℃~25℃
価格:5,000円(税抜)

Amazon.co.jp