数多くのハイドレーション(給水)システムをリリースするアメリカのスピードフィル。トライアスロンのようにボトルからチューブを介して水分補給できる、独自機構満載のMTB用セット「Off-Road Bundle」を紹介しよう。



スピードフィル Off-Road Bundle: photo:So.Isobeスピードフィル Off-Road Bundle: photo:So.Isobe photo:So.Isobe
トライアスロン用のハイドレーションシステムを数多く手がけるUSAブランドがスピードフィル社だ。今回紹介するオフロード用の給水システム「Off-Road Bundle」は、ボトルをダウンチューブに差し込んだまま、チューブを介して給水できるハイドレーションシステム。既存のボトルケージを使うことで、一般的なバックパック式よりも水分を背負う負担を低減でき、もちろん通常のボトルよりも簡単に給水ができる。

Off-Road Bundleは特許取得済のオリジナルボトル「F2」とボトルケージ「Z4」、チューブホルダー「Micro-Retractor」の3点セットで発売される。チューブをハンドルに保持するMicro-Retractorは自動巻き取りリール機構を備えているため、給水を終えて手を離せばそのまま所定の位置に戻ってくれる。繊細なハンドル操作を求められるオフロード走行の、大きな味方となってくれることは間違いないだろう。糸は40ポンドという破断強度を備えているナイロン製で、衝撃が強いMTBライドにおいても切れてしまう心配が少ない。

Off-Road Bundleのチューブの給水バルブOff-Road Bundleのチューブの給水バルブ キャップをはずさなくてもボトルに水をいれることができるキャップをはずさなくてもボトルに水をいれることができる

ナイロン製の糸で繋がれているため、吸水後は手を離すだけでホルダーに収めることができるナイロン製の糸で繋がれているため、吸水後は手を離すだけでホルダーに収めることができる ハイドレーション用に設計されたボトルのキャップハイドレーション用に設計されたボトルのキャップ


F2ボトルはハイドレーションシステム用のキャップが装着され、キャップのパーツはすべて取り外すことができるため洗浄しやすい。キャップをつけたままでもボトルに水を給水可能で、ボトルの容量は約700mlと通常に比べて容量も多い。

Z4ボトルケージは本来トライアスロン用に開発された、TTバーにも取り付けられるボトルケージ。ケージのベース上部に出っ張りによってボトルがジャストフィットするデザインとなっており、悪路でもボトルをしっかりとホールドしてくれる。これらの3つのアイテムがセットとなり価格は、12,000円(税抜)だ。

スピードフィル Off-Road Bundle 使用イメージスピードフィル Off-Road Bundle 使用イメージ (c)www.invisciddesign.comMicro-Retractorのナイロン糸はタイラップでチューブにとめるMicro-Retractorのナイロン糸はタイラップでチューブにとめる [img_assist|nid=190458|title=給水用のチューブはハンドルバーに収めることが可能だ|desc=|link=node|align=right|width=350|height=]




スピードフィル Off-Road Bundle
セット:F2ボトル、Z4ボトルケージ、Micro-Retractor(ホルダー)
価 格:12,000円(税抜)

Amazon.co.jp 
の画像 speedfil(スピードフィル) Z4 Cage SF-Z400-03
カテゴリー: Sports
メーカー: speedfil(スピードフィル)
参考価格: ¥ 4,400
最安価格: ¥ 4,320
アマゾン価格: ¥ 4,320
の画像 speedfil(スピードフィル) Retractor
カテゴリー: Sports
メーカー: speedfil(スピードフィル)
参考価格: ¥ 3,300
最安価格: ¥ 7,585
の画像 speedfil(スピードフィル) A2 SF-A200-03
カテゴリー: Sports
メーカー: speedfil(スピードフィル)
参考価格: ¥ 7,590
最安価格: ¥ 11,135