過去に3度オリンピック出場を果たしている39歳のベテラン、飯島誠(チームブリヂストン・アンカー)が引退を発表した。10月24日のジャパンカップ・サイクルロードレース。飯島は同レースを37位で終え、長いキャリアに終止符を打った。

ラストレースのジャパンカップを走る飯島誠ラストレースのジャパンカップを走る飯島誠 photo:Hideaki.TAKAGI

ジャパンカップ前日のレース会場にて。翌日がラストレースジャパンカップ前日のレース会場にて。翌日がラストレース photo:Hideaki.TAKAGIレース後の国内チーム合同パーティーの席で、藤野智一監督と飯島選手本人から引退が発表された。

飯島にとっては、柿沼章・狩野智也らとともにゴールしたこのジャパンカップが、選手生活で最後のレースとなった。

飯島は1971年生まれの39歳。14歳で自転車競技を始め、中央大学を経てラバネロで長く活動、2006年から現チームで活動してきた。

パーティで支援者から花束を受け取るパーティで支援者から花束を受け取る photo:Hideaki.TAKAGI26年間、スピードを武器にトラックレースからロードレースまで日本のトップを走ってきた。シドニー、アテネ、北京と3回連続でオリンピックに出場。いずれもポイントレースで、北京では8位入賞している。

国内トラックレースでの優勝は多数、全日本選手権個人タイムトライアルでは3度の日本チャンピオンに、ツール・ド・チャイナ個人総合優勝や海外UCIロードレースのステージ優勝も多数と、日本の自転車界を引っ張ってきた第一人者。

当日のジャパンカップで3位入賞の畑中勇介(シマノレーシング)とともに当日のジャパンカップで3位入賞の畑中勇介(シマノレーシング)とともに photo:Hideaki.TAKAGIコメント
中学3年生から始めた26年間の競技人生を送れたのも、応援してくださった人たちのおかげです。悔いが無いと言ったら嘘になるが、思う存分自転車をやらせていただき感謝している。自分のやり方で26年間やってきたが、これからはそれを変えていきたい。新城はもちろん、今日のジャパンカップで3位に入った畑中のように、有望な若い選手が出てきているのは頼もしい。

今後についての発表はまだされていない。

text&photo:高木秀彰
フォトギャラリー 
Amazon.co.jp 
の画像 かもめ☆チャンス 7 (ビッグコミックス)
投稿者: 玉井 雪雄
出版社: 小学館 (2010)
装丁: コミック, 203 ページ
の画像 サクリファイス 1 (ヤングチャンピオンコミックス)
投稿者: 近藤 史恵
出版社: 秋田書店 (2009)
装丁: コミック, ページ
の画像 のりりん(1) (イブニングKC)
投稿者: 鬼頭 莫宏
出版社: 講談社 (2010)
装丁: コミック, 232 ページ