残り9km地点の2級山岳で繰り返されたアタック。しかし総合を揺るがすような動きは生まれず、集団スプリントを制したディラン・フルーネウェーヘン(オランダ、ロットNLユンボ)が雨の1日をステージ1勝目で締めくくった。


アタックが繰り返され、逃げグループが形成されないままハイスピードで進行するレース序盤アタックが繰り返され、逃げグループが形成されないままハイスピードで進行するレース序盤 photo:Kei Tsuji / TDWsport
ペースの上がった集団前方で走るグリーンジャージのラルス・ボーム(オランダ、ロットNLユンボ)ペースの上がった集団前方で走るグリーンジャージのラルス・ボーム(オランダ、ロットNLユンボ) photo:Kei Tsuji / TDWsportようやく形成されたロブ・パワー(オーストラリア、オリカ・スコット)ら6名の逃げようやく形成されたロブ・パワー(オーストラリア、オリカ・スコット)ら6名の逃げ photo:Kei Tsuji / TDWsport
チームメイトと並んで走るグリーンジャージのラルス・ボーム(オランダ、ロットNLユンボ)チームメイトと並んで走るグリーンジャージのラルス・ボーム(オランダ、ロットNLユンボ) photo:Kei Tsuji / TDWsport
獲得標高差1,500mのコースの目玉は何といっても残り9km地点に登場する2級山岳クリーブヒル(長さ3.4km/平均4%)。タイム差の小さな総合争いが繰り広げられているため、この第7ステージが今大会のクイーンステージと目された。ロンドンの北40kmに位置するヘメル・ヘムステッドのスタート地点は快晴。しかしチェルトナムに向かう185.1kmコースを進むにつれて天候は下り坂となり、叩きつける雨と晴れのインターバルが何度か繰り返されることに。

UCIワールドチームの選手たちが加わったレース序盤のアタック合戦は熾烈を極め、総合成績に関係する選手もアタックに加わったため一向にペースが落ちない。ロンドン郊外に広がる緑豊かな丘陵地帯を26km走って、ようやくロブ・パワー(オーストラリア、オリカ・スコット)や山岳賞ジャージのジェイコブ・スコット(イギリス、アンポスト・チェーンリアクション)ら6名による逃げが決まった。

逃げグループに4分のリードを与えたメイン集団はロットNLユンボがコントロール。強い雨が降る中を比較的平穏に進んだプロトンだったが、残り70kmを切ったところでティアゴ・マシャド(ポルトガル、カチューシャ・アルペシン)がアタックするとレースは活性化する。ミカル・クウィアトコウスキー(ポーランド、チームスカイ)やシルヴァン・ディリエ(スイス、BMCレーシング)、アレックス・ドーセット(イギリス、モビスター)らがマシャドに追いついて追走グループを形成。しかしロットNLユンボの集団牽引によってクウィアトコウスキーらは引き戻され、やがて序盤からの逃げグループも吸収された。

続いて動いたのはトニー・マルティン(ドイツ、カチューシャ・アルペシン)で、カウンターアタックを成功させた世界TTチャンピオンがメイン集団から20秒前後のリードで独走する。メイン集団からはフィリップ・ジルベール(ベルギー、クイックステップフロアーズ)らがアタックを繰り出すも決まらない。20kmにわたるマルティンの独走も、残り13km地点で終わりを迎えた。

ロットNLユンボがメイン集団のコントロールを続けるロットNLユンボがメイン集団のコントロールを続ける photo:Kei Tsuji / TDWsport
集団前方に控えるミカル・クウィアトコウスキー(ポーランド、チームスカイ)ら集団前方に控えるミカル・クウィアトコウスキー(ポーランド、チームスカイ)ら photo:Kei Tsuji / TDWsport
雨雲に向かって進むプロトン雨雲に向かって進むプロトン photo:Kei Tsuji / TDWsport
ロットNLユンボを先頭に進むメイン集団ロットNLユンボを先頭に進むメイン集団 photo:Kei Tsuji / TDWsportユニオンジャックと逃げグループユニオンジャックと逃げグループ photo:Kei Tsuji / TDWsport
1日を通して強雨と晴れのインターバル1日を通して強雨と晴れのインターバル photo:Kei Tsuji / TDWsport
逃げを全て吸収したメイン集団はこの日最後のスプリントポイントに差し掛かり、総合4位のシュテファン・キュング(スイス、BMCレーシング)が先頭通過してボーナスタイム3秒を獲得。キュングは総合2位に順位を上げることに成功している。

そして迎えた2級山岳クリーブヒル。クウィアトコウスキーらのペースアップによって縦に伸びた集団からエドヴァルド・ボアッソンハーゲン(ノルウェー、ディメンションデータ)、ローレンス・デプルス(ベルギー、クイックステップフロアーズ)、ディラン・ファンバーレ(オランダ、キャノンデール・ドラパック)、ディオン・スミス(ニュージーランド、ワンティ・グループゴベール)、ゴルカ・イサギレ(スペイン、モビスター)が抜け出すことに成功。ファンバーレとデプルスは落車によって脱落したが、総合で19秒しか離れていないボアッソンハーゲンら3名は逃げを続行する。

総合逆転に向けて逃げるボアッソンハーゲン。しかし残り2km地点でスプリンターチーム率いるメイン集団がボアッソンハーゲンらの逃げを飲み込んでしまう。約60名のメイン集団はそのままチェルトナムのフィニッシュに突入。人数を揃えたオリカ・スコットが主導権を握り、直角コーナーが2つ連続するクランク区間を抜けて下り基調の最終ストレートに入った。

30km/h前後まで落ちたクランク区間を抜けて、早めに仕掛けたのはディラン・フルーネウェーヘン(オランダ、ロットNLユンボ)。リードアウトトレインを組みながらも発射のタイミングをミスしたカレイブ・ユアン(オーストラリア、オリカ・スコット)を尻目に、ツール・ド・フランス最終日シャンゼリゼ覇者のフルーネウェーヘンが加速する。65km/hに達するスプリントで先頭を突き進んだフルーネウェーヘンが、ハンドルを投げ込むユアンを振り切った。

下り基調のストレートで先頭に立つディラン・フルーネウェーヘン(オランダ、ロットNLユンボ)下り基調のストレートで先頭に立つディラン・フルーネウェーヘン(オランダ、ロットNLユンボ) photo:Kei Tsuji / TDWsport
ハンドルを投げ込むカレイブ・ユアン(オーストラリア、オリカ・スコット)とディラン・フルーネウェーヘン(オランダ、ロットNLユンボ)ハンドルを投げ込むカレイブ・ユアン(オーストラリア、オリカ・スコット)とディラン・フルーネウェーヘン(オランダ、ロットNLユンボ) photo:Kei Tsuji / TDWsport
ユアンを僅差で下したディラン・フルーネウェーヘン(オランダ、ロットNLユンボ)ユアンを僅差で下したディラン・フルーネウェーヘン(オランダ、ロットNLユンボ) photo:Kei Tsuji / TDWsport
「チームにとって(ボームの)総合成績を守りながらのハードなレース。とても厳しい戦いだったけど、登りで勝負に生き残ることができてよかった。ユアンとガビリアの後ろから仕掛ける”フリースタイル”なスプリントだったけど、フィニッシュラインを見て『行ける』と思って踏み込んだ」と、ボームのグリーンジャージ堅守に華を添えるスプリント勝利を飾ったフルーネウェーヘンは語る。上位入賞を繰り返していた24歳のダッチスプリンターがようやくステージ優勝を手にした。

キュングに8秒差に迫られながらも総合首位を守ったボームは「ボアッソンハーゲンの逃げは危険だった。確かに危機的な状況だったものの、下りを全開で走って差を詰め、そこからはスプリンターチームが率いて逃げを捕まえてくれた。スプリントでも勝ったし、チームにとって偉大な日になった」と、成功の1日を振り返る。翌日の最終ステージは再びスプリンター向き。ボームが2度目の総合優勝に王手をかけた。

グリーンジャージを守ったラルス・ボーム(オランダ、ロットNLユンボ)と、ステージ優勝の確証が得られずうつむくディラン・フルーネウェーヘン(オランダ、ロットNLユンボ)グリーンジャージを守ったラルス・ボーム(オランダ、ロットNLユンボ)と、ステージ優勝の確証が得られずうつむくディラン・フルーネウェーヘン(オランダ、ロットNLユンボ) photo:Kei Tsuji / TDWsport
僅差のスプリントで勝利したディラン・フルーネウェーヘン(オランダ、ロットNLユンボ)僅差のスプリントで勝利したディラン・フルーネウェーヘン(オランダ、ロットNLユンボ) photo:Kei Tsuji / TDWsportタフなステージを乗り切ったラルス・ボーム(オランダ、ロットNLユンボ)タフなステージを乗り切ったラルス・ボーム(オランダ、ロットNLユンボ) photo:Kei Tsuji / TDWsport

ステージ成績
1位ディラン・フルーネウェーヘン(オランダ、ロットNLユンボ)4:26:58
2位カレイブ・ユアン(オーストラリア、オリカ・スコット)
3位ブレントン・ジョーンズ(オーストラリア、JLTコンドル)
4位アレクサンドル・クリストフ(ノルウェー、カチューシャ・アルペシン)
5位アンドレア・パスクアロン(イタリア、ワンティ・グループゴベール)
6位ダニエーレ・ベンナーティ(イタリア、モビスター)
7位フェルナンド・ガビリア(コロンビア、クイックステップフロアーズ)
8位ニコラス・マース(ベルギー、ロット・ソウダル)
9位フローリス・ヘルツ(ベルギー、BMCレーシング)
10位ヴィンチェンツォ・アルバネーゼ(イタリア、バルディアーニCSF)
個人総合成績
1位ラルス・ボーム(オランダ、ロットNLユンボ)26:37:28
2位シュテファン・キュング(スイス、BMCレーシング)0:08
3位ヴィクトール・カンペナールツ(ベルギー、ロットNLユンボ)0:09
4位ヴァシル・キリエンカ(ベラルーシ、チームスカイ)0:10
5位ヨス・ファンエムデン(オランダ、ロットNLユンボ)0:14
6位トニー・マルティン(ドイツ、カチューシャ・アルペシン)0:15
7位ミカル・クウィアトコウスキー(ポーランド、チームスカイ)0:20
8位エドヴァルド・ボアッソンハーゲン(ノルウェー、ディメンションデータ)
9位ゲラント・トーマス(イギリス、チームスカイ)
10位ライアン・ミューレン(アイルランド、キャノンデール・ドラパック)0:28
ポイント賞
1位アレクサンドル・クリストフ(ノルウェー、カチューシャ・アルペシン)73pts
2位フェルナンド・ガビリア(コロンビア、クイックステップフロアーズ)62pts
3位カレイブ・ユアン(オーストラリア、オリカ・スコット)57pts
山岳賞
1位ジェイコブ・スコット(イギリス、アンポスト・チェーンリアクション)34pts
2位ルーカス・オウシアン(ポーランド、CCCスプランディ・ポルコウィチェ)27pts
3位 グラハム・ブリッグス(イギリス、JLTコンドル)25pts
スプリント賞
1位マーク・マクナリー(イギリス、ワンティ・グループゴベール)16pts
2位グラハム・ブリッグス(イギリス、JLTコンドル)15pts
3位ハリー・タンフィールド(イギリス、バイクチャンネル・キャニオン)7pts
チーム総合成績
1位ロットNLユンボ79:52:50
2位チームスカイ0:24
3位カチューシャ・アルペシン1:27
Amazon.co.jp 
の画像 ザバス ホエイプロテイン100 ココア味【50食分】 1,050g
メーカー: 明治
部品番号: CZ7427
価格: ¥ 5,994
の画像 ビーレジェンド ホエイプロテイン 激うまチョコ風味 1Kg
メーカー: 株式会社 RealStyle
部品番号: BLD0002
価格: ¥ 3,970
の画像 ホエイプロテイン 1kg 無添加 ナチュラル 
メーカー: ボディウイング
部品番号: ASWELWN01
価格: