リエージュ〜バストーニュ〜リエージュの開催地域を走る山岳コースで行われたビンクバンク・ツアー第6ステージ。雨を伴うクイーンステージでティム・ウェレンス(ベルギー、ロット・ソウダル)とトム・デュムラン(オランダ、サンウェブ)の逃げ切りが決まった。


メイン集団の先頭を陣取るBMCレーシングやチームスカイメイン集団の先頭を陣取るBMCレーシングやチームスカイ photo:LC / TDWsport
並んで走るティム・ウェレンス(ベルギー、ロット・ソウダル)とティエシー・ブノート(ベルギー、ロット・ソウダル)並んで走るティム・ウェレンス(ベルギー、ロット・ソウダル)とティエシー・ブノート(ベルギー、ロット・ソウダル) photo:LC / TDWsport
リエージュの南に広がる丘陵地帯が第6ステージの舞台。距離のある登りが14ヶ所も設定された203.7kmコースはリエージュ〜バストーニュ〜リエージュを彷彿とさせるもの。獲得標高差は3,000mオーバーだ。

スタート後1時間にわたって繰り広げられたアタック合戦の結果、先頭ではトニー・マルティン(ドイツ、カチューシャ・アルペシン)、タオ・ゲオゲガンハート(イギリス、チームスカイ)、ディラン・ファンバーレ(オランダ、キャノンデール・ドラパック)、ローリー・スザーランド(スペイン、モビスター)、アレクシ・グジャール(フランス、アージェードゥーゼール)、ピーター・ウェーニング(オランダ、ルームポット)という強力な6名逃げが形成される。

タイム差は5分30秒まで広がったものの、総合で1分強しか遅れていないマルティンらの先行を好ましく思わない総合系チームの集団牽引によってタイム差は縮小傾向に。多くのスプリンターたちがリタイアする中、アンドレ・グライペル(ドイツ、ロット・ソウダル)がアシストとしてメイン集団を牽引した。

レースが本格的に動き始めたのはリエージュ〜バストーニュ〜リエージュにも登場するコート・ド・サンロッシュの登り。ここでティエシー・ブノート(ベルギー、ロット・ソウダル)がペースアップするとメイン集団の人数は一気に減る。先頭ではゲオゲガンハートらが抵抗を見せたものの、勢いあるメイン集団には敵わずに吸収された。

雨のアップダウンコースを走るティム・ウェレンス(ベルギー、ロット・ソウダル)ら雨のアップダウンコースを走るティム・ウェレンス(ベルギー、ロット・ソウダル)ら photo:LC / TDWsport
続いて動いたベルギーチャンピオンのオリバー・ナーセン(ベルギー、アージェードゥーゼール)は20秒ほどのタイム差を得て独走したものの、雨に濡れたコースでそのリードは広がらない。ボーナスタイムが設定された「ゴールデンキロメーター」が近づくとペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ)がカウンターアタックし、ティム・ウェレンス(ベルギー、ロット・ソウダル)とともにナーセンを抜いて先頭に立った。

こうして始まったサガンとウェレンスの決定的な先行だったが、タイミングの悪いパンクが世界チャンピオンを襲う。道が細く、チームカーが前に上がれないタイミングだったためサガンは前輪をパンクさせたままレースを続行せざるを得ない状況に。後続の選手たちにも追い抜かれたサガンがようやく前輪を交換した時には、先頭ウェレンスから1分ものタイムを失っていた。

サガンの脱落後も快調に飛ばしたウェレンスには、細分化された後続グループからトム・デュムラン(オランダ、サンウェブ)だけが追いつくことに成功する。追走集団を牽引したサガンは他選手の協力を得ることができず、先頭とのタイム差は広がるばかり。サガンはカメラに向かって親指を立てて苛立ちをアピールした。

雨によって完全にウェットなコースでウェレンスとデュムランはハイペースを刻み続け、追いすがるグレッグ・ヴァンアーヴェルマート(ベルギー、BMCレーシング)やジャスパー・ストゥイヴェン(ベルギー、トレック・セガフレード)、ミケル・ヴァルグレン(デンマーク、アスタナ)、ナーセン、ブノートらとのタイム差をキープしながらフィニッシュまで逃げ切った。

最後はスプリント一騎打ちに持ち込まれ、デュムランを下したウェレンスがステージ優勝。17秒遅れのステージ3位にはヴァンアーヴェルマートを下したストゥイヴェンが入り、サガンやリーダージャージのラルス・ボーム(オランダ、ロットNLユンボ)を含む集団は1分42秒遅れでフィニッシュにたどり着いている。

トム・デュムラン(オランダ、サンウェブ)との一騎打ちで勝利したティム・ウェレンス(ベルギー、ロット・ソウダル)トム・デュムラン(オランダ、サンウェブ)との一騎打ちで勝利したティム・ウェレンス(ベルギー、ロット・ソウダル) photo:LC / TDWsport
ステージ3位争いを繰り広げたジャスパー・ストゥイヴェン(ベルギー、トレック・セガフレード)とグレッグ・ヴァンアーヴェルマート(ベルギー、BMCレーシング)ステージ3位争いを繰り広げたジャスパー・ストゥイヴェン(ベルギー、トレック・セガフレード)とグレッグ・ヴァンアーヴェルマート(ベルギー、BMCレーシング) photo:LC / TDWsport
「今日は雨と風を伴う自分が好きなコンディションだった。チームの作戦通り、残り30kmからハードな展開に持ち込んで、集団の人数が絞り込まれたタイミングでサガンとともに残り25kmでアタック。サガンがパンクで脱落してからは、追いついてきたトム(デュムラン)と強力して走った。先週このコースを試走した父親からフィニッシュの様子を聞いていたので、最終コーナーを先頭で抜けるべきだと分かっていた」とウェレンスは語る。

最終ステージを前にリーダージャージはデュムランの手に。「ゴールデンキロメーター」でボーナスタイム9秒を獲得し、さらにステージ優勝で10秒を加算したウェレンスが4秒差の総合2位、ヴァンアーヴェルマートが46秒差の総合3位。積極的に動きながらもパンクでチャンスを失ったサガンは2秒差の総合2位から1分48秒差の総合8位まで順位を下げている。

総合首位デュムランは「最後はティム(ウェレンス)に食らいつくのに必死だった。このリーダージャージ獲得は2日間にわたってサンウェブがレースを作った結果。リーダージャージを守るために明日は戦略的に動く必要がある。4秒差をかけた激しいバトルになるはず」と、好調なウェレンスを警戒する。

対してウェレンスは「今日は終盤にかけてトムの調子がそこまで良いように見えなかった。でも実際に彼に4秒差をつけてフィニッシュするのは簡単なことじゃない。明日はゴールデンキロメーターのボーナスタイムも重要になってくる。トムと自分は石畳のスペシャリストではないので、早めにレースが動くような展開ではライバルたちも総合の土俵に上がってくるかもしれない」と予想する。翌日の最終ステージはベルギーのフランドル地方を走る191.3km。ボズベルグやミュール・ファン・ヘラールツベルヘンなどの急坂を含むミニ=ロンド・ファン・フラーンデレンで総合争いは決する。

集団内でフィニッシュし、表彰台に向かうペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ)集団内でフィニッシュし、表彰台に向かうペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ) photo:LC / TDWsport
リーダージャージを獲得したトム・デュムラン(オランダ、サンウェブ)リーダージャージを獲得したトム・デュムラン(オランダ、サンウェブ) photo:LC / TDWsport
ステージ成績
1位ティム・ウェレンス(ベルギー、ロット・ソウダル)5:04:36
2位トム・デュムラン(オランダ、サンウェブ)
3位ジャスパー・ストゥイヴェン(ベルギー、トレック・セガフレード)0:00:17
4位グレッグ・ヴァンアーヴェルマート(ベルギー、BMCレーシング)
5位ティエシー・ブノート(ベルギー、ロット・ソウダル)
6位ミケル・ヴァルグレン(デンマーク、アスタナ)0:00:20
7位オリバー・ナーセン(ベルギー、アージェードゥーゼール)
8位ニルス・ポリッツ(ドイツ、カチューシャ・アルペシン)0:01:42
9位セップ・ヴァンマルク(ベルギー、キャノンデール・ドラパック)
10位ディオン・スミス(ニュージーランド、ワンティ・グループゴベール)
17位ラルス・ボーム(オランダ、ロットNLユンボ
21位ペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ)
54位新城幸也(日本、バーレーン・メリダ)0:12:29
個人総合成績
1位トム・デュムラン(オランダ、サンウェブ)20:27:49
2位ティム・ウェレンス(ベルギー、ロット・ソウダル)0:00:04
3位グレッグ・ヴァンアーヴェルマート(ベルギー、BMCレーシング)0:00:46
4位ジャスパー・ストゥイヴェン(ベルギー、トレック・セガフレード)0:00:52
5位ミケル・ヴァルグレン(デンマーク、アスタナ)0:01:02
6位オリバー・ナーセン(ベルギー、アージェードゥーゼール)0:01:09
7位ラルス・ボーム(オランダ、ロットNLユンボ0:01:46
8位ペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ)0:01:48
9位ヤシャ・ズッタリン(ドイツ、モビスター)0:02:13
10位フィリップ・ジルベール(ベルギー、クイックステップフロアーズ)0:02:15
ポイント賞
1位ペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ)104pts
2位エドワード・トゥーンス(ベルギー、トレック・セガフレード)55pts
3位ディラン・フルーネウェーヘン(オランダ、ロットNLユンボ)55pts
コンバティビティ賞
1位ピート・アレガールト(ベルギー、スポートフラーンデレン・バロワーズ)64pts
2位エルマー・レインダース(オランダ、ルームポット)48pts
3位 ローレンス・デヴリーズ(ベルギー、アスタナ)26pts
チーム総合成績
1位ロット・ソウダル61:31:36
2位トレック・セガフレード0:02:12
3位サンウェブ0:04:36
Amazon.co.jp 
の画像 アタック
投稿者: 佐藤 喬
出版社: 辰巳出版 (2017)
装丁: 単行本(ソフトカバー), 192 ページ
の画像 ロードバイクライディング強化本[雑誌] エイムック
メーカー: エイ出版社
部品番号:
価格:
の画像 ロードバイクの作法 やってはいけない64の教え (SB新書)
メーカー: SBクリエイティブ
部品番号:
価格: