サイクルアパレルブランドのRaphaが5月19〜21日に東京のサイクリングカルチャーを讃えるライド&トークイベントを開催する。元メッセンジャーによる東京探索ライドやトークショーなどが予定されている。以下プレスリリースより紹介しよう。



Rapha RIDE TOKYORapha RIDE TOKYO (c)rapha.cc
サイクリング カルチャーを讃えるイベントを世界各都市で開催いたします

世界の20都市で行うサイクリングスポーツを讃えるシリーズイベントラファ ライドは、5月5日にシドニーからスタートし日本では5月19〜21日に東京、夏には大阪を訪れます。ラファ ライドでは、「サイクリング」をユニークで美しいスポーツにしている人々とアイディアにスポットライトを当て、自分たちの街の特別な場所をシェアしていきます。

主催都市のサイクリングカルチャーを讃え、その週末を華やかに彩るライド、ショートフィルム、写真の展示、トークショー、パーティなどを、直営店であるラファ・クラブハウスを中心に開催いたします。また、各都市に住む人々と響き合い、その独自のライドを発信することを目的に、ラファ ライドを開催する都市ごとにショートフィルムを制作し、:http://pages.rapha.cc/ja/rapha-rides にて公開いたします。


RIDES:
各ラファ クラブハウスを拠点に、選り抜きの地元のライダーが特別にデザインしたルートを巡るライドを開催いたします。どのライドも、その都市の魅力を余すところなく堪能するのにちょうどいい軽いペダリングペースで進み、立ち止まっても体験できるものとなっています。すべてのサイクリストが楽しめるよう、コースは市街地を周る短いものから、公共交通機関を利用して「外」へでるトランスファー ライドまで、各都市ごとに複数のライドをご用意いたします。

一部のライドは「ラファ ライド ロードブック」としてオンライン上で確認が可能となっています。gpxデータとともにシティライドガイドも閲覧することが出来ます。街中のライドはクラブハウスににて情報を得ることができます。5/19(金)のメッセンジャー視点から東京を楽しめる早朝と深夜のライドのみまだ空きがあります。詳しくは:http://pages.rapha.cc/ja/rides/tokyo

TALKS AND SCREENINGS:
ラファ ライドが開催されるクラブハウスでは、地域のサイクリングにまつわるトリビアや文化について様々なイベントが行われます。今回スポートライトをあてたスペシャルゲストであるGroovisionsの伊藤氏と原氏のコンビ、奥多摩の楽しみ方をRCCメンバーの澤氏、そして元メッセンジャーの経験から見る街を語るGogoの参加を予定しています。イベントは全て無料でお気軽に参加できます。詳しくは:http://pages.rapha.cc/ja/rides/tokyo

5/19(金)オープニング レセプションパーティー
ラファ ライド 東京のオープニングナイト。開幕は東京を舞台にしたショートフィルムのプレミア上映。そして3人のゲストが、この個性際立つ東京という街と、これからの週末についてトークイベントを繰り広げます。

5/20(土)バイシクル メッセンジャーと東京
ラファスタッフのGogoとHiroは、元メッセンジャーで2009年の東京CMWCにも携っていた。この2人を中心に、数名のメッセンジャーによる「この街」についてのトークセッション。

ラファライドの詳細、申し込みはこちら