空力性能に優れたパーツを数多く揃えるコンポーネントメーカー、オーバル。そのラインアップに、前後12mmスルーアクスルに対応したディスクブレーキ用アルミホイール「723」「527」の2つのホイールセットが新登場。



オーバル 723 DISC WHEEL SETオーバル 723 DISC WHEEL SET (c)アキボウ
”F1の流体力学をロードバイクコンポーネントに”という独自のエンジニアリングと共に、2002年にスイスで創業を開始した「オーバル」。そのコンセプト通り、エアロダイナミクスに優れた製品群を数多くラインアップし、トライアスロンやタイムトライアルの世界でも信頼の厚いブランドである。

現在はアメリカのアドバンストスポーツ社傘下に籍を置き、同グループ内のバイクメーカー「FUJI(フジ)」や「KESTREL(ケストレル)」と協力体制を築き開発を進めている。そのため、これらのブランドの完成車にはしばしばオーバルのパーツがアッセンブルされ、ロードレースのシーンでは、フジのサポートを受けるスペインのプロコンチネンタルチーム、カハルーラル・セグロスRGAも同社のホイールを使用している。

そんなオーバルから、ディスクロードが普及してきた昨今の流行に対応したディスクブレーキ専用アルミホイール「723」と「527」の2組が新登場した。いずれもリム幅24mmのワイドリムとし、前後12mmスルーアクスル対応ハブ、ディスクローターは6ボルト式マウント、外出しアルミニップルといった仕様だ。

オーバル 527 DISC WHEEL SETオーバル 527 DISC WHEEL SET (c)アキボウ
723ホイールセットは23mmのローハイトとすることで軽量化を図り、前後ペアで1500gの重量を達成。反応性の高さとともに、前後スポーク28本組みとすることで耐久性も確保し、シクロクロスでの使用でも高いパフォーマンスが発揮できる仕上がりとなっている。

対して527ホイールセットはややリムハイトを高くした27mmハイトのリムが使われ、エアロ形状のスポークで組み上げることで巡航性能を高めたモデルである。ともにリム全体がブラックカラーとされるため、インストールすることでバイクの足元が引き締まりフレームを際立たせてくれるだろう。

723はクリンチャー/チューブレスレディ両対応、527はクリンチャーのみ対応とし、フリーはシマノスプロケットに対応する。価格はそれぞれ70,000円(税抜)と54,000円(税抜)で、取り扱いはアキボウ。



オーバル 723 DISC WHEEL SET
リムサイズ:高さ23mm、幅24mm
タイヤタイプ:クリンチャー/チューブレスレディ
重量:1500g
価格:70,000円(税抜)

オーバル 527 DISC WHEEL SET
リムサイズ:高さ27mm、幅24mm
タイヤタイプ:クリンチャー
重量:1885g
価格:54,000円(税抜)

Amazon.co.jp 
の画像 山崎実業 傘立てオーバル ホワイト 6979
メーカー: 山崎実業
部品番号: 6979
価格: ¥ 2,052
の画像 サタルニア 皿 チボリ オーバルプレート 28cm イタリア製
メーカー: Saturnia(サルタニア)
部品番号: 504607
価格: ¥ 2,484
の画像 サーバルパーク (SUN-MAGAZINE MOOK)
投稿者: 南幅 俊輔
出版社: マガジン・マガジン (2017)
装丁: ムック, 100 ページ