2日目の朝を迎えた日本最大級のスポーツバイクフェス「サイクルモード」。今回はジェイピースポーツグループ、インターマックス、日直商会、そしてIRCブースを紹介します。



ジェイピースポーツグループ:アダム・ハンセン来日、特別カラーのNOAH SLとHELIUM SLが展示

ベルギーブランドのリドレーやファストフォワード(FFWD)、イタリアのSH+(エスエイチプラス)、スピードプレイを展開するジェイピースポーツグループ。今年もリドレー製品を中心に据えた、全体を見渡しやすいブースを出展した。

リドレーを中心とした見渡しやすいブースを展開しているジェイピースポーツグループリドレーを中心とした見渡しやすいブースを展開しているジェイピースポーツグループ
アンドレ・グライペル(ドイツ、ロット・ソウダル)のドイツ&ゴリラカラーをペイントしたエアロロードバイク、NOAH SLアンドレ・グライペル(ドイツ、ロット・ソウダル)のドイツ&ゴリラカラーをペイントしたエアロロードバイク、NOAH SL マイヨブラン・アポワルージュカラーのHELIUM SLマイヨブラン・アポワルージュカラーのHELIUM SL


毎年サイクルモードの展示用として、通常ラインナップには無いリドレーの特別カラーバイクを用意しているが、今年はアンドレ・グライペル(ドイツ、ロット・ソウダル)のドイツ&ゴリラカラーをペイントしたエアロロードバイク、NOAH SLと、ツールの山岳賞をイメージしたマイヨブラン・アポワ・ルージュカラーのHELIUM SLが展示され、大きな注目を集めていた。ちなみにグライペルバージョンは本国では発売が行われており、日本からも要相談で受注が可能だのこと。

6色のカラーバリエーションで数量限定復活したエントリーカーボンロードのFENIX6色のカラーバリエーションで数量限定復活したエントリーカーボンロードのFENIX
モデルチェンジした軽量オールラウンドバイク、HELIUM SLXモデルチェンジした軽量オールラウンドバイク、HELIUM SLX 新型ミドルグレードのHELIUM X新型ミドルグレードのHELIUM X

リドレーブースでファンサービス中のアダム・ハンセン(オーストラリア、ロット・ソウダル)リドレーブースでファンサービス中のアダム・ハンセン(オーストラリア、ロット・ソウダル)
また、リドレーのニューモデルとしてはオールラウンドモデルのHELIUMシリーズがモデルチェンジしており、最高峰モデルのSLXとセカンドグレードのXが用意されている。Xについては試乗用としても供されており、最新の走りを自分に足で確かめることができる。その他としてはパリ~ルーベやロンド・ファン・フラーンデレンなど「北のクラシック」にも数年前まで使用されていた、乗り心地の高い入門モデル「FENIX」が数量限定復活したことも話題で、6色のカラーバリエーションがズラリと並んでいた。フレームセット138,000円というバリュープライスであり注目の的と言えるだろう。

そして忘れてはならないのが、三大グランツアーの連続出場記録を更新中の「鉄人」アダム・ハンセン(オーストラリア、ロット・ソウダル)が来日していること。初日金曜日はメディアインタビューに応じてブースには来場できなかったが、土曜日と日曜日はメインステージでのトークショーを行いながら、ファンサービスに応じてくれるという。こちらにも大きく期待したい。



インターマックス:着て、触って、乗って楽しめる体験型のブースを展開

体感型の展示が充実したインターマックスブース体感型の展示が充実したインターマックスブース
ヘルメットのフィッティングを鏡ですぐに確認できるヘルメットのフィッティングを鏡ですぐに確認できる 新作のエアロヘルメット ストラーレ新作のエアロヘルメット ストラーレ


多くのブランドが一堂に会したインターマックスブース。今年のコンセプトは「体験できる」ということ。例えば、パワーメーターのステージスは、タックスのローラー台に試乗バイクがセットされ、実際に試すことができるようになっていた。スタッフが、パワーデータの簡単な読み解き方や活用方法を説明しながらの体験試乗となり、パワーメーターに興味がある方にとっては、有意義な時間となったようだ。

また、ヘルメットブランドのMETの展示では、人気を集めるエアロヘルメットのマンタとリヴァーレが全色展示されていた。顔の高さに鏡が設えられており、自分にどの色が似合うのかを手軽に確認することができるような工夫も。また、新作となるミドルグレードモデル、ストラーレもお披露目された。マンタとリヴァーレのデザインコンセプトを受け継ぎつつ、お手頃な価格を実現した身近なモデルとなりそうだ。

クォータのバイクがずらりと並ぶクォータのバイクがずらりと並ぶ 新型ディスクロードに興味津々新型ディスクロードに興味津々


ステージスとタックスを一度に体験できる試乗ブースもステージスとタックスを一度に体験できる試乗ブースも
カラフルな展示で目を引いたジップカラフルな展示で目を引いたジップ スラムのRED eTapを実際に体験できるスラムのRED eTapを実際に体験できる


そして、今年より新たにコンポーネントブランド、スラムのロードラインアップの取り扱いを始めたインターマックス。このサイクルモードでは、注目が集まるワイヤレス電動コンポーネント「RED eTap」が試せる展示も。独自の操作方法を実際に体験できる貴重な機会とあって、多くの参加者が手に取っていた。プロロゴブースでは、サドルフィッティングシステムの体験会も行われており、会場で自分にぴったりのサドル選びを手伝ってくれるという試みも。

もちろん、バイクの展示も健在で、高い人気を集めるクォータ、ニューカマーながらも個性的なバイク造りで熱い視線を集めるアルゴン18やデダチャイなど、魅力的なモデルが数多く並べられ、見ているだけでも飽きないブースとなっている。



日直商会:KASKのアイウェアKOOが本邦初公開、シディの試し履きも

デローザブースをメインに据えている日直商会だが、その他の取り扱いブランドも忘れてはならない。イタリアのヘルメットブランド、カスクを筆頭に、シューズブランドのシディ、高性能タイヤを揃えるミシュランなど、誰もが憧れるヨーロッパブランドが数多く展示されている。

販売マネージャーのジョヴァンニ・サントーロ氏(日本語ペラペラ)と、本邦初公開となったサングラス「Open」販売マネージャーのジョヴァンニ・サントーロ氏(日本語ペラペラ)と、本邦初公開となったサングラス「Open」
本邦初公開されたカスクのアイウェア KOO本邦初公開されたカスクのアイウェア KOO ショーケース内にはチームスカイの選手サイン入りヘルメットを展示ショーケース内にはチームスカイの選手サイン入りヘルメットを展示


チームスカイが使用したことで、一気に日本国内での人気が高まったカスクブースには、本国からマネージャーを務めるジョヴァンニ・サントーロ氏が来日。チームスカイの選手サイン入りヘルメットや、ドラパック・プロサイクリングが今シーズン着用して話題になっていたアイウェア「Open」が本邦初公開されている。

KASKが新たに展開を始めるアイウェアブランド「KOO」。その第一弾となるサングラス「Open」は、独創的なデザインと回転式に収納されるテンプルが特徴で、レンズ角度を調節することで額との間にベンチレーションを確保する構造になっている。ZAISS製のレンズを採用する他、同社ヘルメット「Protone」とマッチしたカラー展開が行われるため、統一感のあるコーディネートが可能だ。

タックス×Zwiftブースではバーチャルでの実走体験タックス×Zwiftブースではバーチャルでの実走体験
3ヶ月前に発売して以来人気だというデローザブランドのバッグ3ヶ月前に発売して以来人気だというデローザブランドのバッグ シディやスポートフルなど、憧れのヨーロッパブランドが並ぶ。シディは各サイズ試しばきが可能だシディやスポートフルなど、憧れのヨーロッパブランドが並ぶ。シディは各サイズ試しばきが可能だ


また日直商会ではインドアでもバーチャルトレーニングを楽しめるZwift(ズウィフト)とタッグを組んで、タックスの固定ローラーを体感できるブースを展開中。常に行列ができているので試してみたい方は時間に余裕を持ってお越しのほどを。その他にもデローザのシティバイクコレクション「Milanino」や、発売以来好調だというデローザブランドのバッグ類を展示していた。



IRC:SERAC CX X-Guardを展示。試作が続けられているロード用チューブラータイヤも

名古屋を拠点に高性能タイヤを発売しているIRC(井上ゴム工業)。今年創業90周年を迎えた同社の目玉は従来からホビーレーサーから高い人気を得ているチューブレスシクロクロス用タイヤ「SERAC CX」の耐パンク強化バージョン「X-Guard」だろう。耐パンクベルトを強化し、さらに低圧でのエアリークを防ぐために剛性を高めたバージョンであり、先日の発売と同時に一気にホビーレーサーの間に浸透してきた。

90周年を迎えたIRC(井上ゴム工業)のブース。BMX全日本チャンピオンの瀬古遥加選手90周年を迎えたIRC(井上ゴム工業)のブース。BMX全日本チャンピオンの瀬古遥加選手
また、MTBクロスカントリーレーシングタイヤのSERAC XCは時代の流れに合わせて26インチが廃盤となり、代わりに27.5インチと29インチ用モデルが登場。アグレッシブなマッド用ノブパターンが特徴だが、タイヤの向きを入れ替えることでハイスピードコースにも対応し、ヨーロッパのMTBプロチームでは高く評価されているという。

小石祐馬(NIPPOヴィーニファンティーニ)の実車を展示小石祐馬(NIPPOヴィーニファンティーニ)の実車を展示 27.5インチと29インチ用モデルが登場したSERAC XC27.5インチと29インチ用モデルが登場したSERAC XC

チューブレスシクロクロス用タイヤ「SERAC CX」の耐パンク強化バージョン「X-Guard」チューブレスシクロクロス用タイヤ「SERAC CX」の耐パンク強化バージョン「X-Guard」 開発が進められているロード用チューブラータイヤも参考出品開発が進められているロード用チューブラータイヤも参考出品


また、開発が進められている同社初のロード用チューブラータイヤもサンプル品が(こっそりと)展示されていた。サポート先のNIPPOヴィーニファンティーニでは試作品のテストが続けられており、製品化も近い…のかも?IRCブースではBMX全日本チャンピオンの瀬古遥加選手が迎えてくれる。

text&photo:CW編集部

Amazon.co.jp 
の画像 栗村修の100倍楽しむ! サイクルロードレース観戦術
投稿者: 栗村 修
出版社: 洋泉社 (2013)
装丁: 単行本(ソフトカバー), 191 ページ
の画像 シークレット・レース―ツール・ド・フランスの知られざる内幕 (小学館文庫)
投稿者: タイラー ハミルトン, ダニエル コイル
出版社: 小学館 (2013)
装丁: 文庫, 551 ページ