JBCFロードシリーズのJエリートツアー第4戦ならびにJフェミニンツアー第4戦にあたる舞洲クリテリウムが4月3日に開催され、2組に分かれたE1クラスタは内山雅貴と藤岡徹也が勝利。接戦スプリントを制した坂口聖香がFクラスタで勝利した。



春の舞洲を駆ける春の舞洲を駆ける photo:Kei Tsuji
雨雲が迫ったが、幸い雨は降らなかった雨雲が迫ったが、幸い雨は降らなかった photo:Kei Tsujiハイスピードでコーナーを駆け抜けるハイスピードでコーナーを駆け抜ける photo:Kei Tsuji



直線が長いオーバルコース直線が長いオーバルコース photo:Kei TsujiJエリートツアー第4戦ならびにJフェミニンツアー第4戦にあたる「春の舞洲クリテ」が4月3日に開催された。今年も大阪府/大阪市自転車競技連盟が主催する市民/JCF登録レースと共催。前日(4月2日)にはJBCFロードシリーズの舞洲タイムトライアルが開催され、多くの選手が連戦出場した。

フラットな周回コースを走るフラットな周回コースを走る photo:Kei Tsuji会場は⼤阪市此花区舞洲スポーツアイランドの特設コース。全長880mのコースはフラットで、180度に近いUターン2つがホームストレートとバックストレートを繋いでいる。

E1とE2は2組、E3は3組に分かれて開催。坂口聖香(パナソニックレディース)と唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム)が逃げたFクラスタと、設楽彗斗(ネクストリーム・うどん棒)が独走逃げ切りを果たしたE2-2組を除いてすべてのレースは集団スプリント勝負に持ち込まれた。Fクラスタは前日のクリテリウムで勝利した唐見との接戦スプリントで坂口が勝利している。

E1-1組は内山雅貴(Pinazou Test Team)が、E1-2組は藤岡徹也(クラブシルベスト)がスプリント勝利。設楽と森本桂太郎(松山聖陵高等学校)がそれぞれE2クラスタで勝利した。



F 2名で抜け出した唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム)と坂口聖香(パナソニックレディース)F 2名で抜け出した唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム)と坂口聖香(パナソニックレディース) photo:Kei Tsuji
F ハンドルを投げ込む坂口聖香(パナソニックレディース)と唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム)F ハンドルを投げ込む坂口聖香(パナソニックレディース)と唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム) photo:Kei TsujiF 表彰台F 表彰台 photo:Kei Tsuji
E1-1 E1リーダージャージを着る松木健治(クラブシルベスト)E1-1 E1リーダージャージを着る松木健治(クラブシルベスト) photo:Kei TsujiE1-1 集団スプリントで内山雅貴(Pinazou Test Team)が勝利E1-1 集団スプリントで内山雅貴(Pinazou Test Team)が勝利 photo:Kei Tsuji
E1-2 レース中盤に独走する藤岡徹也(クラブシルベスト)E1-2 レース中盤に独走する藤岡徹也(クラブシルベスト) photo:Kei TsujiE1-2 集団スプリントで勝利した藤岡徹也(クラブシルベスト)E1-2 集団スプリントで勝利した藤岡徹也(クラブシルベスト) photo:Kei Tsuji
E1-1表彰台E1-1表彰台 photo:Kei TsujiE1-2表彰台E1-2表彰台 photo:Kei Tsuji
E2-1 独走勝利した設楽彗斗(ネクストリーム・うどん棒)E2-1 独走勝利した設楽彗斗(ネクストリーム・うどん棒) photo:Kei TsujiE2-1表彰台E2-1表彰台 photo:Kei Tsuji
E2-2 集団スプリントで森本桂太郎(松山聖陵高等学校)が先着E2-2 集団スプリントで森本桂太郎(松山聖陵高等学校)が先着 photo:Kei TsujiE2-2表彰台E2-2表彰台 photo:Kei Tsuji
E3-1 伊藤成紀(ベロチスタ・パールイズミ)が勝利E3-1 伊藤成紀(ベロチスタ・パールイズミ)が勝利 photo:Kei TsujiE3-1表彰台E3-1表彰台 photo:Kei Tsuji
E3-2 城所祐太(竹芝サイクルレーシング)が勝利E3-2 城所祐太(竹芝サイクルレーシング)が勝利 photo:Kei TsujiE3-2表彰台E3-2表彰台 photo:Kei Tsuji
E3-3 中田拓也(VC Fukuoka)が勝利E3-3 中田拓也(VC Fukuoka)が勝利 photo:Kei TsujiE3-3表彰台E3-3表彰台 photo:Kei Tsuji



第24回 JBCF舞洲クリテリウム
E1-1
1位 内山雅貴(Pinazou Test Team)41:21 (Ave. 43.16km/h)
2位 野島遊(TEAM AMUSE)
3位 松木健治(クラブシルベスト)
4位 根田裕司(ネクストリーム・うどん棒)
5位 小林孝臣(町じて和歌山MKD)
6位 松井大悟(トンデモクラブCSKAGA)

E1-2
1位 藤岡徹也(クラブシルベスト)40:43 (Ave. 43.83km/h)
2位 涌本正樹(チームスクアドラ)
3位 内山靖樹(湘南ベルマーレサイクル)
4位 福田透(ナカガワAS・K’デザイン)
5位 比護任(SAUCE DEVELOPMENT)
6位 山口雄大(Pinazou Test Team)

F1
1位 坂口聖香(パナソニックレディース)32:54 (Ave. 38.74km/h)
2位 唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム)+00:01
3位 高田由貴(ZIPPY CYCLE CLUB)+00:29
4位 棟近陽子(BH ASTIFO)
5位 渕上記理子(クラブシルベスト)
6位 二口早紀(バルバレーシングクラブ)

E2-1
1位 設楽彗斗(ネクストリーム・うどん棒)29:14 (Ave. 43.61km/h)
2位 和田宗浩(イナーメ信濃山形-EFT)+00:22
3位 酒井紀章(バルバレーシングクラブ)
4位 山口忠行(VICTOIREしまなみ)
5位 高橋真吾(SAUCE DEVELOPMENT)
6位 久留正明(TeamRuedaNAGOYA)

E2-2
1位 森本桂太郎(松山聖陵高等学校)29:21 (Ave. 43.42km/h)
2位 今井章雄(SAUCE DEVELOPMENT)+00:01
3位 数元彰(Sakatani Racing)
4位 中馬聡司(soleil de lest)
5位 伊勢洋人(チームWEAEKEND)
6位 中屋貴義(徳島サイクルレーシング)

E3-1
1位 伊藤成紀(ベロチスタ・パールイズミ)28:16 (Ave. 36.07km/h ※ニュートラル中断有り)
2位 黒川晴智(TRAILBLAZER)+00:01
3位 西尾洋介(バルバレーシングクラブ
4位 内橋和也(Life Ride)
5位 橋本陽介(ネクストリーム・うどん棒)+00:02
6位 山田哲也(名岐ベンド)

E3-2
1位 城所祐太(竹芝サイクルレーシング)31:44 (Ave. 32.14km/h ※ニュートラル中断有り)
2位 小山智也(MUUR zero Velofutur)
3位 森下大剛(イナーメ信濃山形-EFT)+00:01
4位 片山弘基(VC Fukuoka)
5位 前村悟(Life Ride)
6位 谷井年久(ケッヘルブイシースプートニク)

E3-3
1位 中田拓也(VC Fukuoka)23:02 (Ave. 44.25km/h)
2位 服平和樹(SAUCE DEVELOPMENT)+00:01
3位 嶋田祥(RITCHEY BREZZA カミハギRT)
4位 三上勇輝(SAUCE DEVELOPMENT)
5位 山本淳史(チーム スクアドラ)
6位 平林飛都(松山聖陵高等学校)



第2回 JBCF舞洲タイムトライアル
E1
1位 松木健治(クラブシルベスト 2:58.084 (Ave.40.43km/h)
2位 所司純一(モジュマエリアゼロナナゴ 2:58.497
3位 内山雅貴(Pinazou Test Team)3:00.723

F1
1位 唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム)3:14.397(Ave.37.04km/h)
2位 伊藤杏菜(Live GARDEN BICI STELLE)3:21.114
3位 棟近陽子(BH ASTIFO)3:21.825

E2
1位 杉本敦志(SPADE ACE)2:59.634 (Ave.40.08km/h)
2位 山崎裕平(バルバレーシングクラブ)2:59.994
3位 大杉直敬(SPADE ACE)3:01.303

E3
1位 中川直樹(SPADE ACE)2:59.571 (Ave.40.10km/h)
2位 廣本凌也(松山聖陵高等学校)3:00.168
3位 糸川典往(soleil de lest)3:00.664

text:Kei Tsuji
フォトギャラリー 
Amazon.co.jp 
の画像 エスケープ 2014年全日本選手権ロードレース
投稿者: 佐藤 喬
出版社: 辰巳出版 (2015)
装丁: 単行本(ソフトカバー), 192 ページ
の画像 宮澤崇史の理論でカラダを速くするプロのロードバイクトレーニング
投稿者: 宮澤 崇史
出版社: 日東書院本社 (2015)
装丁: 単行本(ソフトカバー), 208 ページ
の画像 土井雪広の世界で戦うためのロードバイク・トレーニング
投稿者: 土井 雪広
出版社: 東京書籍 (2015)
装丁: 単行本(ソフトカバー), 240 ページ