ベルギー、ゾルダーで開催されているシクロクロス世界選手権で、自転車にモーターを仕込む通称「メカニカル・ドーピング」が発覚。UCIはまだ詳細を報じていないが、ヨーロッパメディアは選手の名前についても言及している。



シクロクロス世界選手権女子U23を走っていたフェムケ・ファンデンドリーシュ(ベルギー)シクロクロス世界選手権女子U23を走っていたフェムケ・ファンデンドリーシュ(ベルギー) photo:Makoto.Ayano


現在シクロクロス世界選手権を開催しているUCIは、1月30日付けのコミニュケにて、女子U23カテゴリーのレース後検査にて技術的な詐欺行為が発覚し、より精密な調査を行うと発表した。リリースにはこの問題が表彰台に上がった選手には関係が無い旨のみ記載されており、選手名などの詳細は明らかにされていない。

しかしベルギーの「Sporza」によれば、このバイクはフェムケ・ファンデンドリーシュ(ベルギー)のもの。ファンデンドリーシュは現ベルギーナショナル王者兼ヨーロッパ王者であり、U23の優勝候補として挙げられていた。レースではメカトラブルを起こし、バイクを押してしばらくコースを歩いたが、その後リタイアしている。

さらに「Sporza」の記事内では、ピットエリアでファンデンドリーシュのバイクがすぐに隠され持ち去られたこと、シートポストが取り外された際にケーブルが露出したことなどにも触れられている。写真で判断する限り該当バイクの変速機は機械式だ。

スヴェン・ネイス(ベルギー)やワウト・ファンアールト(オランダ)はヨーロッパメディアのインタビューに対して「動揺している。今後より多くの検査が行われることになるだろう」とコメントしている。

まことしやかに噂されていたモータードーピングの発覚。ロードレースでは議論と技術検証が重ねられてきたが、実際に発見されたことは歴史上初であり、しかもシクロクロス大国であるベルギー選手が該当したことが与える衝撃は少なくない。UCIによる詳細の発表が待たれる。

text:So.Isobe
photo:Makoto.Ayano

Amazon.co.jp 
の画像 シークレット・レース―ツール・ド・フランスの知られざる内幕 (小学館文庫)
投稿者: タイラー ハミルトン, ダニエル コイル
出版社: 小学館 (2013)
装丁: 文庫, 551 ページ
の画像 うっかりドーピング防止マニュアル
投稿者: 遠藤 敦
出版社: リバネス出版 (2014)
装丁: 単行本, 135 ページ
の画像 ドーピングの現状・現実を語る (Sportsmedicine Express(1))
投稿者: 岡田 晃, 黒田 善雄
出版社: ブックハウス・エイチディ (1990)
装丁: 単行本(ソフトカバー), ページ