今季よりトレックファクトリーレーシングのメンバーとして活動するMTBエリートライダー、山本幸平の2015年シーズンが始動した。初戦となるUS CUP第1戦では、W杯に出場するトップライダーも多く参加するなか、16位という成績をおさめた。



今季初戦となるUS CUPに出場する山本幸平今季初戦となるUS CUPに出場する山本幸平 (c)MDELORMEPHOTO
2月のキャンプでチームに合流した山本幸平2月のキャンプでチームに合流した山本幸平 (c)トレック・ジャパントレックファクトリーレーシング2015年メンバー 左が山本幸平トレックファクトリーレーシング2015年メンバー 左が山本幸平 (c)Trek Factory Racing MTB2015年、トレックファクトリーレーシングに移籍し、タイとアメリカでのトレーニング合宿も終えた山本幸平のレースシーズンが開幕した。オフシーズンは地元北海道ではなく、タイ・チェンライでトレーニングをしながら過ごしコンディションの調整を行い、2月に1週間だけアメリカロサンゼルスへチーム合同キャンプでメンバーと合流し、チームの一員として迎えられた。

山本の今季最初となった国際レースは、3月14日にカリフォルニア州サン・ディマスのボネリパークで行われたUS CUPの第1戦。W杯に出場するトップライダーも多く参加していたが、コースは2月のチームキャンプで試走しており、結果が期待できた。

当日は晴天に恵まれ、気温31℃。今シーズン初レースの山本は、スタートから1週目まではトップグループで好調なスタートを切るものの、16位でフィニッシュラインを切っている。UCIポイントは15位まで与えられるため今回は惜しくもノーポイントという結果となってしまったが、トレックファクトリーレーシングとしての初レースからは今年の課題が見えたとともに、好調なスタートを切ったことからこれからのレースに期待できるものとなった。
トレックファクトリーレーシングチームとしてはセルジオ・マンテコン(スペイン)が5位、女子のエミリー・バッティー(カナダ)が優勝している。なおレースの模様は記事下部の動画で観ることができる。

山本は3/21(土)に行われるUS CUPの第2戦の後もアメリカに留まり、W杯に向けてコンディションを上げていくという。その後は、5月初めよりフランス・リヨン近郊を拠点へ移し、7月の全日本選手権までヨーロッパのレースに参戦することになる。本年度のスケジュールは下記のとおりだ。



山本幸平 2015年レースカレンダー
3/14 BONELLI XC #1 (US CUP) SAN DIMAS, CA (米国)
3/21 FONTANA XC (US CUP) FONTANA, CA (米国)
4/11 BONELLI XC #2 (US CUP) SAN DIMAS, CA (米国)
4/18 SUBARU SEA OTTER CLASSIC (US CUP) MONTEREY, CA(米国)
5/3 KMC MTB FESTIVAL HEUBACH(ドイツ)
5/9 BMC CUP SOLOTHURN(スイス)
5/24 WC XCO#1 NOVE MESTO NA MORAVE (チェコ)
5/31 WC XCO#2 ALBSTADT (ドイツ)
7/5 WC XCO#3 LENZERHEIDE (スイス)
7/19 全日本MTB選手権(日本)
8/2 WC XCO#4 MONT-SAINTE-ANNE (カナダ)
8/9 WC XCO#5 WINDHAM (米国)
8/16 アジア選手権 マラッカ (マレーシア)
8/23 WC XCO#6 VAL DI SOLE (イタリア)
9/6 MTB世界選手権 VALNORD, (アンドラ)
10/11 PRE-OLYMPIC RIO DE JANEIRO, (ブラジル)
10/18~24 BRAZIL RIDE(ブラジル)

なお3月11日の日本出発時に収録した動画メッセージはこちら

US CUP第1戦 レース動画


Amazon.co.jp 
の画像 MTB日和 Vol.22 (タツミムック)
投稿者:
出版社: 辰巳出版 (2015)
装丁: ムック, 111 ページ
の画像 ダンタクマのMTBライディング入門 (エイムック 2205 BiCYCLE CLUB HOW TO SERI)
投稿者:
出版社: エイ出版社 (2011)
装丁: ムック, 131 ページ
の画像 MTB日和 Vol.21 (タツミムック)
投稿者:
出版社: 辰巳出版 (2014)
装丁: ムック, 111 ページ