シロクマのマークでおなじみのボトルブランド「ポラー」より、新型キャップ"ジップストリーム"を採用することで飲みやすさが向上したボトル「ブレークアウェイ」を紹介しよう。



ポラー ジップストリーム ブレークアウェイ(ブルー、オレンジ)ポラー ジップストリーム ブレークアウェイ(ブルー、オレンジ) (c)polarbottle.com
薄い金属製シートと空気の層を設けた2重構造を採用することで、優れた保冷/保温性能を実現したポラーのボトル。暑い時期は氷と水分を入れて持ち運ぶと、冷たい状態を長時間キープすることができ、肌寒い季節は温かい紅茶などを入れて持ち運び、休憩時に体を温めることができる。シーズン選ばず1年通して使用できることがポラーボトルの特徴だ。

長らく変更されなかったボトルキャップだったが、2017年モデルでは新型「ジップストリーム」が登場。従来モデルでは飲み口を引き上げると栓を開放し飲むことができたが、開放状態では水が漏れ出てしまうというケースも少なからずあった。

新型キャップ「ジップストリーム」が登場した新型キャップ「ジップストリーム」が登場した 飲み口の部分を取り外し、洗浄することができるため、清潔な状態を維持することができる飲み口の部分を取り外し、洗浄することができるため、清潔な状態を維持することができる

ボトルにクビレを設けることで、グローブを装着した状態でも握りやすくしているボトルにクビレを設けることで、グローブを装着した状態でも握りやすくしている ポラー ジップストリーム ブレークアウェイ(左が24oz、20oz)ポラー ジップストリーム ブレークアウェイ(左が24oz、20oz)


ジップストリームでは飲み口の内側にシリコン弁を内蔵することで、飲み口を引き上げ栓を開放した状態でのドリンク漏れを防止。ボトルを押し込み圧力をかけた分だけ水分補給ができる仕組みは、一般的なキャップと変わらないため、ストレスなく水を飲むことができる。

ジップストリームの飲み口は分解、洗浄することが可能となっており、常に清潔な状態を保てる。また、食器洗浄機、乾燥機にも対応しているため、日々のメンテナンスを手軽に行えるのは嬉しいポイントだ。

このジップストリームを装着したボトル「ブレークアウェイ」は、20ozと24ozという2サイズが用意され、いずれもブルーとオレンジの2色展開。価格は24ozが1,450円(税抜)、20ozが1,350円(税抜)だ。

「ボトルが柔らかく握りやすくなり、新型キャップも使い勝手良し」遠藤健太(サイクルワークス Fin’s)

「ボトルが柔らかく握りやすくなった。新型キャップも使い勝手がよく、保冷ボトルの中ではリーズナブルなところも大きなポイント」と、遠藤店長「ボトルが柔らかく握りやすくなった。新型キャップも使い勝手がよく、保冷ボトルの中ではリーズナブルなところも大きなポイント」と、遠藤店長 今回、この新型ボトルについて新潟県長岡市の「サイクルワークス Fin’s」店長である遠藤健太さんに、実際に使用した感想を聞いてみた。

「従来品よりもボトル本体が柔らかくなり、握り込みやすく進化しています。新たに弁が設けられた新型キャップにより、ボトルを押した分だけドリンクが出てくれるため、ライド中でも適量を補給することが可能です。レースでも使用してみましたが、使い勝手は良く、ストレスなく補給することができますね。

保冷ボトルの中には、キャップ部分を手で回したりスライドさせたりする操作が必要なものもありますが、このボトルは上に引っ張ると開放される一般的な構造と同じため万人に使いやすい仕様だと思います。ポラーボトルの保冷力も十分で、気温30度を超えるような真夏のライドでなければ不満を感じるところはないでしょう。保冷ボトルの中ではリーズナブルなラインアップであるのも魅力の一つですね。」

ポラー ジップストリーム ブレークアウェイポラー ジップストリーム ブレークアウェイ



ポラー ジップストリーム ブレークアウェイ
容 量:24oz、20oz
カラー:ブルー、オレンジ
価 格:1,450円(税抜、24oz)、1,350円(税抜、20oz)

Amazon.co.jp 
の画像 エスケープ 2014年全日本選手権ロードレース
投稿者: 佐藤 喬
出版社: 辰巳出版 (2015)
装丁: 単行本(ソフトカバー), 192 ページ
の画像 ツール・ド・フランス2016公式プログラム (ヤエスメディアムック503)
投稿者:
出版社: 八重洲出版 (2016)
装丁: ムック, 218 ページ
の画像 栗村修のそこが知りたい! ロードバイクトレーニング
投稿者: 栗村 修
出版社: 洋泉社 (2016)
装丁: 単行本(ソフトカバー), 191 ページ