日本最大のヒルクライムイベント「Mt,富士ヒルクライム」(以下、富士ヒルクライム)。8000人を越える参加者たちの中から、女性たちとその愛車を紹介します。



遠松純子さん(デストラ)ピナレロ DOGMA65.1

遠松純子さん(デストラ)ピナレロ DOGMA65.1遠松純子さん(デストラ)ピナレロ DOGMA65.1
スキンスーツに身を包み、やる気に充ち溢れた出で立ちの遠松さん。愛車はピナレロのフラッグシップだったDOGMA65.1だ。かなり気合の入ったレース仕様で、自転車競技に取り組む姿勢がそのまま反映されているかのよう。

「今回はヒルクライムなので、ホイールとタイヤを軽い物にしてきました。あとは、スプロケットですね。回転する箇所をとにかく軽くしようと思って」という遠松さん。その言葉通り、ホイールはマヴィックのR-SYS、タイヤはブリヂストンの最軽量モデルR1S、そして黄金色に輝くリコンのアルミスプロケットは12-28Tという構成。

「苦しい時に見て、元気をもらっています」という娘さんからのメッセージ「苦しい時に見て、元気をもらっています」という娘さんからのメッセージ 黄金色に輝くリコンのアルミスプロケット黄金色に輝くリコンのアルミスプロケット

ブリヂストンの最軽量モデルR1Sブリヂストンの最軽量モデルR1S 実業団用のゼッケン台座実業団用のゼッケン台座


バーテープには娘さんからの応援メッセージが貼られており、「苦しい時に見て、元気をもらっています」とのことだった。今年から実業団に登録した遠松さん。今後の活躍が楽しみだ。



藤井友紀さん(デストラ)リドレー Liz

藤井友紀さん(デストラ)リドレー Liz藤井友紀さん(デストラ)リドレー Liz
シートステーには、交通事故にあわないようにと、お守りが貼られていたシートステーには、交通事故にあわないようにと、お守りが貼られていた 1時間43分の目標タイムが記されたステッカー1時間43分の目標タイムが記されたステッカー


電動アルテグラで組み上げられたリドレーの女性用モデル、Lizを駆る藤井さん。富士ヒルクライムは初参加とのことで、目標は1時間43分だとか。今回の大会参加のために、知人にマヴィックのR-SYSを借りてきたとのことだった。

愛車のコーディネートのテーマはズバリ「ピンク」。ホイールはレンタルなので、赤色が入っているが、フレームやバーテープなど目立つパーツはピンクで揃えられていた。中でもお気に入りなのはアスチュートのサドルなんだとか。また、シートステーには、交通事故にあわないようにと、お守りが貼られていました。



松本雪子さん(山岳会)トレック Madone7

松本雪子さん(山岳会)トレック Madone7松本雪子さん(山岳会)トレック Madone7
トレックのエアロロードラインであるMadone7に乗る松本さん。「山岳会」という名のチームに所属するだけあって、今日の目標は14分切りのシルバー狙い。「富士ヒルクライムは初めてなのですが、コースプロフィール的には自分向きかなと思ってます」と自信を覗かせた。

愛車のお気に入りポイントはカラーリング。プロジェクトワンではない、吊るしのカラーリングだが「このカラーが一番可愛い」と一目惚れだったそう。サイクルコンピューターの代わりにスポーツウォッチを装着している理由については、少し前に使っていたサイクルコンピューターが脱落、無くしてしまったんだとか。

スプリンタースイッチを装着していたスプリンタースイッチを装着していた サイコンをなくしてしまったために、スポーツウォッチを使用サイコンをなくしてしまったために、スポーツウォッチを使用

フォーリアーズのトップキャップは見た瞬間に購入したとのことフォーリアーズのトップキャップは見た瞬間に購入したとのこと ジップの旧モデルのコンチネンタルのコンペティションを組み合わせていたジップの旧モデルのコンチネンタルのコンペティションを組み合わせていた


電動デュラエース仕様で、ハンドルには追加でスプリンタースイッチが設けられていた。その理由については「少しでも斜度が緩くなると下ハンドルを持つことが多くて。もがいていると親指のほうが動かしやすいので、スプリンタースイッチをつけています」と、レーサーらしいコメントを頂いた。



中塚 仁奈さん(Porco Nero)メリダ SCULTURA3000

中塚 仁奈さん(Porco Nero)メリダ SCULTURA3000中塚 仁奈さん(Porco Nero)メリダ SCULTURA3000
こちらの中塚さんの愛車はメリダのエントリーカーボンロードであるSCULTURA3000。なんと2月に自転車を購入したばかりで、富士山へと挑戦されたとのことだ。普段は空手をやっており、基礎体力と根性はあるとのことで、「これから自転車にハマっていくんだろうな、と思ってます」とのこと。

自転車を始めたのは、トライアスロンに取り組む彼氏と一緒に走りたかったから。彼が新車を買うタイミングで一緒に自転車を購入し、乗り始めたという。選んでもらったという愛車はカラーリングがお気に入り。「ピンクはあまり好きじゃなかったんですけど、このバイクは黒がベースで差し色としてピンクが入っているところが好みです。カッコカワイイ感じがして、大好きです」と中塚さん。

TOKYOエンデューロの参加する前にお守りをプレゼントされたとのことTOKYOエンデューロの参加する前にお守りをプレゼントされたとのこと オークリーのサングラスはなんと誕生日プレゼントオークリーのサングラスはなんと誕生日プレゼント

横から取り出しやすいボトルケージは彼氏のチョイスとのこと横から取り出しやすいボトルケージは彼氏のチョイスとのこと すでに使いこまれた感のあるサドルすでに使いこまれた感のあるサドル


今のところ、パーツ類は完成車仕様のままで、ペダルもフラットペダル。来月にトライアスロンの大会に出るためにビンディングデビューを考えていたところ、大抽選会にてビンディングペダルが当たったとのことで、「シューズを買いに行かないと」と嬉しそうなのが印象的でした。



蓑田 実呂さん(フォアグラ) ウィリエール IZOARD XP

蓑田 実呂さん(フォアグラ) ウィリエール IZOARD XP蓑田 実呂さん(フォアグラ) ウィリエール IZOARD XP
ウィリエールのミドルグレード、IZOARD XPに乗る蓑田さん。自転車に乗って美味しいものを食べに行くというコンセプトの愛知のチーム「フォアグラ」の皆さんと参加されたとのことで、富士ヒルクライムは一昨年に引き続き2回目の参加となるという。

「私が来ると晴れるんですよ!」と語る蓑田さんの愛車は、なんとお兄さんの手によるものだという。フレームから、ステムやハンドルなど全てのパーツをお兄さんが選び、組み上げたんだとか。可愛い花柄のトップチューブバックも「兄ちゃんチョイスです」とのことで、逆にウィリエール純正のカッコいいサドルバックは自分で選んだんだとか。

「このサドルバックは自分で選びました!」と蓑田さん「このサドルバックは自分で選びました!」と蓑田さん 「兄ちゃんチョイス」の花柄バック「兄ちゃんチョイス」の花柄バック

食べ足りぬわ!と主張するゆるきゃら「ふとしくん」食べ足りぬわ!と主張するゆるきゃら「ふとしくん」 トップチューブにもふとしくんがトップチューブにもふとしくんが


普段はバンド活動がメインで、ベースを奏でる毎日だとか。「おかげであんまり自転車に乗っていなくて、今年も今日が2回目なんです。」とのことでしたが、無事に完走されたとのこと。ちなみに所属するのは「7eyes40days」というシューゲイザーバンド。今年の頭にはアルバム「everything flows」を発売したとのことなので、興味のある方は一度聴いてみては。

text&photo:Naoki.YASUOKA
Amazon.co.jp 
の画像 富士山ブック2016 一冊まるごと富士登山の教科書 (別冊 山と溪谷)
投稿者:
出版社: 山と渓谷社 (2016)
装丁: ムック, 120 ページ
の画像 360°BOOK 富士山  Mount FUJI (360°BOOKシリーズ)
投稿者: 大野 友資
出版社: 青幻舎 (2015)
装丁: ペーパーバック, 60 ページ
の画像 everything flows
メーカー: Natural Hi-Tech Records Inc.
部品番号:
価格: ¥ 2,484