パンク防止材やトルクレンチなどをリリースするイタリアのバイクアクセサリーブランド、エッフェットマリポサ。正確なバイク整備のためのトルクレンチセット「Giustaforza II」を紹介しよう。



規定の締付トルクでネジを回すことができる規定の締付トルクでネジを回すことができる
エッフェットマリポサ Giustaforza II Pro Deluxe(赤色)、Deluxe(黒色)。ビットやツールラップは共通エッフェットマリポサ Giustaforza II Pro Deluxe(赤色)、Deluxe(黒色)。ビットやツールラップは共通 photo:Yuya.Yamamoto工具の収納に最適なツールラップ工具の収納に最適なツールラップ 工具のダイヤルで締付けトルクを自由に変更させられる工具のダイヤルで締付けトルクを自由に変更させられる 軽量性と高い剛性、快適性を両立させたカーボン素材は、登場より瞬く間に様々なパーツに採用されるようになった。際立ったメリットがあるのと同時に、カーボンはデリケートな面も存在しており、ネジを過度な力で締め付け過ぎると、繊維が破断してしまうといったことも起こりえる素材なのである。そんなカーボンパーツの整備時に頼りになるのが、締付力を管理できるトルクレンチである。

大まかに分ければ、トルクレンチには締付けトルクをメーターで知らせてくれるダイヤル式やデジタル式のものと、あらかじめ設定されたトルクに達するとそれ以上締められないようになるプリセット式の2種類が存在している。今回紹介するエッフェットマリポサのGiustaforza II(ジュースタフォルツァ)は後者だ。

Giustaforza IIは、自転車用に開発された工具ということもあり、締付トルクを2Nm~16Nmまでの自転車パーツに適した数値に設定できることが特徴だ。また、スペースがない場所でもボルトを締めやすいように丸型のヘッドを採用している。ヘッドは1/4"Hex ビットに対応している。

付属するビットは2、2.5、3、4、5、6mmのヘックスと、T10、T15、T20、T25、T30のトルクス、3/16マイナスドライバー、#2プラスドライバーという内容だ。最も使用頻度が高い4mm、5mmのヘックスと、T25トルクスは10cmという長さのビットとなっている。また、他のビットを10cmに伸ばすエクステンションビットも付属している。

Giustaforza IIは通常のレンチ「Deluxe」とラチェットレンチ「Pro Deluxe」の2種類が用意された。ボルトを回すのに必要なスペースが小さくてもラチェットタイプであれば回しやすいだろう。いずれもツールラップにコンパクトに収められている。荷物がかさばるレース遠征時にも必要な工具をまとめて持ち運ぶことができる。価格はDeluxeが23,000円(税抜)、Pro Deluxeが28,000円(税抜)。

また、エッフェットマリポサはGiustaforzaのツールラップや、ツールボトル「Portatutto」も用意している。手持ちのツールをまとめたいという方にはオススメだ。価格はGiustaforzaのツールラップで2,000円(税抜)、Portatuttoで1,000円(税抜)。




エッフェットマリポサ Giustaforza II Pro Deluxe
差込角:1/4"Hex ビット
付属ビット:2、2.5、3、4、5、6mm(ヘックス)、T10、T15、T20、T25、T30(トルクス)、3/16マイナスドライバー、1プラスドライバー
価格:28,000円(税抜)

エッフェットマリポサ Giustaforza II Deluxe
差込角:1/4"Hex ビット
付属ビット:2、2.5、3、4、5、6mm(ヘックス)、T10、T15、T20、T25、T30(トルクス)、3/16マイナスドライバー、1プラスドライバー
価格:23,000円(税抜)

エッフェットマリポサ Giustaforza Wrap
価格:2,000円(税抜)

エッフェットマリポサ Portatutto
価格:1,000円(税抜)

Amazon.co.jp