イギリスのファブリックが東京サイクルデザイン専門学校とコラボレーション。ファブリックのサドルにインスパイアされたデザインのバイクコンテストを開催する。バイクをデザイン・制作する学生たちの様子は9月の最終審査までの製作過程を追ったリポートで配信される予定だ。企画の説明会が行われた第1弾を紹介する。



スニーカーのショック吸収テクノロジーを取り入れたファブリック Cellサドルスニーカーのショック吸収テクノロジーを取り入れたファブリック Cellサドル
最終選考を行う創業者のニック・ラーセン氏最終選考を行う創業者のニック・ラーセン氏 東京サイクルデザイン専門学校の橋本博匡講師から企画の概要を説明東京サイクルデザイン専門学校の橋本博匡講師から企画の概要を説明 (c)ファブリック・ジャパン


2015年4月末より国内9店舗でのプレロンチ販売を開始している英国のサイクリングパーツブランド、ファブリックが今年の9月からのグランドロンチに向けてデザインアワードを開催する。このアワードは国内唯一の自転車専門学校である「東京サイクルデザイン専門学校(東京・青山)」の学生がファブリックのアイコンともいえる「CELL」からインスパイアされたバイクをデザインし、双方が注力する高い「創作性」をアピールするというもの。

このデザインアワードが目的とするものは2つ。一つ目は才能あるデザイナー/クリエイターを発掘する事。そして、今までに無かったユニークな打出しによりクリエイティブでスタイリッシュなブランドイメージの発信すること。

ブランドを選ばないニュートラルなデザインが持ち味のファブリック。フレームだけではない、サドルやパーツ/アクセサリーでバイク全体の感度を高めることができる希有なブランドだ。学生達が考える創作的なバイクと合わさることで、ファブリックの持つユニバーサル性をスタイリッシュに表現することができるだろう。学生にとっては、ブランドとのタイアップで大きなポートフォリオ作品となり、そして市場ニーズを肌で実感できる最適なステージとなるはずだ。

課題自転車は、「ロードバイク」と「クロスバイク」の2セグメント。最終選考は、ファブリックの創立者ニック・ラーセンがつとめる。受賞者はファブリック取扱店での期間限定展示会を開催し、受賞作品のアピールを予定している。

5月11日に行われたデザインアワード説明会5月11日に行われたデザインアワード説明会 (c)ファブリック・ジャパン4~5人1組、全9班でバイクのデザイン・制作を進めていく4~5人1組、全9班でバイクのデザイン・制作を進めていく (c)ファブリック・ジャパン

企画内容を確認しあう学生たち企画内容を確認しあう学生たち (c)ファブリック・ジャパン[img_assist|nid=167335|title=製品を実際に手に取りアイデアを練り始める|desc=(c)ファブリック・ジャパン|link=node|align=right|width=350|height=]


このデザインアワード開催に先立つ5月11日、東京サイクルデザイン専門学校の教室にて今回の企画及び、ファブリックブランドの説明会が開催された。出席者は3年制を受講している学生たち。自転車が大好きで、この学校で知識や技術を習得し、将来もこの業界に携わっていこうと考える次世代クリエイター達だ。彼らが4~5人1組となり、全9班でのグループ制作となる。

この説明会まで、一切企画について学生には情報を入れていなかったとのことで、当初は突然の課題に皆少し困惑気味の様子。しかし、企画主旨や、ブランド設立者ニック・ラーセンの経歴、ファブリックのブランドとしての特徴や製品説明をしているうちに、色々とイメージが沸いてきたとのこと。

一連の説明が終わり、企画主旨を把握したところでこれからが勝負となる。ひとりひとりが今まで習得してきた知識と技術を持ち寄り、グループ内での協調性を持って、クライアントの意向に沿った素晴らしい作品を造り上げて行く彼らの活動から、目が離せなさそうだ。



今後の活動スケジュール
■2015年5月11日(月)【企画説明及びブランド説明】
            ・学生に向けて企画説明
            ・ ブランドレクチャー
■2015年6月15日(月)【デザイン確認】
            ・学生プレゼンテーション
            ・デザイン確認会
■2015年7月18日(土)【フレーム/フォーク確認】
            ・学生プレゼンテーション
            ・完成フレーム確認会⇒グループ選抜へ
■2015年9月8日(火)【最終審査会】 
■2015年9月12日(土)~【店頭展示スタート】

Amazon.co.jp 
の画像 銀輪の巨人
投稿者: 野嶋 剛
出版社: 東洋経済新報社 (2012)
装丁: 単行本, 221 ページ
の画像 MTB日和 Vol.22 (タツミムック)
投稿者:
出版社: 辰巳出版 (2015)
装丁: ムック, 111 ページ
の画像 MTB日和 Vol.16 (タツミムック)
投稿者:
出版社: 辰巳出版 (2013)
装丁: ムック, 110 ページ