リケーゼ兄弟の勝利のゴールシーンは2週間で3度目。最強の兄弟スプリンターだ。日本勢では辻善光(チームUKYO)が3位に。リーダーは兄のマキシミリアーノ・リケーゼ(チームNIPPO)へ移った。

マキシミリアーノ・リケーゼ(チームNIPPO)が優勝、弟のマウロは2位にマキシミリアーノ・リケーゼ(チームNIPPO)が優勝、弟のマウロは2位に photo:Hideaki.TAKAGI
6月1日(金)、ツール・ド・熊野2日目第1ステージ赤木川清流コースが、和歌山県新宮市で行われ、ゴールスプリントをマキシミリアーノ・リケーゼ(チームNIPPO)が制し、個人総合リーダーに立った。
実業団E1の1位2位は高校生の小橋勇利(ボンシャンス飯田)と岡篤志(SPACE ZEROPOINT)実業団E1の1位2位は高校生の小橋勇利(ボンシャンス飯田)と岡篤志(SPACE ZEROPOINT) photo:Hideaki.TAKAGI実業団女子表彰実業団女子表彰 photo:Hideaki.TAKAGI2周目の先頭集団2周目の先頭集団 photo:Hideaki.TAKAGI2周目のメイン集団2周目のメイン集団 photo:Hideaki.TAKAGI3周目、赤木川を渡る3周目、赤木川を渡る photo:Hideaki.TAKAGI
UCIの第1ステージに先立って行われたのは実業団のE1・2・3とFクラス、そして市民レースの黒潮ロードレース。これらクラスは今日が初日で、UCIレースと同じまたは一部のコースを使って行われるもので、毎日の表彰とステージ合計の表彰がある。

実業団Eクラスは高校生世代が活躍するレースに。E1はゴールスプリントで小橋勇利(ボンシャンス飯田)が岡篤志(SPACE ZEROPOINT)を僅差で下して優勝。野島遊(クラブシルベスト)はJエリートツアーリーダーに。

女子は萩原麻由子(サイクルベースあさひレーシング)が優勝。なお、5月31日時点の世界ランキングにより、ロンドンオリンピック女子1枠が確保されたため、萩原がもっとも出場有力な選手になった。

UCIレースは16.3kmを7周する114.1kmで行われた。コースはおよそ平坦だが、折り返し部分が狭くアップダウンがある。さらにコントロールライン前に標高差20mほどの狭い急坂がありKOMが設定されている。逃げはその2箇所をきっかけに決まりやすいものだ。

スタートからアタックが繰り返され、折り返してから5人の逃げが決まる。メンバーはマリウス・ヴィジアック(マトリックス・パワータグ)、中村誠(宇都宮ブリッツェン)、入部正太朗(シマノレーシング)、ショー・パトリック(ジェネシス・ウェルス・アドバイザーズ)、ジャン・チャンジェ(トレンガヌ・サイクリングチーム)。

メイン集団は、リーダーチームのジェネシス・ウェルス・アドバイザーズがコントロールするが差は最大4分にまで広がる。
しかしチームNIPPOがフォルッナート・バリアーニを中心にペースを上げて、4周目半ばに逃げを吸収する。
その後はスプリント勝負に持ち込みたいチームが先頭でハイペースの交代をする。この中から単独アタックしたのは福島晋一(トレンガヌ・サイクリングチーム)。福島は1周弱逃げたが吸収。代わって6周目に飛び出したのは「NIPPOの動きを変えたかった」辻善光(チームUKYO)。しかしこれも吸収されて最終周回へ。

ここまではチームNIPPOに加え、愛三工業レーシングチーム、ジェネシス・ウェルス・アドバイザーズ、ブリヂストン・アンカーらがペースを作るが、やはり出てきたのはチームNIPPO。特に佐野淳哉が先頭固定に近い状態でハイペースを維持する。そしてチーム6名全員が先頭を固める。その次は愛三、マトリックスだ。
佐野の強力な引きのため、一列棒状でアタックもかけられないままゴールへ。弟マウロにアシストされた兄のマキシミリアーノ・リケーゼが余裕の勝利。弟マウロも2位に。辻は日本人トップの3位に入った。

リケーゼ兄は、昨年の同ステージでゴール寸前のメカトラブルで勝利を失っていた。昨年の雪辱を果たす快勝だ。兄弟のワン・ツーフィニッシュは5月20日の堺国際クリテリウムと同じ。5月22日のTOJ美濃ステージでも兄弟のガッツポーズが見られた。
平坦ステージでもTOJに続いて圧倒的な力を見せるチームNIPPO。翌日の第2ステージは熊野山岳コース。日本一厳しい山岳コースで、昨年はチームNIPPOがワン・ツーだった。今年は他チームがどのように攻めるかが注目だ。


5周目後半、福島晋一(トレンガヌ・サイクリングチーム)がアタック5周目後半、福島晋一(トレンガヌ・サイクリングチーム)がアタック photo:Hideaki.TAKAGI最終周回前半、佐野淳哉(チームNIPPO)がペースを上げる最終周回前半、佐野淳哉(チームNIPPO)がペースを上げる photo:Hideaki.TAKAGI

マキシミリアーノ・リケーゼ(チームNIPPO)をねぎらう大門宏監督マキシミリアーノ・リケーゼ(チームNIPPO)をねぎらう大門宏監督 photo:Hideaki.TAKAGI個人総合山岳リーダー、中村誠(宇都宮ブリッツェン)個人総合山岳リーダー、中村誠(宇都宮ブリッツェン) photo:Hideaki.TAKAGI


結果
第1ステージ 114.1km
1位 マキシミリアーノ・リケーゼ(チームNIPPO)2時間37分39秒
2位 マウロ・リケーゼ(チームNIPPO)
3位 辻善光(チームUKYO)
4位 アンソニー・ジャコッポ(ジェネシス・ウェルス・アドバイザーズ)
5位 ショー・パトリック(ジェネシス・ウェルス・アドバイザーズ) 
6位 マクシム・アヴェリン(アモーレ・エ・ヴィータ)
7位 マリウス・ヴィジアック(マトリックス・パワータグ)
8位 西谷泰治(愛三工業レーシングチーム)
9位 福田真平(愛三工業レーシングチーム)
10位 チェン・キンワイ(香港チーム)

個人総合 第1ステージ終了時点
1位 マキシミリアーノ・リケーゼ(チームNIPPO)2時間38分22秒
2位 マウロ・リケーゼ(チームNIPPO)+06秒
3位 辻善光(チームUKYO)+07秒
4位 ショー・パトリック(ジェネシス・ウェルス・アドバイザーズ)
5位 アンソニー・ジャコッポ(ジェネシス・ウェルス・アドバイザーズ)+08秒
6位 マリウス・ヴィジアック(マトリックス・パワータグ)
7位 チェン・キンロー(香港チーム)+09秒
8位 マクシム・アヴェリン(アモーレ・エ・ヴィータ)+10秒
9位 福田真平(愛三工業レーシングチーム)
10位 品川真寛(愛三工業レーシングチーム) 

人総合ポイント賞 第1ステージ終了時点
1位 マキシミリアーノ・リケーゼ(チームNIPPO)26点
2位 アンソニー・ジャコッポ(ジェネシス・ウェルス・アドバイザーズ)24点
3位 ショー・パトリック(ジェネシス・ウェルス・アドバイザーズ)20点

個人総合山岳賞 第1ステージ終了時点
1位 中村誠(宇都宮ブリッツェン)3点
2位 ジャン・チャンジェ(トレンガヌ・サイクリングチーム)2点
3位 畑中勇介(シマノレーシング)1点

団体総合 第1ステージ終了時点
1位 ジェネシス・ウェルス・アドバイザーズ 7時間55分34秒
2位 愛三工業レーシングチーム +02秒
3位 宇都宮ブリッツェン +03秒

photo&text:Hideaki.TAKAGI
Amazon.co.jp 
の画像 新版 関西キャンプ場ガイド
カテゴリー:
メーカー: 山と溪谷社
参考価格: ¥248
最安価格: ¥155
アマゾン価格: ¥248
の画像 銀輪の巨人
カテゴリー:
メーカー: 東洋経済新報社
参考価格: ¥1,250
最安価格: ¥171
アマゾン価格: ¥1,250
の画像 ツール・ド・フランス2012公式プログラム (ヤエスメディアムック366)
カテゴリー:
メーカー: 八重洲出版
参考価格: ¥21
最安価格: ¥21
アマゾン価格: ¥21