2022年ブエルタ最後の山頂フィニッシュでレムコ・エヴェネプール(ベルギー、クイックステップ・アルファヴィニル)がダメ押しのステージ優勝。逃げ切り勝利目前のロベルト・ヘーシンク(オランダ、ユンボ・ヴィスマ)を捉え、その強さを今一度アピールした。



9月8日(木)第18ステージ
トルヒーリョ〜アルト・デル・ピオルナル 192km(山岳)


教会や修道院が立ち並ぶトルヒーリョをスタート教会や修道院が立ち並ぶトルヒーリョをスタート photo:Unipublic
9月8日(木)第18ステージ トルヒーリョ〜アルト・デル・ピオルナル 192km9月8日(木)第18ステージ トルヒーリョ〜アルト・デル・ピオルナル 192km image:Unipublic9月8日(木)第18ステージ トルヒーリョ〜アルト・デル・ピオルナル 192km9月8日(木)第18ステージ トルヒーリョ〜アルト・デル・ピオルナル 192km photo:Unipublic


第77回ブエルタ・ア・エスパーニャもいよいよ佳境。鉄壁の走りを披露するレムコ・エヴェネプール(ベルギー、クイックステップ・アルファヴィニル)の総合優勝が着実に近づく中、2022年大会の山岳ステージはこの第18ステージを含めて残り2日、しかも頂上フィニッシュはこの日が最後。

最初の山岳が現れるのはトルヒーリョを出発して106km進んでから。足慣らしには急勾配すぎる2級山岳アルト・デ・ラ・デセスペラ(距離3.7km/平均9.4%)を越え、その後1級山岳アルト・デル・ピオルナル(距離13.5km/平均5%)を2度登る。登り口に11%が登場するものの、それ以外は5〜6%と比較的緩い勾配が続くため難易度は高くない。

ここまで積極的に逃げを打ってきたサムエーレ・バッティステッラ(イタリア、アスタナ・カザフスタン)が発熱で、ブルーノ・アルミライル(フランス、グルパマFDJ)が気管支炎でスタートせず。136名まで減ったプロトンにリアルスタートの旗が振られると、残り数少なくなった逃げ切りチャンスを掴むべく次々とアタックが掛かった。

序盤の落車に巻き込まれ、山岳賞首位のままリタイアを喫したジェイ・ヴァイン(オーストラリア、アルペシン・ドゥクーニンク)序盤の落車に巻き込まれ、山岳賞首位のままリタイアを喫したジェイ・ヴァイン(オーストラリア、アルペシン・ドゥクーニンク) photo:CorVos落車で全身に擦過傷を負った総合4位カルロス・ロドリゲス(スペイン、イネオス・グレナディアーズ)落車で全身に擦過傷を負った総合4位カルロス・ロドリゲス(スペイン、イネオス・グレナディアーズ) photo:CorVos

43名という巨大な逃げグループが先行43名という巨大な逃げグループが先行 photo:Unipublic
高速アタック合戦を続ける最中、36km地点で発生した落車にジェイ・ヴァイン(オーストラリア、アルペシン・ドゥクーニンク)や総合4位カルロス・ロドリゲス(スペイン、イネオス・グレナディアーズ)ら複数名が巻き込まれてしまう。ロドリゲスは激しく擦過傷を負いつつもレース復帰した一方、激しく身体を打ち付けたヴァインはマイヨモンターニャ(山岳賞ジャージ)を着たまま担架で救急車に乗せられてリタイア。今大会でキャリア初勝利を含む2勝を挙げ、マドリードでの山岳賞表彰を目指していた26歳は涙のレース離脱を強いられることに。共に落車し、一度はレース復帰したカンタン・パシェ(フランス、グルパマFDJ)も棄権を選んでいる。

そんな混乱を経て、この日は43名というレース全体の1/3に近い人数の逃げグループが形成された。リゴベルト・ウラン(コロンビア)の勝利で波に乗るEFエデュケーション・イージーポストが実に5名を、あと一歩勝利に届かないアルケア・サムシックが4名を、プリモシュ・ログリッチ(スロベニア)のリタイアによってステージ優勝狙いに切り替えたユンボ・ヴィスマが3名を送り込んだ大集団が先行。リチャル・カラパス(エクアドル、イネオス・グレナディアーズ)やティボー・ピノ(フランス、グルパマFDJ)といった強豪勢もこの中に入って逃げ切りを目指した。

ブランドン・マクナルティ(アメリカ)に引っ張られてメイン集団を抜け出した総合6位ジョアン・アルメイダ(ポルトガル、UAEチームエミレーツ)ブランドン・マクナルティ(アメリカ)に引っ張られてメイン集団を抜け出した総合6位ジョアン・アルメイダ(ポルトガル、UAEチームエミレーツ) photo:CorVos
下りコーナーをこなすレムコ・エヴェネプール(ベルギー、クイックステップ・アルファヴィニル)下りコーナーをこなすレムコ・エヴェネプール(ベルギー、クイックステップ・アルファヴィニル) photo:Unipublic
一方メイン集団からは、この状況をチャンスとみた総合6位ジョアン・アルメイダ(ポルトガル、UAEチームエミレーツ)がアタック。「とても調子が良かったのでフィニッシュから遠い場所でアタックしようと思っていた」と言うアルメイダは、ブランドン・マクナルティ(アメリカ)に引き連れられて集団を飛び立ち、さらに前から降りてきたマルク・ソレル(スペイン)に引っ張られる形で、積極的にアタックが掛かる逃げグループへの合流を目指した。

1回目の1級山岳アルト・デル・ピオルナル(距離13.5km/平均5%)では先頭グループからセルヒオ・イギータ(コロンビア、ボーラ・ハンスグローエ)とヒュー・カーシー(イギリス、EFエデュケーション・イージーポスト)、そしてピノがアタックし、追撃を経てカラパスとエリー・ジェベール(フランス、アルケア・サムシック)とロベルト・ヘーシンク(オランダ、ユンボ・ヴィスマ)が合流。ヴァインのリタイアによって山岳賞ランキング首位に立ったカラパスは1級山頂を先頭通過するなど、ポイント集めに奔走することとなった。

1回目の1級山岳で抜け出すセルヒオ・イギータ(コロンビア、ボーラ・ハンスグローエ)やティボー・ピノ(フランス、グルパマFDJ)たち1回目の1級山岳で抜け出すセルヒオ・イギータ(コロンビア、ボーラ・ハンスグローエ)やティボー・ピノ(フランス、グルパマFDJ)たち photo:Unipublic
リチャル・カラパス(エクアドル、イネオス・グレナディアーズ)ら6名の逃げグループが先行リチャル・カラパス(エクアドル、イネオス・グレナディアーズ)ら6名の逃げグループが先行 photo:Unipublic
逃げ切りを目指して最終盤区間を独走するロベルト・ヘーシンク(オランダ、ユンボ・ヴィスマ)逃げ切りを目指して最終盤区間を独走するロベルト・ヘーシンク(オランダ、ユンボ・ヴィスマ) photo:Unipublic
ダウンヒルを経て、2度目のアルト・デル・ピオルナルに突入した時点での先頭グループのリードはアルメイダが合流して引っ張る第2グループに対して1分20秒。クイックステップ・アルファヴィニルやモビスターがペースアップするメイン集団はそこから40秒遅れ。先頭グループのヘーシンクがジェベールのアタックを捕まえて独走に持ち込む一方、メイン集団ではフィニッシュまで10kmを残して総合2位エンリク・マス(スペイン、モビスター)がアタック。しかしレムコ・エヴェネプール(ベルギー、クイックステップ・アルファヴィニル)はその背中をガッチリと捉えて離さなかった。

モビスターが積極的にハイペースを刻んでメイン集団を絞り込み、先行グループとの差を縮める中でマスが再度アタックするものの決まらない。逃げ切りでのタイム差挽回を目指していたアルメイダを捉え、残り1km地点を22秒差で駆け抜けたヘーシンクも、三度アタックして抜け出したマスとエヴェネプールに残り400mを切って捉えられてしまった。

マスのアタックを封じ込め、牽制するレムコ・エヴェネプール(ベルギー、クイックステップ・アルファヴィニル)マスのアタックを封じ込め、牽制するレムコ・エヴェネプール(ベルギー、クイックステップ・アルファヴィニル) photo:CorVos
マスとヘーシンクを置き去りにするレムコ・エヴェネプール(ベルギー、クイックステップ・アルファヴィニル)マスとヘーシンクを置き去りにするレムコ・エヴェネプール(ベルギー、クイックステップ・アルファヴィニル) photo:CorVos
圧倒的なスプリントで今大会2勝目を挙げたレムコ・エヴェネプール(ベルギー、クイックステップ・アルファヴィニル)圧倒的なスプリントで今大会2勝目を挙げたレムコ・エヴェネプール(ベルギー、クイックステップ・アルファヴィニル) photo:CorVos
捕まってもなお全力でフィニッシュを目指すヘーシンクをリードアウト役に見立て、残り200mを切った緩斜面区間でエヴェネプールがスプリントを開始。持ち前の爆発力を存分に発揮してマスを振り切り、フィニッシュラインをくぐると共にマイヨロホをアピール。第10ステージ(個人TT)に続く今大会2勝目を挙げることとなった。

「僕の人生で1つの達成と言える勝利。逃げ切りを容認するつもりだったけれど、マスについていったら優勝のチャンスが転がってきた」と振り返るエヴェネプールは、ボーナスタイムを得てマスとのタイム差を2分07秒に、3位以降のメンバーに対してさらに拡大。落車のダメージを受けたロドリゲスは遅れ、総合5位ミゲルアンヘル・ロペス(コロンビア、アスタナ・カザフスタン)との順位変動が起きている。

逃げ切りあと一歩届かず、失意の3位に終わったロベルト・ヘーシンク(オランダ、ユンボ・ヴィスマ)逃げ切りあと一歩届かず、失意の3位に終わったロベルト・ヘーシンク(オランダ、ユンボ・ヴィスマ) photo:CorVos
ボロボロのカルロス・ロドリゲス(スペイン、イネオス・グレナディアーズ)は最終山岳で遅れ、総合成績を5位に落としたボロボロのカルロス・ロドリゲス(スペイン、イネオス・グレナディアーズ)は最終山岳で遅れ、総合成績を5位に落とした photo:Unipublic
マイヨロホをさらに確固たるものにしたレムコ・エヴェネプール(ベルギー、クイックステップ・アルファヴィニル)マイヨロホをさらに確固たるものにしたレムコ・エヴェネプール(ベルギー、クイックステップ・アルファヴィニル) photo:Unipublic

各選手のコメントは別記事で紹介します。
ブエルタ・ア・エスパーニャ2022第18ステージ結果
1位レムコ・エヴェネプール(ベルギー、クイックステップ・アルファヴィニル)4:45:17
2位エンリク・マス(スペイン、モビスター)+0:02
3位ロベルト・ヘーシンク(オランダ、ユンボ・ヴィスマ)
4位ジャイ・ヒンドレー(オーストラリア、ボーラ・ハンスグローエ)+0:13
5位テイメン・アレンスマン(オランダ、チームDSM)
6位ティボー・ピノ(フランス、グルパマFDJ)
7位ベン・オコーナー(オーストラリア、AG2Rシトロエン)
8位フアン・アユソ(スペイン、UAEチームエミレーツ)
9位ミゲルアンヘル・ロペス(コロンビア、アスタナカザフスタン)
10位ジョアン・アルメイダ(ポルトガル、UAEチームエミレーツ)
DNFジェイ・ヴァイン(オーストラリア、アルペシン・ドゥクーニンク)
マイヨロホ 個人総合成績
1位レムコ・エヴェネプール(ベルギー、クイックステップ・アルファヴィニル)69:59:12
2位エンリク・マス(スペイン、モビスター)+2:07
3位フアン・アユソ(スペイン、UAEチームエミレーツ)+5:14
4位ミゲルアンヘル・ロペス(コロンビア、アスタナカザフスタン)+5:56
5位カルロス・ロドリゲス(スペイン、イネオス・グレナディアーズ)+6:49
6位ジョアン・アルメイダ(ポルトガル、UAEチームエミレーツ)+7:14
7位テイメン・アレンスマン(オランダ、チームDSM)+8:09
8位ベン・オコーナー(オーストラリア、AG2Rシトロエン)+9:34
9位リゴベルト・ウラン(コロンビア、EFエデュケーション・イージーポスト)+9:56
10位ジャイ・ヒンドレー(オーストラリア、ボーラ・ハンスグローエ)+12:03
マイヨプントス(ポイント賞ジャージ)
1位マッズ・ピーダスン(デンマーク、トレック・セガフレード)349pts
2位フレッド・ライト(イギリス、バーレーン・ヴィクトリアス)149pts
3位マルク・ソレル(スペイン、UAEチームエミレーツ)133pts
マイヨモンターニャ(山岳賞ジャージ)
1位リチャル・カラパス(エクアドル、イネオス・グレナディアーズ)45pts
2位エンリク・マス(スペイン、モビスター)25pts
3位テイメン・アレンスマン(オランダ、チームDSM)23pts
マイヨブランコ(ヤングライダー賞ジャージ)
1位レムコ・エヴェネプール(ベルギー、クイックステップ・アルファヴィニル)69:59:12
2位フアン・アユソ(スペイン、UAEチームエミレーツ)+5:14
3位カルロス・ロドリゲス(スペイン、イネオス・グレナディアーズ)+6:49
チーム総合成績
1位UAEチームエミレーツ209:11:25
2位イネオス・グレナディアーズ+48:53
3位バーレーン・ヴィクトリアス+1:11:54
text:So Isobe
photo:Unipublic, CorVos
Amazon.co.jp 
の画像 シマノ FC-R8000 46X36T 165mm 11S IFCR8000AX66
カテゴリー: Sports
メーカー: シマノ(SHIMANO)
参考価格: ¥22,758
最安価格: ¥22,758
アマゾン価格: ¥22,758
の画像 IRC tire チューブレスタイヤ専用タイヤレバー 99095Y レッド
カテゴリー: Sports
メーカー: IRC tire
参考価格: ¥ 1,100
最安価格: ¥ 786
アマゾン価格: ¥ 918