2021年10月22日に広島中央森林公園で開催された全日本選手権タイムトライアルで、ディフェンディングチャンピオンの増田成幸(宇都宮ブリッツェン)が連覇達成。女子エリートでは樫木祥子(Team illuminate)が初制覇を遂げた。



1位 増田成幸(宇都宮ブリッツェン)1位 増田成幸(宇都宮ブリッツェン) photo:Makoto AYANO
エリート男子 2位 山本大喜(KINAN Cycling Team)エリート男子 2位 山本大喜(KINAN Cycling Team) photo:Makoto AYANOエリート男子 3位 小石祐馬(Team UKYO SAGAMIHARA)エリート男子 3位 小石祐馬(Team UKYO SAGAMIHARA) photo:Makoto AYANO


中根英登(EFエデュケーション・NIPPO)や山本大喜(KINAN Cycling Team)、岡篤志(NIPPOプロヴァンスPTSコンチ)ら強豪選手が集う中、増田成幸(宇都宮ブリッツェン)の走りは圧倒的だった。第2ウェーブの先頭で走った増田は、それまでの記録を大きく上回りながら最終タイムを唯一49分台に乗せてフィニッシュ。2019年の前回大会に続く同タイトル2連覇を飾った。

女子エリート優勝  樫木祥子(Team illuminate)女子エリート優勝 樫木祥子(Team illuminate) photo:Makoto AYANO
午前10時スタートの女子レース(エリート+U23)は、第1走者の樫木祥子(Team illuminate)が序盤から他を圧倒。石上夢乃(鹿屋体育大学)や石田唯(早稲田大学)らアンダーカテゴリーの選手を抑え、自身初となる全日本チャンピオンに輝いた。

なお、小石の使用したバイクに規定違反があった可能性があるため現在審議中となっている(14:58)。
詳しくはレースレポートでお届けします。
全日本選手権タイムトライアル2021男子エリート暫定結果
1位増田成幸(宇都宮ブリッツェン)49分25秒40
2位山本大喜(KINAN Cycling Team)+47秒37
3位小石祐馬(Team UKYO SAGAMIHARA)+56秒05
4位中根英登(EFエデュケーション・NIPPO)+1分00秒31
5位岡篤志/NIPPOプロヴァンスPTSコンチ)+1分34秒75
全日本選手権タイムトライアル2021女子エリート暫定結果
1位樫木祥子(Team illuminate)38分55秒30
2位石上夢乃(鹿屋体育大学)+1分39秒21
3位石田唯(早稲田大学)+2分16秒50
4位米田和美(MOPS)+2分34秒88
5位古山稀絵(日本体育大学大学院)+2分57秒69
text:So Isobe
photo:Makoto AYANO
Amazon.co.jp 
の画像 SHIMANO(シマノ) RC7(RC702MR01)E SPD-SL サイズ:44(27.8cm) カラー:レッド ESHRC702MCR01E44000 ロード シューズ ワイド
カテゴリー: スポーツ用品
メーカー: SHIMANO(シマノ)
参考価格: ¥20,910
最安価格: ¥20,910
アマゾン価格: ¥20,910
の画像 SHIMANO(シマノ) DURA-ACE デュラエース R9100シリーズ カセットスプロケット CS-R9100 11S 12-25T 33560
カテゴリー: Sports
メーカー: シマノ(SHIMANO)
参考価格: ¥ 27,785
最安価格: ¥ 19,290
アマゾン価格: ¥ 19,290
の画像 シマノ  DURA-ACE デュラエース R9100シリーズ ペダル PD-R9100 33604
カテゴリー: Sports
メーカー: シマノ(SHIMANO)
参考価格: ¥ 26,443
最安価格: ¥ 17,930
アマゾン価格: ¥ 17,930