ロット・スーダルをサポートするイタリアのデダ・エレメンティが、ワイヤーセミ内装式のフレームに対応するアルミステム"SUPERBOX"をリリースする。ステムの下にケーブルを沿わせる仕組みの内装システムに適合する新たな選択肢となる。



デダ・エレメンティ SUPERZEROデダ・エレメンティ SUPERZERO (c)カワシマサイクルサプライ
シフトとブレーキのケーブル類をハンドルやステムを通すフル内装式、ステムの下側にケーブルを沿わせるセミ内装式のロードバイクがトレンドとなっている。これらは空気抵抗を削減するためであり、1Wでもパワーをセーブしたいプロ用のフレームは内装式が主流となっている。

内装式に用いられるハンドル/ステムはフレームブランドによる専用品が多いが、各種パーツブランドはそれらに対応するプロダクトをリリースしている。イタリアのデダ・エレメンティもその一つであり、DCRというテクノロジーを用いたフル内装式に対応するVINCIシリーズを用意してきた。

ボックス形状のステムは剛性面でも期待できるだろうボックス形状のステムは剛性面でも期待できるだろう (c)カワシマサイクルサプライケーブルの露出を抑えるカバーが用意されているケーブルの露出を抑えるカバーが用意されている (c)カワシマサイクルサプライ


そんなデダ・エレメンティが新たなS-DCRというセミ内装システムを採用したアルミステムSUPERBOX(スーパーボックス)をリリースした。セミ内装式とはケーブル類をステムの内側に通さず、下側に沿わせるタイプで、コラムスペーサー兼カバーを用いることで露出を抑えていることが特徴。ケーブルはそのままフレームの設計に準じて内部へと入っていく。一方で、DCR(フル内装)にも対応しており、ユーザーが使いやすい方法でケーブルを通すことが可能となっている。

このメリットは様々なパーツを使うことができること。ステムやハンドルはポジションに大きな影響を与えるパーツであり、選べるパーツの自由度はポジション出しの行いやすさに繋がるはずだ。

S-DCRというセミ内装式でケーブルを組み付けられるSUPERBOXS-DCRというセミ内装式でケーブルを組み付けられるSUPERBOX (c)カワシマサイクルサプライ
ケーブルを完全に内装することも可能ケーブルを完全に内装することも可能 (c)カワシマサイクルサプライ
また、SUPERBOXはSUPERZEROのステムをアップデートしたものであり、剛性面でも期待できるはずだ。サイズラインアップは90mm~130mm(10mm刻み)で用意されており、重量は175g(110mm)。価格は16,400円(税込)だ。



デダ・エレメンティ SUPERBOX
サイズ:90mm~130mm(10mm刻み)
素材:アルミ合金6061
アングル:82°
ハンドルバー径:31.7mm
クランプ高:32mm;47mm(S-DCRカバー含む)
フォークステアラー: 1 1/8 "(46mm)
重量:175g(110mm)
色:POB
価格:16,400円(税込)

Amazon.co.jp