世界的に盛り上がりを見せているE-MTB向けにデザインしたサドルをフィジークがリリースする。新型の名前はTERRA AIDON。ショートノーズや快適なクッション、カットアウトに加え、車体を持ち上げやすくするためサドルにグリップを設けたE-MTB専用サドルを紹介しよう。



フィジーク Terra Aidon X1フィジーク Terra Aidon X1 (c)カワシマサイクルサプライ
電動アシストのパワーを活かしてトレイルヘッドまでペダルアップし、下りでトレイルを存分に楽しむことができるとして欧米で人気のE-MTB。アグレッシブにダウンヒルを楽しむモデルから、トレッキングを楽しむモデルまで様々な車種が用意されており、非常に多くのサイクリストがE-MTBを楽しんでいるという。

そんな広がりを見せているE-MTB用に、特別なチューニングを施したサドル「TERRA AIDON(テラ・アイドン)」をフィジークがリリースする。同社のARGOのようにショートノーズデザインとされており、前乗りポジションでもしっかりと体重をかけることが可能。加えてサドル後端部は跳ね上げられているため、上り坂でも腰が後方へ滑り落ちにくくなっている。特に、ペダルアシストが効くE-MTBの場合は急な登坂でも乗り越えることができるため、サドルに腰掛けてクリアできる場面でTERRA AIDONは活躍してくれるだろう。

フィジーク Terra Aidon X3フィジーク Terra Aidon X3 (c)カワシマサイクルサプライ
また、フィジークはE-BIKEの場合着座で過ごす時間が長いとし、独自のカットアウトデザインのサドル中央の開口部を採用することで圧力を低減を狙った。オフロードで走ることを前提としているため、カットアウトには泥や飛沫を防ぐゴムのフラップを備えている。

TERRA AIDONの座面は"タイプ2フォーム"という柔らかく厚手のものが採用されており快適性を確保。ベースにはウィングフレックスデザインとすることで、ペダリングを妨げない柔軟性も実現している。ベースの後端部には、手をかける部分が用意されており、重いE-MTBでも持ち上げやすくなっている。レールのデザインはメビウスレールだ。

カットアウトは塞がれているため、泥や飛沫はシャットアウトされるカットアウトは塞がれているため、泥や飛沫はシャットアウトされる (c)カワシマサイクルサプライベースの後端部には手で掴むための設計が施されているベースの後端部には手で掴むための設計が施されている (c)カワシマサイクルサプライ


ラインアップはカーボンレールを採用したX1と、K:iumレールのX3という2グレード。いずれも145mmと160mmという2種類の幅が用意されている。価格はX1が19,600円(税抜)、X3が14,900円(税抜)。

フィジーク Terra Aidon Actionフィジーク Terra Aidon Action (c)カワシマサイクルサプライ
サドル後端部が跳ね上げられたデザインとなっているサドル後端部が跳ね上げられたデザインとなっている (c)カワシマサイクルサプライ


フィジーク TERRA AIDON X1 CARBON
サドル長:255mm
幅:145mm、160mm
重量:205g(145mm)、215g(160mm)
75mm幅部分の高さ:51mm
レール:10×7mm CARBONレール
価格:19,600円(税抜)

フィジーク TERRA AIDON X3 K:IUM
サドル長:255mm
幅:145mm、160mm
重量:245g(145mm)、259g(160mm)
75mm幅部分の高さ:51mm
レール:7×7mm K:iumレール
価格:14,900円(税抜)

Amazon.co.jp 
の画像 ナイトプロテイン ココア 1kg グラスフェッド
カテゴリー: Health and Beauty
メーカー: CHOICE NUTRITION ( チョイス ニュートリション )
最安価格: ¥ 6,480
アマゾン価格: ¥ 6,480