長野県諏訪郡の富士見パノラマリゾートでMTB全日本選手権が開幕。ダウンヒル男子エリートで清水一輝が2年連続4度目のタイトルを獲得している。



トップタイムで優勝した清水一輝(BLAZE A TRAIL)トップタイムで優勝した清水一輝(BLAZE A TRAIL) photo:Makoto AYANO
今年のマウンテンバイク全日本チャンピオン決める舞台は長野県諏訪郡富士見町にある富士見パノラマリゾート。当初は10月9日に秋田県田沢湖で開催予定だったものの、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた世界選手権が同日に後ろ倒し開催されたことを受け、11月6〜8日の3日間、富士見パノラマに場所を変更した上で開催にこぎつけた。

7日・土曜日の天気予報は、ダウンヒル決勝が行われる午後にかけて雨。時折冷たい風が吹き付ける危うい空模様だったものの、ダウンヒル決勝はコース全域に渡って適度に湿り気を帯びた良コンディションの中で行われた。

高低差のある大岩を越えるロックセクション高低差のある大岩を越えるロックセクション photo:Makoto AYANO
予選をスタートしたのは46名。そのうち30名が午後に行われた決勝レースをスタートした。

この決勝レースで躍進したのは予選14位の泉野龍雅(自転車道)だった。昨年のCoupe du Japon DHシリーズ優勝を遂げた泉野は自身の予選タイムを10秒近く、予選トップタイムの井本はじめ(SRAM/Santacruz)を2秒近く上回る2分11秒794をマークし、後続選手にプレッシャーをかける。しかしその泉野とほぼ同ペースでコースを下ったのが清水一輝(BLAZE A TRAIL)だった。

ロックセクションを越える2位の泉野龍雅(自転車道)ロックセクションを越える2位の泉野龍雅(自転車道) photo:Makoto AYANO
3位の井本はじめ(Sram/Santacruz)3位の井本はじめ(Sram/Santacruz) photo:Makoto AYANO
2年連続の全日本タイトルを目指し、予選2番手からコースを攻め抜いた清水のタイムは2分11秒642。エンデューロバイクにDHサスペンションを組み合わせたペダリング重視のバイクセットで臨んだ清水は、コース終盤にオーバーランしかけながらも僅か0秒152という僅差で泉野を上回る。最終走者、つまり予選トップタイムをマークした井本はじめ(SRAM/Santacruz)も好走するものの、清水と泉野には届かない。この瞬間に清水の2年連続4度目の全日本選手権優勝が決まった。

DHI男子エリート表彰式 優勝 清水一輝、2位 泉野龍雅、3位 井本はじめDHI男子エリート表彰式 優勝 清水一輝、2位 泉野龍雅、3位 井本はじめ photo:Makoto AYANO
ナショナルチャンピオンジャージに身を包んだ清水一輝(BLAZE A TRAIL)ナショナルチャンピオンジャージに身を包んだ清水一輝(BLAZE A TRAIL) photo:Makoto AYANO
上位タイム2分10秒台というショートコースゆえ、一つのミスが順位を下げる緊張感ある戦いを制した清水。「スタートする時に、泉野が予選よりも2秒速いタイムを出したという実況が聞こえてきました。今にも雨が降りそうだし、ヤバイかなと思って全開で攻めました」と振り返る。

「(スピードを失ってでも)最短ラインを突き進みつつ、漕ぎで補完していく」作戦と、それに適したバイクセッティングで勝利を掴んだ清水。「レースがない一発勝負の中、2連勝を目指してモチベーションを維持しました。みんな応援してくれるし、コロナ禍でレースがない状況下で、僕がいい走りをすることで見ている方、応援してくれる方に興奮を伝えたい、ちょっとでもかっこいい! と思ってもらいという気持ちがあった」と、ディフェンディングチャンピオンという立場で臨んだレースを制した。

女子エリート表彰式 優勝 岩崎美智恵、2位 松本璃奈、3位 富田敬子女子エリート表彰式 優勝 岩崎美智恵、2位 松本璃奈、3位 富田敬子 photo:Makoto AYANO
女子エリートレースを制したのは昨年度チャンピオンの岩崎美智恵(TRIPCYCLE GLOBAL RACING)だった。岩崎は、今大会クロスカントリーではなくダウンヒルに出場した松本璃奈(TEAM SCOTT JAPAN)を5秒487引き離す2分42秒967で優勝。ゼッケン1をつけて臨んだレースで見事2連覇を果たしている。
男子エリート結果(出走30名)
1位清水一輝(BLAZE A TRAIL)2:11.642
2位泉野龍雅(自転車道)+0.152
3位井本はじめ(SRAM/Santacruz)+1.542
4位九島勇気(玄武 / Mondraker)+1.757
5位山田ルーカス淳一(重力技研 SANTACRUZ BodyArchitect)+2.039
6位金子匠(&stream…小川輪業)+3.516
7位羽口鉄馬(アールズサイクル)+4.422
8位宇津孝太郎(NUKEPROOF/Rainbow)+4.491
9位浦上太郎(Transition Airlines/Cleat)+4.747
10位井手川直樹(KONA RACING/STRIDER)+4.845
女子エリート結果(出走5名)
1位岩崎美智恵(TRIPCYCLE GLOBAL RACING)2:42.967
2位松本璃奈(TEAM SCOTT JAPAN)+5.487
3位富田敬子(Acciarpone racing)+5.902
4位中川瑶子(FLOWY)+12.565
5位安福範子(ACCEL)+20.281
text:So Isobe
photo:Makoto AYANO
Amazon.co.jp 
の画像 SHIMANO(シマノ) XTR FC-M9000 HOLLOWTECH2 ダブル クランクセット 24X34T/175 IFCM9000EX44
カテゴリー: Sports
メーカー: シマノ(SHIMANO)
参考価格: ¥ 62,645
最安価格: ¥ 49,800
アマゾン価格: ¥ 50,710
の画像 シマノ(SHIMANO) RD-M9100 12S SGS ・フロントシングル CS 10-45T 10-51T対応 IRDM9100SGS
カテゴリー: Sports
メーカー: シマノ(SHIMANO)
参考価格: ¥22,914
最安価格: ¥21,886
アマゾン価格: ¥22,914
の画像 SHIMANO(シマノ) XTR BL-M9020 トレイル用 ハイドローリック ディスクブレーキレバー 右レバーのみ
カテゴリー: Sports
メーカー: シマノ(SHIMANO)
参考価格: ¥8,960
最安価格: ¥8,960
アマゾン価格: ¥8,960