兄ゴルカのアタックで力を貯めたヨン・イサギレ(スペイン、アスタナ)が1級山岳アラモン・フォルミガルで逃げ切り、記念すべき100人目の三大グランツール区間優勝者に。プリモシュ・ログリッチ(スロベニア)を含めユンボ・ヴィスマが総崩れし、マイヨロホはリチャル・カラパス(エクアドル、イネオス・グレナディアーズ)の手に渡った。



マイヨロホにスロベニアチャンピオンジャージを重ね着したプリモシュ・ログリッチ(スロベニア、ユンボ・ヴィスマ)マイヨロホにスロベニアチャンピオンジャージを重ね着したプリモシュ・ログリッチ(スロベニア、ユンボ・ヴィスマ) photo:CorVosマイヨモンターニャを着用するティム・ウェレンス(ベルギー、ロット・スーダル)マイヨモンターニャを着用するティム・ウェレンス(ベルギー、ロット・スーダル) photo:CorVos

曇天のビエスカスをスタートする曇天のビエスカスをスタートする photo:Unipublic
当初ブエルタ6日めに予定されていた1級山岳ポルタレト峠、超級山岳オービスク峠、超級山岳トゥールマレー峠という過酷な山岳コースは新型コロナウイルス感染拡大によってフランスへの入国が不可能となり、主催者ユニパブリックは69.5km地点に3級山岳を、105.5km地点に2級山岳を、そして最後に1級山岳アラモン・フォルミガルを越える山岳コースを用意した。

10月25日(日)第6ステージ(新) ビエスカス〜アラモン・フォルミガル 146.6km10月25日(日)第6ステージ(新) ビエスカス〜アラモン・フォルミガル 146.6km photo:Unipublic10月25日(日)第6ステージ(新) ビエスカス〜アラモン・フォルミガル 146.6km10月25日(日)第6ステージ(新) ビエスカス〜アラモン・フォルミガル 146.6km photo:Unipublic


発表時点で話題を呼んだオリジナルルートからはほど遠いものの、2013年にワレン・バルギル(フランス、現アルケア・サムシック)が、2016年にジャンルーカ・ブランビッラ(イタリア、現トレック・セガフレード)が勝利したブエルタ3度目のアラモン・フォルミガルは距離14.4km、平均勾配4.7%という厳しい勾配。コース発表時にアレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター)が「今年のブエルタは寒さとの戦いになる」と話した通り、この日プロトンに降り注いだ雨と低温がコースプロフィール以上に過酷なサバイバルレースをもたらした。

アタックを繰り出す選手たち。この日は30kmに渡って攻撃が続いたアタックを繰り出す選手たち。この日は30kmに渡って攻撃が続いた photo:CorVos
アタック合戦の中心となったレミ・カヴァニャ(フランス、ドゥクーニンク・クイックステップ)アタック合戦の中心となったレミ・カヴァニャ(フランス、ドゥクーニンク・クイックステップ) photo:Unipublic
ブエルタのコースオーガナイザーを務めるフェルナンド・エスカルティン氏の故郷ビエスカスをスタートすると、2日連続逃げ切りにチャンスを見出す選手たちによるアタック合戦が繰り広げられる。「クレルモン=フェランのTGV」として知られるTTスペシャリスト、レミ・カヴァニャ(フランス、ドゥクーニンク・クイックステップ)が中心となったアタック合戦の末、23名もの巨大な先頭集団が出来上がった。

逃げた23名
マティア・カッタネオ(イタリア、ドゥクーニンク・クイックステップ)
レミ・カヴァニャ(フランス、ドゥクーニンク・クイックステップ)
ルイ・コスタ(ポルトガル、UAEチームエミレーツ)
セルジオ・エナオ(コロンビア、UAEチームエミレーツ)
ロブ・パワー(オーストラリア、サンウェブ)
マイケル・ストーラー(オーストラリア、サンウェブ)
ヤシャ・ズッタリン(ドイツ、サンウェブ)
ヨン・イサギレ(スペイン、アスタナ)
ゴルカ・イサギレ(スペイン、アスタナ)
ディラン・ファンバーレ(オランダ、イネオス・グレナディアーズ)
マグナス・コルトニールセン(デンマーク、EFプロサイクリング)
マイケル・ウッズ(カナダ、EFプロサイクリング)
カンタン・ジョレギ(フランス、アージェードゥーゼル)
ゲオルク・ツィンマーマン(ドイツ、CCCチーム)
ギヨーム・マルタン(フランス、コフィディス)
ヴィクトル・ラフェ(フランス、コフィディス)
ピエールリュック・ペリション(フランス、コフィディス)
ミケル・ヴァルグレン(デンマーク、NTTプロサイクリング)
ホルヘ・アルカス(スペイン、モビスター)
カルロス・ヴェローナ(スペイン、モビスター)
ジョナタン・イヴェール(フランス、トタル・ディレクトエネルジー)
フレン・アメスケタ(スペイン、カハルラル・セグロスRGA)
オスカル・カベド(スペイン、ブルゴスBH)

前日ティム・ウェレンス(ベルギー、ロット・スーダル)に敗れたギヨーム・マルタン(フランス、コフィディス)や、マグナス・コルトニールセン(デンマーク、EFプロサイクリング)、元世界王者ルイ・コスタ(ポルトガル、UAEチームエミレーツ)といった連日逃げにチャレンジする選手や、ヨン&ゴルカのイサギレ兄弟(スペイン、アスタナ)などステージ優勝を目指す選手、そして後半の山岳でメイン集団の前待ちを狙う選手など、さまざまな思惑を秘めた、それでいて強力なエスケープが得たリードは最大4分。メイン集団ではマイヨロホ着用中のプリモシュ・ログリッチ(スロベニア)を守るべく、連日同様ポール・マルテンス(ドイツ、ユンボ・ヴィズマ)が長時間牽引役を担った。

23名がエスケープ。ヨン&ゴルカのイサギレ兄弟(スペイン、アスタナ)も入った23名がエスケープ。ヨン&ゴルカのイサギレ兄弟(スペイン、アスタナ)も入った photo:Unipublic
メイン集団を牽引するポール・マルテンス(ドイツ、ユンボ・ヴィズマ)メイン集団を牽引するポール・マルテンス(ドイツ、ユンボ・ヴィズマ) photo:CorVos
落ち着いた展開で序盤の平坦区間をこなし、冷雨の中90km/hに達する3級山岳ペトラルバ峠のダウンヒルを飛ばし、緩斜面の登りを挟んでから2級コテファブロ峠にアタックする。マイヨモンターニャ(山岳賞ジャージ)獲得に意欲を見せるマルタンは2連続で山頂通過を果たし、ランキング上位浮上を叶えている。

先頭集団内で最初に手札を切ったのはイサギレ兄弟だった。雨に濡れる下り区間で2歳年上の兄ゴルカがするすると抜け出し、およそ40秒のリードを得て下り区間をクリアする。メイン集団ではこれまで鉄壁の守りを披露してきたユンボ・ヴィズマにプレッシャーを掛けるべくイネオス・グレナディアーズが飛ばすと、後方でウェアを直していたログリッチが遅れを喫した。

「ウェアにトラブルを抱えていたので後方に下がっていたんだ。イネオスが加速した時は遠すぎる位置にいた」と言うログリッチ脱落の報を受け、総合3位ダニエル・マーティン(アイルランド)擁するイスラエル・スタートアップネイションもメイン集団の牽引に回る。ログリッチは何とかアシスト勢をフル動員して合流したものの、この追走劇でトム・デュムラン(オランダ)やセップ・クス(アメリカ)といった重要アシストが軒並み遅れてしまった。

荒涼とした風景が続く1級山岳アラモン・フォルミガルを登る荒涼とした風景が続く1級山岳アラモン・フォルミガルを登る photo:Unipublic
アタックのタイミングを待つヨン・イサギレ(スペイン、アスタナ)	アタックのタイミングを待つヨン・イサギレ(スペイン、アスタナ) photo:CorVos
先頭ではGイサギレが追走グループに13秒差、メイン集団に3分10秒差で1級山岳アラモン・フォルミガルに突入。淡々とペースを刻んだGイサギレ残りは6.6km地点で引き戻され、UAE勢やマイケル・ウッズ(カナダ、EFプロサイクリング)を中心としたアタック合戦が勃発する。見通しが良く広い道幅、言い換えるとアタックが決まりにくい雨の登坂路で、「ゴルカが逃げている時に脚を貯めることができた」と言うヨン・イサギレ(スペイン、アスタナ)が残り3km地点で仕掛けた。

「急勾配区間でアタックし、すぐにリードを広げることができた。振り返って誰もついてこないのを確認して、最後まで逃げ切るんだと言い聞かせてプッシュを続けた」というIイサギレは、岩肌が露出した荒涼とした山岳風景の中をフィニッシュ目指して駆け上がっていく。

独走でフィニッシュするヨン・イサギレ(スペイン、アスタナ)独走でフィニッシュするヨン・イサギレ(スペイン、アスタナ) photo:Unipublic
全ての三大グランツールでステージ優勝を挙げた100人目の選手となったヨン・イサギレ(スペイン、アスタナ)全ての三大グランツールでステージ優勝を挙げた100人目の選手となったヨン・イサギレ(スペイン、アスタナ) photo:Unipublic
ウッズやルイ・コスタ(ポルトガル、UAEチームエミレーツ)、ロブ・パワー(オーストラリア、サンウェブ)といった追走グループが追いかけたものの、かつてジロ・デ・イタリアとツール・ド・フランスの山岳ステージで1勝ずつ挙げているIイサギレに追いつくことは叶わない。笑顔を見せながら何度も首を振り、両手を広げたIイサギレがフィニッシュラインにたどり着いた。

「チームのみんなに、そして兄のゴルカに感謝したい。彼は素晴らしかった。ゴルカは本当に強く、下りで力強いアタックをした。きっと彼でも勝てただろう。でも追走集団が彼に追いついた時、今度は僕の番だと分かっていたんだ」と、兄弟のチームプレーで勝利を掴み取ったIイサギレにとっては初のブエルタステージ優勝。全ての三大グランツールでステージ優勝を挙げた100人目の選手として記録に名を残すことに成功した。



激しいステージ優勝争いの2分後方を走ったメイン集団でも当然のようにマイヨロホ争いが激化した。

遅れたプリモシュ・ログリッチ(スロベニア、ユンボ・ヴィスマ)とエステバン・チャベス(コロンビア、ミッチェルトン・スコット)遅れたプリモシュ・ログリッチ(スロベニア、ユンボ・ヴィスマ)とエステバン・チャベス(コロンビア、ミッチェルトン・スコット) photo:CorVos
総合首位浮上を叶えたリチャル・カラパス(エクアドル、イネオス・グレナディアーズ)総合首位浮上を叶えたリチャル・カラパス(エクアドル、イネオス・グレナディアーズ) photo:CorVos
ユンボ勢で唯一残ったジョージ・ベネット(ニュージーランド)のコントロールを打ち破って総合8位エステバン・チャベス(コロンビア、ミッチェルトン・スコット)がアタックすると、それをきっかけに総合3位のリチャル・カラパス(エクアドル、イネオス・グレナディアーズ)と総合5位のヒュー・カーシー(イギリス、EFプロサイクリング)、総合9位マルク・ソレル(スペイン、モビスター)が抜け出し、先頭グループから遅れた選手たちをゴボウ抜き。追走で力を使っていたログリッチやマーティン、マイヨビアンコのエンリク・マス(スペイン、モビスター)は遅れを喫し、アシストが総脱落したことも重なりペースを上げることはできなかった。

結局カラパスはログリッチを43秒引き離してフィニッシュしたため、もともとの13秒差をひっくり返して総合首位浮上に成功する。総合5位カーシーが総合2位へのジャンプアップを叶えた一方、マーティンは総合3位に、ログリッチは総合4位に、そしてマスは総合5位にダウン。さらに総合6位だったクスは総合23位まで落ち、ユンボ・ヴィズマはチームランキングでも首位から3位まで転落することとなった。

休息日前の山岳ステージを終え、マイヨロホを射止めたカラパスはカーシーに18秒差、マーティンに20秒差、そしてログリッチに30秒差。過酷極まりないブエルタだけに、遅れたログリッチを含めまだまだ勝負の行方は分からない。

ブエルタ・ア・エスパーニャ2020第6ステージ結果
1位ヨン・イサギレ(スペイン、アスタナ)3:41:00
2位マイケル・ウッズ(カナダ、EFプロサイクリング)0:25
3位ルイ・コスタ(ポルトガル、UAEチームエミレーツ)
4位ロバート・パワー(オーストラリア、ミッチェルトン・スコット)0:27
5位ミケル・ヴァルグレン(デンマーク、NTTプロサイクリング)
6位ギヨーム・マルタン(フランス、コフィディス)
7位マティア・カッタネオ(イタリア、ドゥクーニンク・クイックステップ)0:38
8位ヒュー・カーシー(イギリス、EFプロサイクリング)0:48
9位ゴルカ・イサギレ(スペイン、アスタナ)0:53
10位セルジオ・エナオ(コロンビア、UAEチームエミレーツ)0:55
11位ダヴィ・ゴデュ(フランス、グルパマFDJ)
12位リチャル・カラパス(エクアドル、イネオス・グレナディアーズ)
13位マルク・ソレル(スペイン、モビスター)
14位ディラン・ファンバーレ(オランダ、イネオス・グレナディアーズ)1:02
15位ワウト・プールス(オランダ、バーレーン・マクラーレン)1:14
16位フェリックス・グロスチャートナー(オーストリア、ボーラ・ハンスグローエ)1:21
17位ダビ・デラクルス(スペイン、UAEチームエミレーツ)1:23
18位ダニエル・マーティン(アイルランド、イスラエル・スタートアップネイション)
19位マイケル・ストーラー(オーストラリア、サンウェブ)1:37
20位プリモシュ・ログリッチ(スロベニア、ユンボ・ヴィスマ)1:38
DNSフェルナンド・バルセロ(スペイン、コフィディス)
マイヨロホ 個人総合成績
1位リチャル・カラパス(エクアドル、イネオス・グレナディアーズ)24:34:39
2位ヒュー・カーシー(イギリス、EFプロサイクリング)0:18
3位ダニエル・マーティン(アイルランド、イスラエル・スタートアップネイション)0:20
4位プリモシュ・ログリッチ(スロベニア、ユンボ・ヴィスマ)0:30
5位エンリク・マス(スペイン、モビスター)1:07
6位フェリックス・グロスチャートナー(オーストリア、ボーラ・ハンスグローエ)1:30
7位マルク・ソレル(スペイン、モビスター)1:42
8位エステバン・チャベス(コロンビア、ミッチェルトン・スコット)2:02
9位ダビ・デラクルス(スペイン、UAEチームエミレーツ)2:46
10位アレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター)3:00
マイヨモンターニャ(山岳賞ジャージ)
1位ティム・ウェレンス(ベルギー、ロット・スーダル)19pts
2位リチャル・カラパス(エクアドル、イネオス・グレナディアーズ)18pts
3位ダニエル・マーティン(アイルランド、イスラエル・スタートアップネイション)16pts
マイヨプントス(ポイント賞ジャージ)
1位プリモシュ・ログリッチ(スロベニア、ユンボ・ヴィスマ)79pts
2位リチャル・カラパス(エクアドル、イネオス・グレナディアーズ)61pts
3位ダニエル・マーティン(アイルランド、イスラエル・スタートアップネイション)57pts
マイヨブランコ(ヤングライダー賞ジャージ)
1位エンリク・マス(スペイン、モビスター)24:35:46
2位ダヴィ・ゴデュ(フランス、グルパマFDJ)2:40
3位ジーノ・マーダー(スイス、NTTプロサイクリング)2:57
チーム総合成績
1位モビスター73:49:56
2位UAEチームエミレーツ3:37
3位ユンボ・ヴィズマ8:09
text:So Isobe
Amazon.co.jp 
の画像 SHIMANO(シマノ) DURA-ACE デュラエース R9100シリーズ クランクセット FC-R9100 52X36T 175mm 11S 33583
カテゴリー: Sports
メーカー: シマノ(SHIMANO)
参考価格: ¥50,848
最安価格: ¥49,469
アマゾン価格: ¥50,848
の画像 シマノ(SHIMANO) ST-R9170 左右レバーセット ハイドローリック 付属/ホース(SM-BH90-JK-SSR) ・オイル E-tubeポートX2 ISTR9170PA
カテゴリー: Sports
メーカー: シマノ(SHIMANO)
参考価格: ¥ 97,145
最安価格: ¥ 68,696
アマゾン価格: ¥ 68,696
の画像 シマノ(SHIMANO) ST-R9170 右レバーノミ ハイドローリック E-tubeポートX2 ISTR9170R
カテゴリー: Sports
メーカー: シマノ(SHIMANO)
参考価格: ¥40,058
最安価格: ¥38,186
アマゾン価格: ¥40,058