元旦恒例のDVV第6戦「GPスヴェンネイス」でマチュー・ファンデルポール(オランダ、アルペシン・フェニックス)が圧勝。女子はセイリン・デルカルメンアルバラード(オランダ)が、男子U23でアントワン・ブノワ(フランス)が勝利して新体制アルペシン・フェニックスが3カテゴリーを制覇。U23織田聖(弱虫ペダルサイクリングチーム)は46位、積田連(SNEL CYCLOCROSS TEAM)は50位だった。



序盤にリードするマイケル・ファントーレンハウト(ベルギー、パウェルズサウゼン・ビンゴール)	序盤にリードするマイケル・ファントーレンハウト(ベルギー、パウェルズサウゼン・ビンゴール) (c)CorVos
ベルギーのバールで開催されたDVVファルゼクリンゲン・トロフェー第6戦は、年明け早々1月1日の恒例レースとして親しまれれている大会。この街ゆかりのシクロクロスレジェンド、スヴェン・ネイス(現テレネット・フィデア監督)を称えて「GPスヴェンネイス」と呼ばれ、新体制のチームや、新機材、新デザインのジャージが披露される場としてもお馴染みだ。

今年の大きな流れはマチュー・ファンデルポールやセイリン・デルカルメンアルバラード(共にオランダ)が所属するコレンドン・サーカスがアルペシン・フェニックスに名称変更したほか、サーカス・ワンティゴベール(2019年までワンティ・グループゴベール)のシクロクロスチームであるトルマンス・シクロクロスチームが誕生し、好調のコルヌ・ファンケッセル(オランダ)とクィンティン・ヘルマンス(ベルギー)がテレネット・バロワーズから移籍したこと。また、コレンドン・サーカスから離脱したトム・メーウセン(ベルギー)はグループヘンス・マースコンテナーズのメンバーとなりレース活動を継続している。

下りテーブルトップ区間で先行するマチュー・ファンデルポール(オランダ、アルペシン・フェニックス)下りテーブルトップ区間で先行するマチュー・ファンデルポール(オランダ、アルペシン・フェニックス) (c)CorVos
テーブルトップでジャンプを決めるトーマス・ピッドコック(イギリス、トリニティレーシング)テーブルトップでジャンプを決めるトーマス・ピッドコック(イギリス、トリニティレーシング) (c)CorVos2番手争いに加わるクィンティン・ヘルマンス(ベルギー、トルマンス・シクロクロスチーム)2番手争いに加わるクィンティン・ヘルマンス(ベルギー、トルマンス・シクロクロスチーム) (c)CorVos新しいドゥクーニンク・クイックステップジャージに身を包んだゼネク・スティバル(チェコ)新しいドゥクーニンク・クイックステップジャージに身を包んだゼネク・スティバル(チェコ) (c)CorVos


EFエデュケーションファーストのモレノ・ホフランド(オランダ)と、新しいドゥクーニンク・クイックステップジャージに身を包んだゼネク・スティバル(チェコ)、そしてワンティのロードメンバーであるクサンドロ・ムーリッセ(ベルギー)が参加した男子レースでは、この日も世界王者ファンデルポールが主導権を握った。

序盤こそマイケル・ファントーレンハウト(ベルギー、パウェルズサウゼン・ビンゴール)がリードしたものの、ファンデルポールがペースを上げるとかろうじてエリ・イゼルビッド(ベルギー、パウェルズサウゼン・ビンゴール)が追従できたのみ。レース中盤にファンデルポールがもう一段加速すると、そのイゼルビッドも水を空けられた。

「このバールのコースはインターバルが多く、新年集まってくれる観客からも力をもらえるんだ。途中では毎年滑りやすい区間で一度落車したけれど、例年ほど危なくはなかったかな」というファンデルポールはこの日、余裕の走りで独走を続けた。

新しいチーム名を示しながらフィニッシュするマチュー・ファンデルポール(オランダ、アルペシン・フェニックス)新しいチーム名を示しながらフィニッシュするマチュー・ファンデルポール(オランダ、アルペシン・フェニックス) (c)CorVos
2位でフィニッシュするエリ・イゼルビッド(ベルギー、パウェルズサウゼン・ビンゴール)2位でフィニッシュするエリ・イゼルビッド(ベルギー、パウェルズサウゼン・ビンゴール) (c)CorVosコルヌ・ファンケッセル(オランダ)とクィンティン・ヘルマンス(ベルギー)コルヌ・ファンケッセル(オランダ)とクィンティン・ヘルマンス(ベルギー) (c)CorVos

男子エリート表彰台男子エリート表彰台 (c)CorVos
その後方ではイゼルビッドとファントーレンハウトのパウェルズサウゼン・ビンゴールコンビと、ファンケッセルとヘルマンスのトルマンスコンビ、そしてトーマス・ピッドコック(イギリス、トリニティレーシング)が激しい2位争いを繰り広げた。終盤に入ると下りのテーブルトップ区間でジャンプを披露するピッドコックがリードを稼ぎ、ここにジュニア時代からライバル関係を築いているイゼルビッドが合流。2人のランデブーは最終周回まで続き、最後は「ピっドコックも速かったけれど、自分は最終周回でも脚を残せていた」というイゼルビッドが先行。こうして表彰台のメンバーが選び出された。

「今回チームのスポンサーとなった2社にとっても素晴らしい勝利になった」と言うファンデルポールが圧勝した23秒後にイゼルビッドが入り、その17秒後にピッドコックが3位フィニッシュ。終盤のアタック合戦で遅れたファンケッセルは4位となり、新ジャージでのポディウム獲得はならなかった。



女子レースを圧倒したイリン・デルカルメンアルバラード(オランダ、アルペシン・フェニックス)女子レースを圧倒したイリン・デルカルメンアルバラード(オランダ、アルペシン・フェニックス) (c)DVV Verzekeringen Trofee
49名がエントリーした女子レースでは、序盤から新しいジャージに身を包むセイリン・デルカルメンアルバラード(オランダ、アルペシン・フェニックス)とアンマリー・ワースト(オランダ、777)が飛ばす展開に。1周目の下りテーブルトップ区間では先頭付近にいたルース・セルス(IKO・クレラン)が激しく落車する事態も起きた。

3周目に入ると「難しいコースだけど上手く走ることができた。アンマリー(ワースト)よりも今日は強く感じていた」と言うアルバラードがワーストを切り離して独走を開始する。後方からはオランダ王者のルシンダ・ブラント(オランダ、テレネット・バロワーズ)が2番手まで上げたものの、その時既にアルバラードは大きなリードを稼いでいた。

最後までペースを保ち続けたアルバラードが、目標とする世界選手権に向けて幸先良く2020年初勝利。11月から一度も表彰台を逃していない好調21歳がシーズン9勝目を射止めた。2位にはブラント、3位にはワースト、4位には欧州王者ヤラ・カステライン(オランダ、777)が入り、この日も上位をオランダ勢が独占することとなった。

また、U23男子レースには欧州遠征中の織田聖(弱虫ペダルサイクリングチーム)と積田連(SNEL CYCLOCROSS TEAM)が出場。勝利したアントワン・ブノワ(フランス、アルペシン・フェニックス)から6分44秒遅れの織田が46位で完走し、50位積田は惜しくも完走ならず。

織田聖(弱虫ペダルサイクリングチーム)は46位完走織田聖(弱虫ペダルサイクリングチーム)は46位完走 (c)Pigmon
積田連(SNEL CYCLOCROSS TEAM)は50位積田連(SNEL CYCLOCROSS TEAM)は50位 (c)Pigmon
「スタート直後の混戦で2,3回つまづいてしまったのですが、そこから混戦の中で前のパックに追いついて、そこから抜け出してを繰り返す展開でした。例年の氷ではありませんが、その分激マッドコンディションなので滑りやすく、選手たちもあちこちに飛んでいってしまう難しいレースでした。自分のコンディションは維持できていますし、レースにも慣れてきたので今後のレースでもさらに上げていきたいです」とは織田。積田は「スタートは上手く入れて、グリッドよりちょい上げくらい。自分としてはマッドコンディションにも慣れてきて収穫もあって、レースを楽しめました」と自身のSNSで報告している。
男子エリート結果
1位マチュー・ファンデルポール(オランダ、アルペシン・フェニックス)1:01:40
2位エリ・イゼルビッド(ベルギー、パウェルズサウゼン・ビンゴール)0:23
3位トーマス・ピッドコック(イギリス、トリニティレーシング)0:41
4位コルヌ・ファンケッセル(オランダ、トルマンス・シクロクロスチーム)0:47
5位マイケル・ファントーレンハウト(ベルギー、パウェルズサウゼン・ビンゴール)0:50
6位クィンティン・ヘルマンス(ベルギー、トルマンス・シクロクロスチーム)1:13
7位ローレンス・スウィーク(ベルギー、パウェルズサウゼン・ビンゴール)2:13
8位イェンス・アダムス(ベルギー、パウェルズサウゼン・ビンゴール)2:25
9位ティム・メルリエ(ベルギー、クレアフィン・フリスタッズ)2:38
10位ジャンニ・フェルメールシュ(ベルギー、クレアフィン・フリスタッズ)2:45
女子レース結果
1位セイリン・デルカルメンアルバラード(オランダ、アルペシン・フェニックス)45:19
2位ルシンダ・ブラント(オランダ、テレネット・バロワーズ)0:56
3位アンマリー・ワースト(オランダ、777)1:04
4位ヤラ・カステライン(オランダ、777)1:40
5位エヴァ・リヒナー(イタリア、クレアフィン・フリスタッズ)1:57
6位キャサリン・コンプトン(アメリカ、トレック・ナイトコンポジット)2:06
7位ブランカカータ・ヴァス(ルーマニア)2:23
8位エレン・ファンロイ(ベルギー、テレネット・バロワーズ)2:35
9位サンヌ・カント(ベルギー、IKO・クレラン)2:42
10位ラウラ・フェルドンショット(ベルギー、パウェルズサウゼン・ビンゴール)2:52
男子U23結果
1位アントワン・ブノワ(フランス、アルペシン・フェニックス)49:01
2位ティモ・キーリッヒ(ベルギー、クレアフィン・フリスタッズ)0:02
3位イェンティル・ベカールト(ベルギー、テレネット・バロワーズ)0:07
46位織田聖(弱虫ペダルサイクリングチーム)6:44
50位積田連(SNEL CYCLOCROSS TEAM)LAP
Text:So.Isobe
Photo:CorVos,Pigmon
Amazon.co.jp 
の画像 デウス ベルギービール 750ml瓶 箱入
カテゴリー: Alcoholic Beverage
メーカー: Brouwerij Bosteels
最安価格: ¥ 3,539
アマゾン価格: ¥ 3,539
の画像 高級ベルギービール飲み比べ6本 正規輸入品【シメイ、デュベル、デリリュウム、ドンゲルロー他】 専用ギフトボックスでお届け
カテゴリー: Alcoholic Beverage
メーカー: BEER EARTHギフトセット
最安価格: ¥ 3,980
アマゾン価格: ¥ 3,980
の画像 ヒューガルデンホワイト [ ベルギー 330ml×24本 ]
カテゴリー: Alcoholic Beverage
メーカー: Anheuser-Busch InBev Japan
最安価格: ¥ 6,826
アマゾン価格: ¥ 6,826