ツールのプロバイク特集第3弾は、チーム総合首位、ナイロ・キンタナによるステージ1勝、ミケル・ランダの総合6位という成績を挙げたモビスター。総合エース3名を揃えたモビスターが使用した機材を紹介しよう。



ナイロ・キンタナ(コロンビア)のキャニオン Ultimate CF SLX。第8ステージでは前輪にBORA 35 ULTRA、後輪にBORA 50 ULTRAを装着していたナイロ・キンタナ(コロンビア)のキャニオン Ultimate CF SLX。第8ステージでは前輪にBORA 35 ULTRA、後輪にBORA 50 ULTRAを装着していた photo:Makoto.AYANO
タイヤはコンチネンタルのプロ供給品COMPETITION PRO LTD(25mm)だタイヤはコンチネンタルのプロ供給品COMPETITION PRO LTD(25mm)だ photo:Makoto.AYANOナイロ・キンタナ(コロンビア)もハンドルバーステムを使用するナイロ・キンタナ(コロンビア)もハンドルバーステムを使用する photo:Makoto.AYANO


ナイロ・キンタナ(コロンビア)をエースに据え、アレハンドロ・バルベルデ(スペイン)やミケル・ランダ(スペイン)というチームを代表する選手たちでツールメンバーを固めたモビスター。今年のツールでは、他チームを圧倒する戦力でチーム総合首位、個人総合のトップ10にランダとバルベルデを送り込むことに成功し、キンタナによる山岳ステージ優勝という成績を収めた。

モビスターが使用する機材は昨年と変わらず、キャニオンのバイクにカンパニョーロのドライブトレインとホイールを組み合わせる。メインで使用していたフレームは山岳用軽量フレームのUltimate CF SLXで、エアロ系のAeroadも用意されていたようだ。タイムトライアルではSpeedmax CF SLXを使用する。

ブレーキタイプの選択は総合優勝を狙う他のチームと同じように、全選手がリムブレーキ仕様のバイクを選択。サポートカーに載せられていたバルベルデのAeroad CF SLXや、タイムトライアル用のSpeedmax CF SLXも全てリム仕様だ。ハンドル周りもキャニオンで、キンタナやバルベルデはステム一体式。マルク・ソレルは別体式を使用しているようだ。

アレハンドロ・バルベルデ(スペイン)のアルカンシェル仕様Ultimate CF SLXアレハンドロ・バルベルデ(スペイン)のアルカンシェル仕様Ultimate CF SLX photo:Makoto.AYANO
アレハンドロ・バルベルデ(スペイン)はスペアバイクとしてAeroad CF SLXも用意していたアレハンドロ・バルベルデ(スペイン)はスペアバイクとしてAeroad CF SLXも用意していた photo:Makoto.AYANO
ドライブトレインは年初に発表されたカンパニョーロの最新電動コンポSuper Record EPS 12sで、パワーメーターはPower2Maxを使用する。Speedmaxには12速ではなく、昨年同様にSuper Record EPS 11sがアセンブルされていた。

ホイールは山岳ステージではBORA 35 ULTRA、平坦ステージではBORA 50 ULTARAを主に使用する。デカールは特別なブルーカラーが供給されているが、バルベルデのホイールは特別なアルカンシェルカラー。キンタナは前35/後50という組み合わせを継続中。

タイムトライアルでは前輪にBORA WTO 77、後輪にBORA ULTRA TTを組み合わせる。タイヤはコンチネンタルのプロ供給専用品COMPETITION PRO LTD(25mm)がメイン。タイムトライアルで使用するBORA WTOがチューブレス仕様のためか、前輪にはGRANPRIX TTやGRAND PRIX 5000を使用していた。

モビスターのタイムトライアルバイクはキャニオン Speedmax CF SLXモビスターのタイムトライアルバイクはキャニオン Speedmax CF SLX photo:Makoto.AYANO
モビスターはフィジークのサポートを受けており、サドルとシューズを同ブランドで統一。キンタナはANTARESを好んでいるようで、メインバイクのUltimateはもちろん、SpeedmaxにもANTARESと思われる刺繍と滑り止め防止が施されたショートノーズサドル(ラインアップはない)がアセンブルされていた。

ボトルケージはわずか15gと超軽量を誇るエリートのLeggeroで、ボトル自体も軽量なFLY。バーテープはリザードスキンで、化粧テープにモビスターのチームロゴがあしらわれる特別品。バルベルデのバーテープはもちろんアルカンシェル仕様だ。

ナイロ・キンタナはANTARESを好んで使用するようだナイロ・キンタナはANTARESを好んで使用するようだ photo:Makoto.AYANOナイロ・キンタナ(コロンビア)のタイムトライアルバイクには、ラインアップには無いANTARESと思われる刺繍が施されたショートノーズサドルが搭載されていたナイロ・キンタナ(コロンビア)のタイムトライアルバイクには、ラインアップには無いANTARESと思われる刺繍が施されたショートノーズサドルが搭載されていた photo:Makoto.AYANO

タイムトライアルではカンパニョーロ BORA WTO 77を使用するタイムトライアルではカンパニョーロ BORA WTO 77を使用する photo:Makoto.AYANOモビスターのタイムトライアルバイクは現在もカンパニョーロ Super Recordの11速仕様モビスターのタイムトライアルバイクは現在もカンパニョーロ Super Recordの11速仕様 photo:Makoto.AYANO


photo:Makoto.AYANO
text:Gakuto Fujiwara
Amazon.co.jp 
の画像 ELITE(エリート) Cannibal(カンニバル) XC ボトルケージ 346640001 SKIN ソフトタッチブラック(0175007)
カテゴリー: Sports
メーカー: ELITE(エリート)
最安価格: ¥ 1,410
アマゾン価格: ¥ 1,958
の画像 ELITE(エリート) CUSTOM RACE SKIN BLK ・径:74mmノーマルボトル対応 ボトルケージ
カテゴリー: Sports
メーカー: ELITE(エリート)
参考価格: ¥ 1,705
最安価格: ¥ 1,197
アマゾン価格: ¥ 1,705
の画像 ELITE(エリート) PRISM(プリズム) カーボン ケージ 左 0356930004 カーボンマット/レッド
カテゴリー: Sports
メーカー: ELITE(エリート)
参考価格: ¥ 4,422
最安価格: ¥ 3,140
アマゾン価格: ¥ 3,980