シクロクロス世界選手権の第一種目、男子ジュニアでベルギー勢を置き去りにしたベン・トゥレット(イギリス)が2連覇を達成。鈴木来人(伊那北高校/ボンシャンス)が日本勢で唯一完走を果たした。日本選手のコメントと併せて紹介します。



柳澤創(Team CHAINRING)のゼッケンを用意柳澤創(Team CHAINRING)のゼッケンを用意 photo:Nobuhiko.Tanabeスタートラインに最前列に並んだティボー・ネイス(ベルギー)スタートラインに最前列に並んだティボー・ネイス(ベルギー) photo:Nobuhiko.Tanabe

滑りやすいキャンバー区間をこなす先頭グループ滑りやすいキャンバー区間をこなす先頭グループ photo:Nobuhiko.Tanabe
デンマークの港町ボーゲンセを舞台にいよいよシクロクロス世界選手権が開幕。上空を白い雲が覆う現地時間午前11時、80名出走の第1種目、男子ジュニアレースの号砲が轟いた。

1周目に好位置をキープしたのはシクロクロスレジェンドの息子ティボー・ネイス(ベルギー)やカテゴリー2連覇を見据えるベン・トゥレット(イギリス)、ピム・ロンハール(オランダ)ら。シクロクロス大国ではないスペインも2名を送り込みハイペースで1周目を消化していく。

後方からはベルギー勢が次々と合流し、2周目から組織的なチームプレーで人数を絞り込んでいった。3周目に入る頃にはワイツ・メーウセンとライアン・コルテンス(共にベルギー)が抜け出し必勝体制を組みに掛かった。

2周目、後続から次々と選手が合流し、先頭グループの人数が膨れあがる2周目、後続から次々と選手が合流し、先頭グループの人数が膨れあがる photo:Nobuhiko.Tanabeキャンバー区間を走る日本勢3名キャンバー区間を走る日本勢3名 photo:Nobuhiko.Tanabe

独走を開始したベン・トゥレット(イギリス)独走を開始したベン・トゥレット(イギリス) photo:Nobuhiko.Tanabe
トゥレットを追うワイツ・メーウセン(ベルギー)とライアン・コルテンス(ベルギー)トゥレットを追うワイツ・メーウセン(ベルギー)とライアン・コルテンス(ベルギー) photo:Nobuhiko.Tanabeワイツ・メーウセン(ベルギー)とライアン・コルテンス(ベルギー)が追うも、トゥレットとの距離は縮まらないワイツ・メーウセン(ベルギー)とライアン・コルテンス(ベルギー)が追うも、トゥレットとの距離は縮まらない photo:Nobuhiko.Tanabe


しかし、ここで2連覇を狙うトゥレットがロンハールを引き連れてベルギー勢に合流し、急勾配の登坂区間を前に自らアタック。この動きでロンハールが千切れ、スリッピーなキャンバーでベルギー勢が揃って足を滑らせる。ここが勝負の分け目となった。

ライバルの失速を確認したトゥレットは攻撃を続け、二人との差を4秒、5秒と広げていく。「ベルギーは2人を揃えていたけれど、お互い見合って積極的に追えない可能性を考えていた。パワーが必要なキャンバー登りは自分有利だったからそこで思い切り踏んだ」。そう振り返るトゥレットは最終周回までに34秒ものリードを稼ぎ出した。

ジュニアタイトル2連覇を果たしたベン・トゥレット(イギリス)ジュニアタイトル2連覇を果たしたベン・トゥレット(イギリス) photo:Nobuhiko.Tanabe65位で完走した鈴木来人(伊那北高校/ボンシャンス)65位で完走した鈴木来人(伊那北高校/ボンシャンス) photo:Nobuhiko.Tanabe

シクロクロス世界選手権2019 男子ジュニア表彰台シクロクロス世界選手権2019 男子ジュニア表彰台 photo:Nobuhiko.Tanabe
最終周回のキャンバー区間でミスを出しながらも、終始踏み倒し続けたトゥレットがジュニアカテゴリー2連覇を達成。今シーズン初めに膝に怪我を負い、成績が出せていない中での復活劇だった。

「レース序盤は冷静に走り、頭を使って展開を見ながら走っていた。厳しいシーズンを過ごしてきただけに喜びは大きいよ」とトゥレット。2位には最終周回に独走に持ち込んだメーウセン、3位がコルテンスで、ジュニア初年度のネイスは4位と表彰台には一つ届かなかった。

3名が出場した日本チームの中で鈴木来人(伊那北高校/ボンシャンス)が唯一65位で完走。序盤の落車に巻き込まれた小島大輝(SNEL CYCLOCROSS TEAM)、そして柳澤創(Team CHAINRING)はそれぞれ67位と68位で完走ならなかった。以下は3名のコメント。

鈴木来人(伊那北高校/ボンシャンス)

三船監督に迎えられる鈴木来人(伊那北高校/ボンシャンス)三船監督に迎えられる鈴木来人(伊那北高校/ボンシャンス) photo:Nobuhiko.Tanabe
「前はどんどん離れてしまうし、もう最初から物凄くキツかった。タイム差を見ながら”完走できないかな”と不安でしたが、何とかフィニッシュできて良かったです。(初めての世界選は)こんなにもタフなレースだとは思っていませんでした。正直準備不足が否めませんでしたが、その中で色々と助けてもらいました。来年以降はもっと準備を重ねて走れるようにしたいです」。

柳澤創(Team CHAINRING)

シケインを越える柳澤創(Team CHAINRING)シケインを越える柳澤創(Team CHAINRING) photo:Nobuhiko.Tanabe
初の世界戦で最低限完走を目指しましたが、達成することはできませんでした。しかしながら実際に世界中のトップ選手と走れた今回のレースでは、他では得られない非常に貴重な経験をすることができました。

小島大輝(SNEL CYCLOCROSS TEAM)

小島大輝(SNEL CYCLOCROSS TEAM)は67位小島大輝(SNEL CYCLOCROSS TEAM)は67位 photo:Nobuhiko.Tanabe
今回初めて、本場のレースを走りました。1周目、前半で2回もトラブル(追突、落車)があり、終始苦しいレースとなってしまいました。しかし、日本人の方々の応援で気持ちを切らさず走ることができました。結果はマイナス1ラップ67位で満足のいかない結果となってしまいましたが、次につなげられるレースとなりました。応援ありがとうございました!
シクロクロス世界選手権2019 男子ジュニア結果
1位ベン・トゥレット(イギリス)42’29’
2位ワイツ・メーウセン(ベルギー)+20”
3位ライアン・コルテンス(ベルギー)+27”
4位ティボー・ネイス(ベルギー)+42”
5位ピム・ロンハール(オランダ)+46”
6位トム・リンドナー(ドイツ)+47”
7位カルロス・ブランコ(スペイン)+48”
8位レナール・ベルマンス(ベルギー)+52”
9位ヤコブ・トゥパリック(チェコ)+56”
10位テオ・トマ(フランス)+1’02”
65位鈴木来人(伊那北高校/ボンシャンス)+5’57”
67位小島大輝(SNEL CYCLOCROSS TEAM)LAP
68位柳澤創(Team CHAINRING)LAP
text:So.Isobe
photo:Nobuhiko.Tanabe in Bogense, Denmark
Amazon.co.jp 
の画像 2020年東京五輪に参加するために読む本(にちぶんMOOK)
カテゴリー: Book
出版社: 日本文芸社
最安価格: ¥ 802
アマゾン価格: ¥ 802
の画像 bolle(ボレー) 5th Element Pro AG2R La Mondiale Blue Violet 12149
カテゴリー: Sports
メーカー: bolle(ボレー)
の画像 海洋堂 タケヤ式自在置物 龍 鉄錆地調 ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア KT-003
カテゴリー: Hobby
メーカー: 海洋堂(KAIYODO)
参考価格: ¥ 7,776
最安価格: ¥ 13,800