残り10km地点でリーダージャージのベヴィンが落車する波乱と、集団スプリントを制したユアンが頭突きによって降格扱いになる波乱。風が混乱を生み出したサントス・ツアー・ダウンアンダー第5ステージで、20歳のジャスパー・フィリプセン(ベルギー、UAEチームエミレーツ)が金星を飾った。


青い海と空を背にKOMセリックスヒルを登る青い海と空を背にKOMセリックスヒルを登る photo:Kei Tsuji
地図を見ながら逃げの計画を立てる?トーマス・デヘント(ベルギー、ロット・スーダル)地図を見ながら逃げの計画を立てる?トーマス・デヘント(ベルギー、ロット・スーダル) photo:Kei Tsuji第5ステージの朝を迎えた新城幸也(バーレーン・メリダ)第5ステージの朝を迎えた新城幸也(バーレーン・メリダ) photo:Kei Tsuji

第5ステージ グレネルグ〜ストラサルビン 149.5km/1,778m第5ステージ グレネルグ〜ストラサルビン 149.5km/1,778m photo:Santos Tour Down Under鼠色の雲から雨粒が落ちた前日とは打って変わって、アデレードに広がったのは抜けるような青い空。市内からトラムで30分の距離に位置するビーチタウンのグレネルグでサントス・ツアー・ダウンアンダー第5ステージのスタートが切られた。

夏の太陽が容赦なく照りつけたが、南から吹く風は涼しく気温も30度に達しない。4,000人の一般サイクリストがプロ選手と同じコースを走る『チャレンジツアー』が朝早くから開催された影響でスタートとフィニッシュはいつもより遅め。

今大会最長の149.5kmコースは、ざっくり言うと南下する前半が向かい風で、北上する後半が追い風。アデレードの市街地を離れて高速道路『サザンエクスプレスウェイ』に入るところでアクチュアルスタートが切られると、この日唯一のKOMセリックスヒルに向かって山岳賞ジャージを着るジェーソン・リー(オーストラリア、UniSAオーストラリア)がチームメイトのアイデン・トーヴェイ(オーストラリア、UniSAオーストラリア)とクレメン・シェヴリエ(フランス、アージェードゥーゼール)を引き連れて南風に挑み始めた。

総合には関係しない逃げではあるが、大会連覇を狙うミッチェルトン・スコットがボーナスタイム獲得作戦を遂行したため最大3分まで広がったタイム差は瞬く間に縮小した。狙い通りKOMセリックスヒルを先頭通過したリーらは、その3km先に位置する第1スプリント(47.2km地点)を前にメイン集団に吸収されてしまう。

ミッチェルトン・スコットにリードアウトされた総合2位ダリル・インピー(南アフリカ)がしっかりと第1スプリントを先頭通過(ボーナスタイム3秒獲得)したため、2番手通過の総合1位パトリック・ベヴィン(ニュージーランド、CCCチーム)との総合タイム差は7秒から6秒に縮小する。その後もミッチェルトン・スコットがアタックを封じ込めたため、集団は一つのまま第2スプリント(73.9km地点)に差し掛かり、ここは逆にベヴィンがインピーを下して先頭通過。結果的に、2つのスプリントで合計5秒のボーナスタイムを獲得した総合1位と総合2位のタイム差は変わらず。同時に『登れるスプリンター』の総合トップ2がクライマーたちをさらに突き放す結果となった。

KOMセリックスヒルで逃げのすぐ後ろに迫るメイン集団KOMセリックスヒルで逃げのすぐ後ろに迫るメイン集団 photo:Kei Tsuji
KOMセリックスヒルを先頭で駆け上がるジェーソン・リー(オーストラリア、UniSAオーストラリア)KOMセリックスヒルを先頭で駆け上がるジェーソン・リー(オーストラリア、UniSAオーストラリア) photo:Kei Tsujiリーダージャージを着て走るパトリック・ベヴィン(ニュージーランド、CCCチーム)リーダージャージを着て走るパトリック・ベヴィン(ニュージーランド、CCCチーム) photo:Kei Tsuji
集団先頭に位置するリーダージャージのパトリック・ベヴィン(ニュージーランド、CCCチーム)集団先頭に位置するリーダージャージのパトリック・ベヴィン(ニュージーランド、CCCチーム) photo:Kei Tsuji
一旦レースが落ち着くと、トーヴェイが今度はマチュー・ラダニュ(フランス、グルパマFDJ)とともに逃げを打ち、メイン集団とのタイム差を3分30秒まで引き離すことに成功する。しかし観光地ヴィクターハーバーを抜けて徐々にコースの進路が北に向くと状況は一変。追い風に乗って高速巡航したメイン集団はすぐに逃げデュオを引き戻した。

残り35km地点からフィニッシュラインまでは概ね追い風で、右後ろから風を受けながらプロトンは平野を駆け抜けた。残り32km地点でユンボ・ヴィズマが隊列を組んで先頭に上がると集団は縦一列棒状となったが、決定的な動きにはならない。続くボーラ・ハンスグローエとチームスカイの攻撃は中切れを生み出したが、結果的にこのペースアップも集団の崩壊には繋がらなかった。

チームメイトを引き連れる新城幸也(バーレーン・メリダ)も先頭に上がりながらナーバスな状態で進んだメイン集団の中で、ちょうどフィニッシュまで10kmを切ったところで落車が発生する。最初に転倒したのは、他でもないリーダージャージのベヴィンだった。

負傷しながらもバイクにまたがって再スタートしたベヴィン。マイケル・ウッズ(カナダ、EFエデュケーションファースト)によると、ベヴィン落車の一報を受けたミッチェルトン・スコットとインピーがメイン集団の先頭に立ってペースダウンを呼びかけた。『総合リーダーが落車等で遅れた場合は待つ』というロードレースの紳士協定により、スプリンターチームは位置どりを続けながらも少し減速。チームメイトと車列に連れられる形で、残り3km地点でベヴィンは集団復帰を果たしている。

集団スプリントに向けて最終的に主導権を握ったのはドゥクーニンク・クイックステップ。真っ赤なナショナルチャンピオンジャージを着るミケル・モルコフ(デンマーク)とファビオ・サバティーニ(イタリア)、エリア・ヴィヴィアーニ(イタリア)の順で残り1kmアーチと、その後の直角コーナー2つをクリアする。向かい風が吹く最終ストレートに突入すると、ヴィヴィアーニの番手につけていたペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ)の後ろからカレブ・ユアン(オーストラリア、ロット・スーダル)が真っ先に加速を開始した。

強風区間でペースアップするチームスカイとユンボ・ヴィズマ強風区間でペースアップするチームスカイとユンボ・ヴィズマ photo:CorVos
サバティーニに発射されるエリア・ヴィヴィアーニ(イタリア、ドゥクーニンク・クイックステップ)サバティーニに発射されるエリア・ヴィヴィアーニ(イタリア、ドゥクーニンク・クイックステップ) photo:Kei Tsuji
スプリントで先頭に立つカレブ・ユアン(オーストラリア、ロット・スーダル)スプリントで先頭に立つカレブ・ユアン(オーストラリア、ロット・スーダル) photo:Kei Tsuji
競り合うジャスパー・フィリプセン(ベルギー、UAEチームエミレーツ)とカレブ・ユアン(オーストラリア、ロット・スーダル)競り合うジャスパー・フィリプセン(ベルギー、UAEチームエミレーツ)とカレブ・ユアン(オーストラリア、ロット・スーダル) photo:Kei Tsuji
先頭でフィニッシュラインに向かうジャスパー・フィリプセン(ベルギー、UAEチームエミレーツ)とカレブ・ユアン(オーストラリア、ロット・スーダル)、ペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ)先頭でフィニッシュラインに向かうジャスパー・フィリプセン(ベルギー、UAEチームエミレーツ)とカレブ・ユアン(オーストラリア、ロット・スーダル)、ペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ) photo:Kei Tsuji
サバティーニに発射されたヴィヴィアーニとユアン、ジャスパー・フィリプセン(ベルギー、UAEチームエミレーツ)が先頭に立ち、その間を縫ってポジションを上げたサガンも絡むスプリント。先頭でハンドルを投げ込んだ『ポケットロケット』ユアンがガッツポーズ。しかし位置どりのタイミングでフィリプセンに数発の頭突きをしていたとしてUCIコミッセールはユアンの降格を決めた。ユアンは同タイムの集団最後尾に降格扱いとなった他に、500スイスフランの罰金と15ポイントの減点、30秒のペナルティを受けている。

ユアンの降格により、ステージ優勝の栄冠は2番手でフィニッシュしたフィリプセンの手に。「今日はすごく調子が良かった。世界最速スプリンターの一人であるカレブ(ユアン)とサガンの番手を争うことになり、彼が降格になってしまったことは少し不公平にも思う。自分にとってのUCIワールドツアー初勝利は意外な形でやってきたけど満足している。とにかくサポートしてくれたチームメイト全員に感謝だ」と若いベルジャンスプリンターは語る。フィリプセンは今季ハーゲンバーマン・アクションからUAEチームエミレーツに移籍し、UCIワールドチームでUCIワールドツアーレースデビューを飾ったばかりの20歳(1998年3月2日生まれ)。このダウンアンダーでは第1ステージ6位、第2ステージ5位という成績を残していた。

ハンドルを投げ込むジャスパー・フィリプセン(ベルギー、UAEチームエミレーツ)とカレブ・ユアン(オーストラリア、ロット・スーダル)、ペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ)ハンドルを投げ込むジャスパー・フィリプセン(ベルギー、UAEチームエミレーツ)とカレブ・ユアン(オーストラリア、ロット・スーダル)、ペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ) photo:Kei Tsuji
先着したカレブ・ユアン(オーストラリア、ロット・スーダル)が手を上げる先着したカレブ・ユアン(オーストラリア、ロット・スーダル)が手を上げる photo:Kei Tsuji
出し切ってフィニッシュする新城幸也(バーレーン・メリダ)出し切ってフィニッシュする新城幸也(バーレーン・メリダ) photo:Kei Tsujiチームメイトに感謝するカレブ・ユアン(オーストラリア、ロット・スーダル)チームメイトに感謝するカレブ・ユアン(オーストラリア、ロット・スーダル) photo:Kei Tsuji

ローハン・デニス(オーストラリア)らの位置どりに徹した新城が「ギアが足りなかった」という通り、終盤の最高スピードは80km/hオーバー。ベヴィンの集団復帰を待つためにスピードを落としたにも関わらず、残り20km地点からフィニッシュ地点まで平均スピード53.4km/hで駆け抜けている。

出し切った表情でフィニッシュした新城は「残り5kmの登りでポジションを下げながらもそこからまた前に上がって、ローハン(デニス)を連れて先頭まで上がりました。残り1.5kmの左コーナーを抜けるところまで彼を連れて行って、自分はそこで『もう無理』と言って下がった」と語る。バーレーン・メリダのデニスとドメニコ・ポッツォヴィーヴォ(イタリア)はともに総合トップから26秒遅れのポジションにつけている。

落車したベヴィンはタイムを失うことなくステージ43位でフィニッシュ。総合首位を守ったものの、肋骨のあたりを押さえながら救急車に向かったベヴィンは表彰式に出ることなく病院へと搬送された。怪我の状態や翌日のスタート可否の情報はまだ発表されていない。

パトリック・ベヴィン(ニュージーランド、CCCチーム)に声を掛けるダリル・インピー(南アフリカ、ミッチェルトン・スコット)パトリック・ベヴィン(ニュージーランド、CCCチーム)に声を掛けるダリル・インピー(南アフリカ、ミッチェルトン・スコット) photo:Kei Tsuji
救急車に向かうパトリック・ベヴィン(ニュージーランド、CCCチーム)救急車に向かうパトリック・ベヴィン(ニュージーランド、CCCチーム) photo:Kei Tsuji追い風吹くハイスピードレースを終えた新城幸也(バーレーン・メリダ)追い風吹くハイスピードレースを終えた新城幸也(バーレーン・メリダ) photo:Kei Tsuji
ステージ優勝を飾った20歳のジャスパー・フィリプセン(ベルギー、UAEチームエミレーツ)ステージ優勝を飾った20歳のジャスパー・フィリプセン(ベルギー、UAEチームエミレーツ) photo:Kei Tsuji
サントス・ツアー・ダウンアンダー2019第5ステージ結果
1位ジャスパー・フィリプセン(ベルギー、UAEチームエミレーツ)3:37:00
2位ペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ)
3位ダニー・ファンポッペル(オランダ、ユンボ・ヴィズマ)
4位イェンス・デブシェール(ベルギー、カチューシャ・アルペシン)
5位エリア・ヴィヴィアーニ(イタリア、ドゥクーニンク・クイックステップ)
6位フィル・バウハウス(ドイツ、バーレーン・メリダ)
7位セース・ボル(オランダ、サンウェブ)
8位ライアン・ギボンズ(南アフリカ、ディメンションデータ)
9位ワウト・プールス(オランダ、チームスカイ)
10位ダヴィデ・バッレリーニ(イタリア、アスタナ)
72位新城幸也(日本、バーレーン・メリダ)
個人総合成績
1位パトリック・ベヴィン(ニュージーランド、CCCチーム)17:00:25
2位ダリル・インピー(南アフリカ、ミッチェルトン・スコット)0:00:07
3位ルイスレオン・サンチェス(スペイン、アスタナ)0:00:16
4位ライアン・ギボンズ(南アフリカ、ディメンションデータ)0:00:26
5位ヤン・ポランツェ(スロベニア、UAEチームエミレーツ)
6位ルーベン・ゲレイロ(ポルトガル、カチューシャ・アルペシン)
7位ジョージ・ベネット(ニュージーランド、ユンボ・ヴィズマ)
8位クリス・ハミルトン(オーストラリア、サンウェブ)
9位ワウト・プールス(オランダ、チームスカイ)
10位マイケル・ウッズ(カナダ、EFエデュケーションファースト)
ポイント賞
1位パトリック・ベヴィン(ニュージーランド、CCCチーム)56pts
2位ペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ)50pts
3位エリア・ヴィヴィアーニ(イタリア、ドゥクーニンク・クイックステップ)45pts
山岳賞
1位ジェーソン・リー(オーストラリア、UniSAオーストラリア)30pts
2位ジョージ・ベネット(ニュージーランド、ユンボ・ヴィズマ)16pts
3位マヌエーレ・ボアーロ(イタリア、アスタナ)14pts
ヤングライダー賞
1位ライアン・ギボンズ(南アフリカ、ディメンションデータ)17:00:51
2位ルーベン・ゲレイロ(ポルトガル、カチューシャ・アルペシン)
3位クリス・ハミルトン(オーストラリア、サンウェブ)
チーム総合成績
1位UAEチームエミレーツ51:02:33
2位ミッチェルトン・スコット0:00:28
3位バーレーン・メリダ
text&photo:Kei Tsuji in Adelaide, Australia
Amazon.co.jp 
の画像 SHIMANO(シマノ) DURA-ACE デュラエース R9100シリーズ リアディレーラー RD-R9100 11S 対応CS ロー側最大25-30T (トップ14Tギア対応) 33600
カテゴリー: Sports
メーカー: シマノ(SHIMANO)
参考価格: ¥ 23,211
最安価格: ¥ 17,497
アマゾン価格: ¥ 17,940