ハンマーシリーズ第2戦リンブルフの2日目、ハンマースプリントでカレブ・ユアン(オーストラリア)を中心にポイントを量産したミッチェルトン・スコットが優勝。総合成績トップのクイックステップフロアーズが最終日のハンマーチェイスを先頭でスタートする権利を得た。



平坦な周回コースを平均50km/h弱のハイペースで駆け抜ける平坦な周回コースを平均50km/h弱のハイペースで駆け抜ける photo:CorVos
ハンマースプリント周回コースハンマースプリント周回コース photo:Hammer Seriesハンマースプリント周回コースハンマースプリント周回コース photo:Hammer Series

その名の通りスプリンター向きのハンマースプリントは、オランダ南部リンブルフ州のシッタルト・ヘーレン郊外に作られた平坦な12.4km周回コースを8周する。初日のハンマークライムと同様に毎周回フィニッシュライン通過時の上位10名選手にポイント(100pts、81pts、66pts、53pts、43pts、35pts、28pts、23pts、19pts、15pts)が与えられ、2周目、5周目、8周目は2倍ポイント。どのチームも平坦系選手を選抜してこのポイントレースに挑んだ。

すべての周回で集団スプリントを狙うチームや、アタックを仕掛けてポイントを稼いでいくチーム、エーススプリンターを温存して2倍ポイント周回に勝負をかけるチームなど、様々なチームの戦略が交錯しながらレースは展開していく。序盤から積極的にポイントを稼いだのはクイックステップフロアーズやサンウェブ、ロットNLユンボ、ミッチェルトン・スコット、ボーラ・ハンスグローエで、ちょうどレースが半分(4周回)を終えた時点で453ポイントを稼いだクイックステップフロアーズが暫定首位。ミッチェルトン・スコットが395ポイント、ボーラ・ハンスグローエが361ポイント、ロットNLユンボが333ポイントで追いかけた。

10名ほどの先頭グループが形成されるシーンも見られたが、レース後半はミッチェルトン・スコットが集団を支配した。カレブ・ユアン(オーストラリア、ミッチェルトン・スコット)が5周目と6周目を先頭通過してポイントを伸ばし、アルバロホセ・ホッジ(コロンビア)をエースに据えるクイックステップフロアーズを突き放した。

スプリントでポイントを量産したカレブ・ユアン(オーストラリア、ミッチェルトン・スコット)スプリントでポイントを量産したカレブ・ユアン(オーストラリア、ミッチェルトン・スコット) photo:CorVos
最終フィニッシュラインまで逃げ切ったラッセノーマン・ハンセン(デンマーク、アクアブルースポート)最終フィニッシュラインまで逃げ切ったラッセノーマン・ハンセン(デンマーク、アクアブルースポート) photo:CorVos
残り3周を切るとマッティ・ブレシェル(デンマーク、EFエデュケーションファースト・ドラパック)とラッセノーマン・ハンセン(デンマーク、アクアブルースポート)の逃げが生まれ、ハンセンがフィニッシュまで逃げ切ったものの、ユアンが8周目の最終スプリントで集団先頭を取ってさらにポイントを加算。最終的に568.3ポイントを獲得したユアンと、375.6ポイントを獲得したルカ・メズゲッツ(スロベニア)の健闘により、クイックステップフロアーズに405ポイント差をつけたミッチェルトン・スコットが快勝した。

「常に状況を読み、3番手や4番手通過に専念することもあれば、リードアウトを形成して集団先頭を狙う時もあった。今日の勝利の鍵は状況に合わせて走ったこと」と、ユアンとともにポイントを稼いだリードアウト役のメズゲッツは語る。

この日の平均スピードは49.6km/h。グレッグ・ヴァンアーヴェルマート(ベルギー、BMCレーシング)の公開データによると、最高スピードは66.4km/hで、ヴァンアーヴェルマートは1時間54分33秒にわたって平均300W(NP360W)、最大1,280Wを出力している。

ハンマースプリントに挑んだ別府史之(トレック・セガフレード)らハンマースプリントに挑んだ別府史之(トレック・セガフレード)ら photo:CorVos
ハンマースプリントを制したミッチェルトン・スコットハンマースプリントを制したミッチェルトン・スコット photo:CorVos
ハンマークライムとハンマースプリントの結果を受け、総合成績で首位に立ったのはクイックステップフロアーズ。総合優勝を狙う権利を得たのは上位8チーム(第1グループ)で、クイックステップフロアーズは総合2位バーレーン・メリダから30秒、総合3位ロットNLユンボから58秒、総合4位ミッチェルトン・スコットから1分23秒のリードをもって最終日のハンマーチェイスをスタートすることに。

ハンマーチェイスはハンマースプリントと同じ12.4km周回コースを3周する。時間差でスタートする第1グループの中で最も早くフィニッシュラインを切ったチームが総合優勝に輝く仕組み。下位8チーム(第2グループ)は総合優勝を狙えないが、計測タイムによるハンマーチェイス優勝のチャンスは残されている。
ハンマーリンブルフ2018スプリント結果
1位ミッチェルトン・スコット1120.5pts
2位クイックステップフロアーズ715.1pts
3位ロットNLユンボ581.4pts
4位ボーラ・ハンスグローエ516.9pts
5位イスラエルサイクリングアカデミー340.8pts
6位バーレーン・メリダ337.1pts
7位アクアブルースポート315.0pts
8位EFエデュケーションファースト・ドラパック278.6pts
9位サンウェブ261.6pts
10位BMCレーシング247.2pts
11位チームスカイ203.5pts
12位ロット・スーダル83.2pt
13位トレック・セガフレード33.5pt
14位UAEチームエミレーツ28.2pt
15位NIPPOヴィーニファンティーニ22.9pt
16位カハルーラル0pt
ハンマーチェイス スタート時間(第1グループ)
総合順位スタート時間チーム名
1位18:10:00クイックステップフロアーズ       
2位18:10:30バーレーン・メリダ
3位18:10:58ロットNLユンボ
4位18:11:23ミッチェルトン・スコット
5位18:11:46ボーラ・ハンスグローエ
6位18:12:07ロット・スーダル
7位18:12:27チームスカイ
8位18:12:47BMCレーシング
ハンマーチェイス スタート時間(第2グループ)
総合順位スタート時間チーム名
9位17:00:00サンウェブ
10位17:00:30イスラエルサイクリングアカデミー
11位17:00:58EFエデュケーションファースト・ドラパック
12位17:01:23アクアブルースポート
13位17:01:46カハルーラル
14位17:02:07トレック・セガフレード
15位17:02:27NIPPOヴィーニファンティーニ
16位17:02:47UAEチームエミレーツ
Amazon.co.jp 
の画像 岡坂商店 本場讃岐うどん 半生うどん お徳用セット(40-60食分(300g×20袋・めんつゆ無し))【家庭用・贈答用・お歳暮・お中元・各種熨斗・ギフト包装対応】
カテゴリー: Grocery
メーカー: 有限会社岡坂商店
参考価格: ¥ 4,800
最安価格: ¥ 4,800
アマゾン価格: ¥ 4,800
の画像 マルタイラーメン 164g×10袋
カテゴリー: Grocery
メーカー: マルタイ
参考価格: ¥ 1,674
最安価格: ¥ 1,253
アマゾン価格: ¥ 1,253