パリ〜ルーベに挑んだ各チームのバイクを紹介する最終回。セップ・ヴァンマルクやアルノー・デマールらの石畳用バイクを紹介します。



セップ・ヴァンマルク(ベルギー、EFエデュケーションファースト・ドラパック)
キャノンデール SYNAPSE HI-MOD DISC


セップ・ヴァンマルク(ベルギー、EFエデュケーションファースト・ドラパック)のキャノンデール SYNAPSE HI-MOD DISCセップ・ヴァンマルク(ベルギー、EFエデュケーションファースト・ドラパック)のキャノンデール SYNAPSE HI-MOD DISC photo:Makoto.Ayano
セップ・ヴァンマルク(ベルギー)とテイラー・フィニー(アメリカ)をトップ10に送り込んだEFエデュケーションファースト・ドラパックでは、メンバー全員が昨夏発表されたキャノンデールの新型エンデュランスロードSYNAPSE HI-MOD DISCを使用した。

FSAのSL-Kステム(マイナス12度)を用いてハンドル位置を下げるFSAのSL-Kステム(マイナス12度)を用いてハンドル位置を下げる photo:Makoto.AyanoヴィジョンのMETRON 40 SL DISCホイールにヴィットリアのCORSA CONTROL(30mm)を取り付けるヴィジョンのMETRON 40 SL DISCホイールにヴィットリアのCORSA CONTROL(30mm)を取り付ける photo:Makoto.Ayano

ボトルケージは通常レースで使うものと同じボトルケージは通常レースで使うものと同じ photo:Makoto.AyanoFSA製のインナーリングは46Tに換装されていたFSA製のインナーリングは46Tに換装されていた photo:Makoto.Ayano


ホイールはチーム供給仕様のデカールが貼られたヴィジョンのMETRON 40 SL DISCで、パリ〜ルーベ中最もワイドな30mm幅のヴィットリア CORSA CONTROLを貼り付けた。普段のレースで使うSUPERSIX EVO HI-MODと比較してヘッドチューブ長が伸びるが、FSAのSL-Kステム(マイナス12度)を用いてハンドル位置を下げているほか、フィニーのバイクからはヘッドセットのトップキャップが取り除かれていた。

また、高速レースを想定してFSA製のインナーリングは46Tに換装。SRMを装備したキャノンデールのSiSL2クランクを介してR9150系デュラエースDi2を駆動させる。サンウェブやトレック・セガフレードと同じくディスクブレーキローターはロード/シクロクロス用のSM-RT99。生産上の課題が生じた専用コックピット「SAVEシステムバー」は装備されていなかった。



アルノー・デマール(フランス、グルパマFDJ)
ラピエール PULSIUM ULTIMATE


アルノー・デマール(フランス、グルパマFDJ)のラピエール PULSIUM ULTIMATEアルノー・デマール(フランス、グルパマFDJ)のラピエール PULSIUM ULTIMATE photo:Makoto.Ayano
アルノー・デマール(フランス)をエースに据えたグルパマFDJもノーマルロードではなく、パリ〜ルーベのためにエンデュランスロードを投入したチーム。メンバー全員が昨年刷新されたラピエールのPULSIUM ULTIMATEを駆り石畳に挑んだ。

エラストマーを使用した独自の振動減衰機構「SAT」を搭載したフレームはチームカラーのフレンチトリコロールにペイントされるが、デマールのみブルー部分がメタリックカラーの市販モデルに乗る。その他メンバーはマットブルー+銀ロゴのチーム仕様だ。

FSAのSL-Kステム(マイナス12度)を使い、ヘッドセットのトップキャップを抜いてハンドル位置を下げているFSAのSL-Kステム(マイナス12度)を使い、ヘッドセットのトップキャップを抜いてハンドル位置を下げている photo:Makoto.Ayanoスタート前にボトルケージを曲げるメカニックスタート前にボトルケージを曲げるメカニック photo:Makoto.Ayano

上ハンドルにはスプリンタースイッチを2つ配置する上ハンドルにはスプリンタースイッチを2つ配置する photo:Makoto.Ayano選手によってバーテープを巻く範囲はまちまち選手によってバーテープを巻く範囲はまちまち photo:Makoto.Ayano

他選手が駆る通常カラーのPULSIUM ULTIMATE他選手が駆る通常カラーのPULSIUM ULTIMATE photo:Makoto.Ayano
ヘッドチューブが長くなるため、ほとんどのバイクからヘッドセットのトップキャップが取り除かれていたほか、スプリンターのデマールはスポンサー外のFSA SL-Kステム(マイナス12度)でハンドル位置を低くセッティング。ホイールは全員WH-R9100-C40で揃え、タイヤはコンチネンタルCOMPETITION PRO LTD RBXだった。

上ハンドルポジションでのシフト操作を容易にするべくスプリンタースイッチをステムクランプ両側に装備し、PROのバーテープを厚めに二重巻き、さらにボトルケージをエリートのCiussi GELに変更。スタート前にはメカニックがケージを握り込む光景が確認できた。



ルスラン・トルウバイエフ(カザフスタン、アスタナ)
アルゴン18 GALLIUM


ルスラン・トルウバイエフ(カザフスタン、アスタナ)のアルゴン18 GALLIUMルスラン・トルウバイエフ(カザフスタン、アスタナ)のアルゴン18 GALLIUM photo:Makoto.Ayano
アスタナは前週のロンド・ファン・フラーンデレンから継続してアルゴン18のオールラウンドモデル、GALLIUMをパリ〜ルーベにも投入。通常使うハイエンドのGALIUM PROでなく、快適性を狙ってセカンドグレードを選択するのはカザフチーム定番の機材選択だ。

コリマのエントリーグレードカーボンホイール「47WS」とFMBのPARIS ROUBAIXという組み合わせも変わらないが、ロンドと比較してタイヤ幅が28mmと2mmワイドになっている。一台だけ「WOLFPACK RACE TUBELAR」表記が入るタイヤを取り付けたマシンが存在した。

コリマの47WSホイールにFMBのPARIS ROUBAIXという組み合わせコリマの47WSホイールにFMBのPARIS ROUBAIXという組み合わせ photo:Makoto.AyanoWOLFPACK RACE TUBELAR表記が入る、詳細不明のチューブラータイヤWOLFPACK RACE TUBELAR表記が入る、詳細不明のチューブラータイヤ photo:Makoto.Ayano

駆動系にはFSA製品が多く使用されている駆動系にはFSA製品が多く使用されている photo:Makoto.Ayanoタイヤクリアランスを確保すべく、ブレーキキャリパーはTRPに変更タイヤクリアランスを確保すべく、ブレーキキャリパーはTRPに変更 photo:Makoto.Ayano

先代GALLIUMをベースに石畳クラシック専用カスタムを施したスペシャルマシン先代GALLIUMをベースに石畳クラシック専用カスタムを施したスペシャルマシン photo:Makoto.Ayano
なお、チームカーのルーフ上にはスペアとして、アルゴン18が先代GALLIUMをベースに石畳クラシック専用カスタムを施したスペシャルマシン「クラシックエディション」も搭載されていた。現行モデルとは異なりシートステーがベンド形状であることが外観上の特徴だ。

FSAと協力関係にあるため、主にクランクセットは同社製品の使用率が高い。ワイドタイヤとのクリアランスを確保するためにブレーキはTRP製を用いたことも石畳レース用のカスタムだ。



ヤニック・マルティネス(フランス、デルコ・マルセイユプロヴァンスKTM)
KTM REVELATOR SKY DMP


ヤニック・マルティネス(フランス、デルコ・マルセイユプロヴァンスKTM)のKTM REVELATOR SKY DMPヤニック・マルティネス(フランス、デルコ・マルセイユプロヴァンスKTM)のKTM REVELATOR SKY DMP photo:Makoto.Ayano
上位に選手を送り込むことはできなかったが、1時間遅れで失格となったものの、ブルームワゴンを従えながらヴェロドロームに辿り着いたエヴァルダス・シスケヴィシオス(リトアニア)のストーリーが話題を呼んだデルコ・マルセイユプロヴァンスKTM。かつてラポム・マルセイユとして活動し、アマチュア時代の別府史之(現トレック・セガフレード)を育てた名門チームが使うのは、日本ではオートバイで知られるオーストリアブランド、KTM。そのオールラウンドモデルのディスクブレーキバージョン、REVELATOR SKY DMPをメンバー全員が使用した。

カンガルー柄のサイクルキャップカンガルー柄のサイクルキャップ photo:Makoto.Ayanoチームカーにはサブバイクとしてリムブレーキモデルも搭載チームカーにはサブバイクとしてリムブレーキモデルも搭載 photo:Makoto.Ayano

ハンドル周りとシートポストはコントロールテックで統一ハンドル周りとシートポストはコントロールテックで統一 photo:Makoto.AyanoブレーキローターはTRP(写真)とスラムが混用されていたブレーキローターはTRP(写真)とスラムが混用されていた photo:Makoto.Ayano


鮮やかなスカイブルーにペイントされたフレームに搭載するのはスラムのRED eTap HRD。画像で判断する限り高速レースを見据えたインナーチェーンリングの大型化などは行われていない。ディスクローターはスラムとTRPが混在し、フラットマウントの台座はシマノ製と統一感はまちまち。

チームカラーのステッカーが貼られたコリマホイールは、アスタナと同じくエントリーグレードのWSシリーズ。組み合わせるタイヤはシュワルベのG-ONE SPEED HTとマニアックなパーツ選択を行う。フランスのチームらしくペダルはタイムで、ハンドル周りとシートポストはコントロールテックで統一されている。

text:So.Isobe
photo:Makoto.Ayano
Amazon.co.jp 
の画像 ロード・トゥ・ルーベ [DVD]
カテゴリー: DVD
メーカー: アップリンク
参考価格: ¥ 4,180
最安価格: ¥ 3,559
アマゾン価格: ¥ 3,559
の画像 チェイシング・レジェンド(特典DVD付き2枚組)
カテゴリー: DVD
メーカー: 東宝
の画像 パンターニ 海賊と呼ばれたサイクリスト [DVD]
カテゴリー: DVD
メーカー: ユーロピクチャーズ
最安価格: ¥ 3,135
アマゾン価格: ¥ 3,135