フェルトがアメリカ・南カリフォルニアに本社を移転。その新社屋落成記念として抽選で2名のフェルトオーナーに同社のロゴが入ったオリジナルブルゾンをプレゼントする。募集は日本総代理店であるライトウェイプロダクツジャパンのツイッターにて行われる。以下、プレスリリースより紹介しよう。



FELT は開発を強化するためにカリフォルニアに全ての機能を集約したグローバル本社を設立
新本社移転記念のオーナー向けプレゼントも実施

フェルトがアメリカ・カリフォルニアに本社を移転フェルトがアメリカ・カリフォルニアに本社を移転 (c)ライトウェイプロダクツジャパン
ライトウェイプロダクツ ジャパンは、同社が日本販売元を務める、設計・素材・技巧で極める最先端のライディングを目指す「FELT BICYCLES」が南カリフォルニアに全世界の拠点となる新本社を移転したことを発表いたします。

南カリフォルニアは全米トップクラスの宇宙研究、エアロダイナミクス研究の大学や施設が集積し、最先端のバイク開発に欠かせない人材と機材に容易にアクセスできるのが特徴です。さらに世界中に路線を持つハブ空港であるロサンゼルス国際空港まで1時間というアクセス良さもグローバルな成長を続けるFELTにとって重要でした。FELTはここを拠点に研究開発、選手の育成に積極的に投資することでさらなる成長を目指していきます。

フェルト創業者の1人であるビル・ドーリング氏が社内を案内してくれたフェルト創業者の1人であるビル・ドーリング氏が社内を案内してくれた (c)ライトウェイプロダクツジャパンフェルトの輝かしい軌跡が飾られているフェルトの輝かしい軌跡が飾られている (c)ライトウェイプロダクツジャパン


社内を案内してくれたのは FELT創業者のひとり、ビル・ドーリング氏。自転車店を営む家で生まれ、MTB 黎明期からバイク開発に携わり、最高のバイクを目指してFELTを創業。長男のジェーク・ドーリング氏はトラック世界選手権に出場し、現在FELTのアスリートマネジメントを担当している生粋の自転車家系です。

他の社員もランチを早めに済ませてテストコースを走るランチライドが大好きなレーサーが集まっています。社内のギャラリーには歴代のチャンピオンバイクがジャージとともに飾られています。

ランチライドが大好きなフェルト社員たちランチライドが大好きなフェルト社員たち (c)ライトウェイプロダクツジャパン
研究開発
フレーム、フォークの素材、エアロダイナミクス、製法などの基礎研究を行うチーム。カーボン素材メーカーが作るカーボンシートの性能比較や3DプリンターやCNCマシンを使用したパーツの試作、応力分析ソフトを使用したフレームの分析などを行っています。

カスタマーテスト
販売店やユーザーへ実際に乗ってFELTを体験できる200台のテストバイクを準備。メカニックエリアが隣接していて、常にベストコンディションで試乗が可能です。

3DプリンターやCNCマシンといった設備を有するR&Dチーム3DプリンターやCNCマシンといった設備を有するR&Dチーム (c)ライトウェイプロダクツジャパン200台のテストバイクを用意している200台のテストバイクを用意している (c)ライトウェイプロダクツジャパン




新社屋落成記念プレゼント

フェルトのロゴ入りブルゾンを2名のフェルトオーナーにプレゼントフェルトのロゴ入りブルゾンを2名のフェルトオーナーにプレゼント (c)ライトウェイプロダクツジャパンまた、この内覧会にてFELTロゴ入りブルゾンをいただきましたので、抽選で2名のFELTオーナーの方にプレゼントいたします。ご希望の方は、Twitterにて#felt新本社記念プレゼント、@ritewayproductsの2つのタグとともに、
- ご愛用のFELT自転車の写真
- 希望サイズ(LまたはM、アメリカサイズなので大きめ)
を書いて投稿してください。
4月8日(日)午後11時59分までの投稿を対象に抽選の上、当選者にはTwitterのダイレクトメールにてお知らせをいたします。これからもFELTは世界最高のバイクを提供するために開発を続けていきます。