第7回JBCFタイムトライアルチャンピオンシップが渡良瀬遊水地で開催され、マトリックスパワータグの佐野淳哉が優勝。女子は伊藤杏菜が優勝した。


朝から良く晴れた1日。会場では熱気球の体験試乗会も行われた。朝から良く晴れた1日。会場では熱気球の体験試乗会も行われた。 Photo:Satoru Kato
約1ヶ月の休止期間を経て再開したJプロツアー。第14戦は個人タイムトライアルのチャンピオンを決める「JBCFタイムトライアルチャンピオンシップ」だ。

会場は、栃木県、群馬県、埼玉県にまたがる渡良瀬遊水地。2012年に湿地の保存に関する国際条約「ラムサール条約」に登録され、近年は近くにある3県堺が話題となるなど、注目を集めるスポットだ。

多くの観客が見守る中、カウントダウンでスタート多くの観客が見守る中、カウントダウンでスタート Photo:Satoru Kato特設スタート台から1分30秒間隔でスタート特設スタート台から1分30秒間隔でスタート Photo:Satoru Kato

コースは谷中湖岸を走る1周5.3km。P1クラスタは3周15.9km、その他クラスタは1周で争われる。アップダウンが無いとは言え、風が吹くと遮蔽物がない湖岸ゆえに横風や向かい風の影響をもろに受ける事になる。

関東地方は8月末から秋を感じさせる涼しい日が続いていたが、この日は朝から晴れて夏が戻って来たような日差しと暑さ。会場に近い群馬県の館林や埼玉県の熊谷では30℃を越す真夏日となった。

風が勝負を左右したP1クラスタ 佐野淳哉が初優勝

55人が出走したP1クラスタ。序盤にスタートした阿部嵩之(宇都宮ブリッツェン)が、ターゲットタイムとなる20分11秒をマーク。このレースから復帰した増田成幸(宇都宮ブリッツェン)が20分13秒で続くが、しばらく阿部のタイムが更新されない時間が続く。

優勝 佐野淳哉(マトリックスパワータグ)20分00秒優勝 佐野淳哉(マトリックスパワータグ)20分00秒 Photo:Satoru Kato
2位 西薗良太(ブリヂストンアンカーサイクリングチーム)20分9秒2位 西薗良太(ブリヂストンアンカーサイクリングチーム)20分9秒 Photo:Satoru Kato3位 阿部嵩之(宇都宮ブリッツェン)20分11秒3位 阿部嵩之(宇都宮ブリッツェン)20分11秒 Photo:Satoru Kato

スタート順中盤に入り、佐野淳哉(マトリックスパワータグ)が、阿部のタイムを一気に11秒更新する20分00秒を出して暫定トップに立つ。

その後スタートしたタイムトライアルの全日本チャンピオン西薗良太(ブリヂストンアンカーサイクリングチーム)は、2周目までは佐野のタイムを上回っていたものの、3周目に失速して2番手。「走っているうちに風が強くなってきた」と西薗が言った通り、その後のスタートとなった中村龍太郎(イナーメ信濃山形)、吉岡直哉(那須ブラーゼン)、入部正太朗(シマノレーシング)、昨年優勝のダミアン・モニエ(ブリヂストンアンカーサイクリングチーム)らは、佐野のタイムを更新できない。

最後にスタートしたJプロツアーリーダーのホセ・ビセンテ(マトリックスパワータグ)もトップタイム更新には至らず、佐野の優勝が決まった。

P1クラスタ 表彰式P1クラスタ 表彰式 Photo:Satoru Kato
「タイムトライアルはいくつも走っているのにひとつも勝ててなかったので、今回勝てたのは非常に嬉しいです」と言う佐野。「今日は1周目からいつもより自信を持って行こうと思ってスタートしました。走っている間に風が強くなってきたなと感じていましたが、強くなりきる前に走りきったので幸いでした。自分が得意とするコースで勝てたのは大きいですし、チームに貢献出来たと思います」と、この日の走りを振り返った。

マトリックスパワータグの安原監督も「西薗やダミアンといった強豪選手がいる中で勝てた事に価値がある」と、佐野の勝利を評価した。

一方2位の西薗は、「平坦コースで(佐野)淳哉さんのパワーに押されてしまった感じですね。スタートの対岸のストレートが向かい風が強くなってペーシングに苦労しましたが、全日本の時と同じように落ち着いてねばって対処しました。直角コーナーで前走者に追いつきそうになってフルブレーキしてしまったのもちょっと痛かったです。終盤にスタートしたグループの中では一番速かったので、その点では自分を慰められるかなと思います」と、コメントした。

鈴木真理と増田成幸が復帰レースを走る

レースはほぼ1年ぶりという鈴木真理(宇都宮ブリッツェン)レースはほぼ1年ぶりという鈴木真理(宇都宮ブリッツェン) Photo:Satoru Kato「スタート台で良い緊張感が味わえた」と言う増田成幸(宇都宮ブリッツェン)「スタート台で良い緊張感が味わえた」と言う増田成幸(宇都宮ブリッツェン) Photo:Satoru Kato

このレースでは、療養中の鈴木真理と増田成幸(共に宇都宮ブリッツェン)が復帰レースとして出走した。

1分19秒遅れの13位で終えた鈴木は「きつかったの一言です」と感想を話す。「練習では数値的には良いところは出ているし、良くはなってきています。ロードレースを走りたい気持ちはありますが、ほぼ1年以上レースから離れているし、そんなに甘い話ではないですね」と、完全復帰にはまだ時間が必要という感じだ。

一方増田は、12秒遅れの4位。「100%ではないが、今日はなんとなく調子が良かった」と言う。「良い意味での緊張感が味わえるこのドキドキがたまらないなと思いながらスタート台に立ちました。これから毎週のようにレースに出られるので楽しみです」と、復帰レースの感想を語る。今後はツール・ド・北海道やJプロツアーへも出場し、10月のジャパンカップに向けて準備していくと言う。

Fクラスタ 伊藤杏菜が優勝

F 優勝 伊藤杏菜(Live GARDEN BICI STELLE)7分50秒F 優勝 伊藤杏菜(Live GARDEN BICI STELLE)7分50秒 Photo:Satoru KatoF 表彰式F 表彰式 Photo:Satoru Kato

女子のFクラスタは、伊藤杏菜(Live GARDEN BICI STELLE)がただ1人8分を切るタイムを出して優勝した。

伊藤は「昨年は全然ダメでしたが、今年はコンディション的には上がってきていたので、行ける自信はありました。実は前日に後輪のディスクが壊れてしまって慌てて借りたのですが、それが無ければダメだったかもしれません。今日は唐見さんがいなかったので、一度は唐見さんに勝って優勝したいですね」と、コメントした。
第7回JBCFタイムトライアルチャンピオンシップ 全結果
P1クラスタ(15.9km)
1位佐野淳哉(マトリックスパワータグ)20分00秒
2位西薗良太(ブリヂストンアンカーサイクリングチーム)20分9秒
3位阿部嵩之(宇都宮ブリッツェン)20分11秒
4位増田成幸(宇都宮ブリッツェン)20分13秒
5位ダミアン・モニエ(ブリヂストンアンカーサイクリングチーム)20分17秒
6位鈴木 譲(宇都宮ブリッツェン)20分29秒
Fクラスタ(5.3km)
1位伊藤杏菜(Live GARDEN BICI STELLE)7分50秒
2位新屋瑛里(PHANTOM湘南)8分1秒
3位山口真未(Brassica)8分1秒
E1優勝 岩島啓太(MIVRO)E1優勝 岩島啓太(MIVRO) Photo:Satoru KatoE2優勝 舟山崇(AQUA TAMA)E2優勝 舟山崇(AQUA TAMA) Photo:Satoru Kato
E1(5.3km)
1位岩島啓太(MIVRO)6分51秒
2位河田恭司郎(イナーメ信濃山形-EFT)6分53秒
3位渡邉正光(Link TOHOKU)6分53秒
4位松木健治(VCVELOCE)6分54秒
5位中川直樹(SPADE・ACE)6分54秒
6位長塚寿生(弱虫ペダルサイクリングチーム)6分57秒
E2(5.3km)
1位船山 崇(ACQUA TAMA)7分3秒
2位高松伸介(Honda栃木JET)7分6秒
3位千葉大基(チクロネロ)7分6秒
4位山倉幹丈(AQULS内房レーシング)7分7秒
5位冨安雄一郎(SQUADRA CORSE cicli HIDE)7分9秒
6位坂手潤一(サイタマサイクルプロジェクト)7分11秒
E3(5.3km)
1位高橋 仁(チーム・チェブロ)7分11秒
2位風間祥介(チーム・チェブロ)7分18秒
3位今井雄一(Team自転車処 風輪)7分22秒
4位澤野一輝(チームローマン)7分23秒
5位佐藤拓実(エルドラード・エスペランサ)7分23秒
6位瀬田昌彦(シャークアイランド)7分24秒
text&photo:Satoru Kato
Amazon.co.jp 
の画像 渡良瀬橋
カテゴリー: Digital Music Track
メーカー: zetima
最安価格: ¥ 250
アマゾン価格: ¥ 250
の画像 全記録渡良瀬遊水池が「ラムサール条約湿地」に
カテゴリー: Book
出版社: 随想舎
最安価格: ¥ 1,620
アマゾン価格: ¥ 1,620
の画像 まんが田中正造: 渡良瀬に生きる
カテゴリー: Book
著者: 水樹 涼子, 文星芸術大学
出版社: 下野新聞社
最安価格: ¥ 1,296
アマゾン価格: ¥ 1,296