チーム立ち上げ5年目を迎えるシエルヴォ奈良MERIDAサイクリングチーム。栂尾大知と新加入の山下貴宏を中心により若手へシフトしたメンバーでコンチネンタルチームとして戦う。

地元奈良に根ざしたチームとして立ち上がってから丸4年。5年目となる2014年シーズンは5人のメンバーが加入し若手選手の可能性を重視したチーム編成に。チーム理念の「サイクリング文化を通じて、地域の発展と幸せを追求する」を継続し、地元奈良での活動を重視していく。

2013年11月のツアー・オブ・奈良・まほろばでコースリーダーの一人を務めた栂尾大知(シエルヴォ奈良MERIDAサイクリングチーム)2013年11月のツアー・オブ・奈良・まほろばでコースリーダーの一人を務めた栂尾大知(シエルヴォ奈良MERIDAサイクリングチーム) photo:Hideaki TAKAGI新体制でスタートした2013年はメンバーの半分が大学生で、学連レースとのいわば掛け持ちだったが、2014年はシエルヴォ奈良専属で活動する選手でスタートする。そしてシーズン途中で「2013年同様に学連の学生を数名、研修生として予定している」という。2013年同様、スケジュールや登録上で出場可能なレースは多少限定されるが、評価できる仕組みだ。

シエルヴォ奈良MERIDAサイクリングチーム2014年メンバー
2013年4月のJPT白浜チームTTを走るシエルヴォ奈良MERIDAサイクリングチーム2013年4月のJPT白浜チームTTを走るシエルヴォ奈良MERIDAサイクリングチーム photo:Hideaki TAKAGI
・継続メンバー 6人
栂尾大知
井上人志
若杉圭佑
西沢倭義
大中巧基
日隈優輔
2013年4月のJPT白浜クリテリウムでアタックする栂尾大知(シエルヴォ奈良MERIDAサイクリングチーム)2013年4月のJPT白浜クリテリウムでアタックする栂尾大知(シエルヴォ奈良MERIDAサイクリングチーム) photo:Hideaki TAKAGI
・新規加入メンバー 5人 カッコ内は2013年所属チーム名など
山下貴宏(チーム右京)
豊田勝徳(チームAVEL)
田典幸(エスポワールアジア)
大谷一弘(チームAVEL)
根井悟(奈良北高校出身、大阪教育大在学中)

山下はチームミヤタ、NIPPO、マトリックスパワータグを経て2013年はチーム右京に所属。マトリックス在籍時の2011年ツール・ド・北海道第2ステージ優勝、チーム右京では2013年9月の輪将旗ロードで3位などの成績がある28歳。豊田は阿部良之氏のもとで走るE1レーサー。2012年にはパールイズミのスクールでオランダ、ベルギーのレースを経験。常に積極的なレース展開で走る25歳。
ツール・ド・北海道2011 第2ステージで優勝の山下貴宏ツール・ド・北海道2011 第2ステージで優勝の山下貴宏 photo:Hideaki TAKAGI
田は2012年から頭角を現した22歳。逃げからの独走が勝ちパターン。Eクラスでは常にその驚異的な逃げを警戒される存在。大谷はTTを得意とする39歳のベテラン選手。走りとともにレースへの取り組みなどその経験が若手に伝わることも期待される。根井は高校時代にインターハイや選抜大会で活躍した19歳。5人の新メンバーは山下を中心にいずれも積極的なレース展開を得意とし、大幅な戦力の補強と言っていい。

横山光太郎GMは新チームについて語る。
「2014シーズンもコンチネンタル登録を申請しており、栂尾、山下を中心に若い選手主体でJプロツアー、UCIレースに出場を目指し、若手育成を図ります」

「選手の適正も鑑み、例えばクリテリウム等のスピードコースでは西沢、大中を中心に、アップダウンの厳しいコースでは山下、栂尾、若杉を中心とし、チームTT、個人TTでは田、豊田、大谷、井上を中心とした編成とします」

「根井は地元の奈良北高校出身で大学在学中ですが、将来の主力選手として、経験を積ませる方針です。また、昨年同様に学連の学生を数名、研修生として予定しております。なお日隈はエリートツアー監督となり、自身もエリートツアーを走ります」としている。

チームは12月16日~18日に奈良県橿原市橿原公苑の奈良県サイクルステーションで第一次合宿を予定している。
Amazon.co.jp 
の画像 仏像ワンダーランド奈良 (JTBのMOOK)
カテゴリー: Book
出版社: ジェイティビィパブリッシング
の画像 奈良―鹿のいる風景
カテゴリー: Book
著者: 山口 勇
出版社: 近代文藝社
の画像 せんとくんなんと立派なシールブック
カテゴリー: Book
出版社: メディアファクトリー