11月20日(土)に千葉県の袖ヶ浦フォレストレースウェイにおいて、サイクルジャンボリー袖ケ浦 ディスタンスチャレンジが開催される。50km~200kmまでの4つのカテゴリーが用意され、完走タイムを競うイベントとなっており、11月5日まで参加者を募集中だ。



袖ヶ浦フォレストレースウェイにおいて、サイクルジャンボリー袖ケ浦 ディスタンスチャレンジが開催袖ヶ浦フォレストレースウェイにおいて、サイクルジャンボリー袖ケ浦 ディスタンスチャレンジが開催
自転車を「楽しむ」ことにフォーカスを当てたイベントを目指し、今年立ち上げられた「サイクルジャンボリー」シリーズ。これまで、袖ヶ浦フォレストレースウェイや群馬CSCを舞台に、耐久レースやタイムトライアル、ロードレースといった種目を組み合わせ、初心者からベテランまで楽しめるイベントを企画してきた。

この秋開催される「サイクルジャンボリー袖ケ浦 ディスタンスチャレンジ」は、大会名が示す通り、距離への挑戦をテーマに掲げるイベントだ。1周2.4kmの袖ヶ浦フォレストレースウェイは多くのアップダウンと大小さまざまなコーナーの現れるテクニカルなサーキットで、長距離のレースとなっても走る人を飽きさせないだろう。

50km (21周)/100km (42周)/160km (66周)/200km (83周)という4つの距離が用意され、それぞれその距離の完走タイムを競う50km (21周)/100km (42周)/160km (66周)/200km (83周)という4つの距離が用意され、それぞれその距離の完走タイムを競う
50km (21周)/100km (42周)/160km (66周)/200km (83周)という4つの距離が用意され、それぞれその距離の完走タイムを競うこととなる。50kmの制限時間のみ3.5時間、100km以上のカテゴリーは6.5時間以内に走り切ることを目指すチャレンジとなる。

50kmと100kmの部はソロチャレンジのみとなる一方、160kmと200kmはソロに加えて2~4人でのチームチャレンジの部も用意されている。表彰はソロが1~6位、チームが1~3位までとなっており、ソロの部はいわゆるロードレース的な楽しみ方ができる一方で、チームの部は通常の時間基準の耐久レースとは異なる走り方が求められそうだ。

表彰対象とならずとも、完走者には完走タイムを記載した記録証が発行される。アベレージスピードに応じて、ランク付けされた記録証となるため、上位ランクを目指すモチベーションにもなるはずだ。ちなみに、記録証のランクは以下のようになっている。

・SS アベレージ 42km/h 以上
・S  アベレージ 40km/h ~ 41.99km/h
・A アベレージ 38km/h ~ 39.99km/h
・B アベレージ 35km/h ~ 37.99km/h
・C アベレージ 30km/h ~ 34.99km/h
・時間内完走証 アベレージ 29.99km/h 以下 / 時間内に完走

サイクルジャンボリーの企画に携わるメンバーがペーサーとして参加してくれるサイクルジャンボリーの企画に携わるメンバーがペーサーとして参加してくれる
レースでは、サイクルジャンボリーの企画に携わるメンバーがペーサーとして参加。50kmには Youtubeで人気の tomʼs cycling から YOPIさんが、100kmチャレンジにはtomʼs cycling の TOMIさんが参加。160kmチャレンジにはサイクルジャーナリストのハシケンこと橋本謙司さんと、各地のヒルクライムレースで活躍する篠さんが参加。そして最長距離となる200kmチャレンジには元JPTライダーで現在はTRYCLEのオーナーである田渕君幸さんが、自身のショップチーム TRYCLE.ingと一緒にグループを牽引してくれるという。

また、初心者でも安心して参加できるように講習会も開催予定。朝の試走タイムに「レースビギナー向け講習会」が開かれ、アゴヒモの正しい締め方からコース合流時の注意点、集団走行時に気を付けるべきポイントなど、見落としがちな基本スキルを重点的に教えてくれるとのことだ。

女性が参加しやすいのもこのサイクルジャンボリーシリーズの特徴だ女性が参加しやすいのもこのサイクルジャンボリーシリーズの特徴だ
更に、女性が参加しやすいのもこのサイクルジャンボリーシリーズの特徴。コントロールタワーの2階に女子更衣室が用意されるほか、受付に最も近い便利なピットが女性優先ピットに設定され、ソロ参加の女性ライダーと女性メンバーが所属するチームに優先解放される。

参加者募集中!11月5日まで
さて、そんなサイクルジャンボリー袖ケ浦 ディスタンスチャレンジは現在参加者を募集中だ。エントリーはネットのみとなっており、スポーツエントリーより申し込み可能。締め切りは11月5日(金)までとなっている。



サイクルジャンボリー袖ケ浦 ディスタンスチャレンジ
開催日:2021年11月20日(土)
開催場所:袖ケ浦フォレストレースウェイ
種目・参加費:
200km チャレンジ
・ソロ(男子ソロ/女子ソロ)※高校生以上
・1 名 ¥12,000-
・チーム(男子チーム・女子チーム・男女混成チーム)※中学生以上
・2 名チーム ¥20,000- ・3 名チーム ¥27,000- ・4 名チーム ¥36,000-
160km チャレンジ
・ソロ(男子ソロ/女子ソロ)※高校生以上
・1 名 ¥9,000-
・チーム(男子チーム・女子チーム・男女混成チーム)※中学生以上
・2 名チーム ¥16,000- ・3 名チーム ¥21,000- ・4 名チーム ¥24,000-
100 キロ チャレンジ
・ソロ(男子ソロ/女子ソロ)※中学生以上
・1 名 ¥8,000-
50 キロ チャレンジ
・ソロ(男子ソロ/女子ソロ)※中学生以上
・1 名 ¥6,000-
オプション
・優先駐車場(先着 100 台)/ 1000 円
※会場内(パドック)ピット近くの駐車場に停められる駐車券です。
申込期間:~11/5(金)
Amazon.co.jp 
の画像 祈る神の名を知らず、願う心の形も見えず、それでも月は夜空に昇る。 (MF文庫J)
カテゴリー:
メーカー: KADOKAWA
参考価格: ¥792
最安価格: ¥306
アマゾン価格: ¥792
の画像 アリス・イン・カレイドスピア 1 (星海社FICTIONS)
カテゴリー:
メーカー: 星海社
参考価格: ¥1,430
最安価格: ¥4
アマゾン価格: ¥1,430
の画像 祈る神の名を知らず、願う心の形も見えず、それでも月は夜空に昇る。 (MF文庫J)
カテゴリー:
メーカー: KADOKAWA
参考価格: ¥792
最安価格: ¥306
アマゾン価格: ¥792