アキコーポレーションが主催する人気のMTBイベント「AKI GREEN CUP Festival」が新緑薫る5月に開催される。21回目を迎える今大会は人気の耐久レースやロングライドに加え、ストライダーレースや、国内トップダウンヒルライダーが集うシリーズ戦「DOWNHILL SERIES in AKI GREEN CUP」も開催される。



富士見高原スキー場がMTB一色に染まる人気イベント「AKI GREEN CUP Festival」富士見高原スキー場がMTB一色に染まる人気イベント「AKI GREEN CUP Festival」
会場となる長野県富士見町は、東京からおよそ2時間、名古屋から2時間半、信州の大自然に囲まれた標高1,250mの高原リゾート。清らかな空気を味わえるこの場所で開催される人気MTBイベントが「AKI GREEN CUP Festival」だ。今年で21年目を迎えるこのイベントはガノーやコナなどの正規輸入代理店を務めるアキコーポレーションが開催する人気のMTBイベントだ。

八ヶ岳連峰を望む広大な富士見高原スキー場で行われるのは、4時間耐久レースやMTBロングライドといった人気種目。加えて、キッズクロスカントリーやストライダーのレースなど、子供も楽しめる種目がたくさん用意されているのもこの大会の特徴だ。また、今年はダウンヒルのシリーズ戦である「DOWNHILL SERIES in AKI GREEN CUP」が併催されることも大きなポイントだ。

このように、2日間に渡って豊富なMTB競技が開催され、上級者からビギナー、ベテランからキッズまで幅広い層のMTBライダーが思う存分楽しむことができる。必ずあなたにもピッタリなイベントがあるはずだ。



一番人気の定番種目 MTB耐久レース

南アルプスを臨む極上のロケーションでレースが行われる南アルプスを臨む極上のロケーションでレースが行われる 仲間と一緒に楽しめるのが耐久レースの醍醐味だ仲間と一緒に楽しめるのが耐久レースの醍醐味だ ときどきガレたジープロードのダブルトラックを走るときどきガレたジープロードのダブルトラックを走る ストライダーレースも開催される。走りは本格派ですストライダーレースも開催される。走りは本格派です 4児のパパでもある井手川直樹選手がストライダーダウンヒルのレース監修を行った4児のパパでもある井手川直樹選手がストライダーダウンヒルのレース監修を行った ルイガノのアパレルなどが大特価で放出されるブースも大人気ルイガノのアパレルなどが大特価で放出されるブースも大人気 今年はDOWNHILL SERIES とコラボレートする今年はDOWNHILL SERIES とコラボレートする 常に一番多くの参加者を集める人気種目がこのMTB耐久レース。4時間でコースを何周できるかを競う種目で、ソロから4名までのチームで参加でき、チームの場合は計測チップをバトン代わりにして一人ずつリレースタイルで楽しく走ることができる。

1周2.5kmのコースはスキー場のゲレンデがメインで、その周辺のダブルトラックの遊歩道など幅の広いコースが設定されている。小学4年生以上で、一人でコースを周回できる人ならだれでも参加できる。周りのペースを気にせず誰でも気軽に楽しめる、エントリーしやすい種目だ。

MTBロングライドレース(20km , 40km , 60km, 80km)

一昨年から競技に加わったロングライドレースでは、一般車両は進入することが出来ない国立公園内のダブルトラックを走る事ができる。富士見高原スキー場から創造の森、国有林を経て大会会場の富士見高原スキー場へ戻る1周20kmのロングコースを走行するロングライドレース。この大会でしか走ることのできない、最高のロケーションを誇るコースがあなたのチャレンジを待っている。

MTBガイドツアー

ツアーガイドがアテンドしてくれるMTBトレイルツーリングがこちら。富士見高原から下り基調のトレイルをガイドの案内によって心行くまで楽しむことができる極上のライド体験ができる。ゴール地点まで到着すれば、会場まではバスで搬送してくれるので、体力に自信がない人でも参加できる。

キッズクロスカントリー

小中学生のために用意されるのが、このキッズクロスカントリーレースだ。競技としては、制限時間内に何周出来るかを競う耐久レース方式で、小学校低学年は15分、高学年は30分、中学生は40分という時間でレースは行われることとなる。コースも学年ごとに分けられているほか、メイン会場から全容が見渡せるような設計になっているので、保護者の方も安心して応援できる。

ストライダースーパーダウンヒル/ストライダーエンジョイカップ

今年初開催となるストライダーレースは2種目が行われる。ひとつは全国各地で行われる「ストライダーエンジョイカップ」というストライダージャパンの公認レース。もうひとつは、ストライダーを使った下りレースである「ストライダースーパーダウンヒル」。

特に世界で初開催となるストライダースーパーダウンヒルは、プロダウンヒルライダーの井手川直樹監修のレースで、通常のダウンヒルレース同様、ひとりひとり走り最速タイムを競うもの。通常のストライダーレースとは違い勾配(約7~10%)があるのが特徴。各選手は事前発表されるスタートリストに指定されたスタート時間に予選個人タイムトライアルを行うこととなる。

予選結果にかかわらず、全員決勝に進出できるが、決勝スタートは予選順位の低い選手からの順番となる。コースアウトした場合、同じ場所からコース復帰してレースを続行できるのも大きな特徴だ。

DOWNHILL SERIES in AKI GREEN CUP

西日本を中心に開催される「DOWNHILL SERIES 」がAKI GREEN CUPとコラボレーション。DOWNHILL SERIES史上もっとも東側での開催となる、2016年の開幕戦だ。通常のDOWNHILL SERIESとことなり、下り系計測会の「お試し版」として、シーズン最初の腕試し、また今までダウンヒル競技や計測会にご縁が無かったライダーでも楽しめるように、ショートでXCバイクでもトライできるレイアウトを予定しているとのことだ。

これらのレースやツーリング種目のほかにも、KONAや「LOUIS GARNEAUなどの最新バイクが体験できる展示ブースなども登場し、レースに参加していない時以外でも楽しめる企画が盛りだくさんだ。


現在参加者募集中 エントリーは4/30まで

現在AKI GREEN CUP Festivalでは参加者を募集中だ。参加にあたってはスポーツエントリーもしくは現金書留で行い、申し込み期限は4月30日(土)まで。仲間や家族と一緒に、MTBのお祭りイベントを体感してみてはいかがだろうか?なお、DOWNHILL SERIES in AKI GREEN CUPはこちらのエントリーフォームからの受付となる。




21th AKI GREEN CUP Festival 開催概要
開催日:2016年5月14日(土)、15日(日)
会 場:富士見高原スキー場 〒399-0101 長野県富士見町境広原 TEL:0266-66-2121
種 目:4時間MTB耐久レース、MTBロングライドレース、キッズクロスカントリーなど
参加料金:大会HPを参照のこと
主 催:アキグリーンカップフェスティバル大会事務局

Amazon.co.jp 
の画像 信州自然王国 ラズベリードレッシング 200ml
カテゴリー: Grocery
メーカー: 信州自然王国
の画像 長野興農 信州野菜ジュース 食塩無添加 190g×30本
カテゴリー: Grocery
メーカー: 長野興農
最安価格: ¥ 3,639
アマゾン価格: ¥ 3,639
の画像 日々雑穀―信州伊那谷「野のもの」の楽しい雑穀料理
カテゴリー:
メーカー: 川辺書林
参考価格: ¥1,760
最安価格: ¥3,520
アマゾン価格: ¥1,760