au損保が東京都主催で開催されたヘルメット着用啓発イベントに参加。ヘルメット着用モデル保育園にて小池東京都知事、モデルのRENさん、au損保遠藤社長、保護者代表で懇談会が行われ、ヘルメット着用の重要性について認識を深めた。以下、プレスリリースより紹介しよう。



au損保、東京都主催の自転車乗車時のヘルメット着用啓発イベントに参加
~小池東京都知事との懇談会にて、自転車の安全利用促進の認識高める~


イベントに参加した小池東京都知事とau損保遠藤社長イベントに参加した小池東京都知事とau損保遠藤社長 (c)au損保懇談会ではヘルメット着用の重要性が語られた懇談会ではヘルメット着用の重要性が語られた (c)au損保


au損害保険は、2017年11月11日(土)に、東京都が指定したモデル保育園でのヘルメット着用啓発イベントに参加しました。イベントが行われたのは、au損保が本年4月29日にヘルメットを280個寄贈した、東京都によりヘルメット着用モデル保育園として指定されている「方南隣保館保育園」です。

第一部では、小池百合子東京都知事のあいさつのあと、都知事・モデルのRENさん・au損保遠藤社長・保護者代表と懇談が行われ、自転車乗車時のヘルメット着用の重要性についての認識を高めました。その懇談の中で、都知事からは、「都条例で努力義務となっている保険加入の促進の一環としてau損保と連携した取り組みを進めています。」というコメントをいただきました。

また、第二部では、RENさんによる講話のあと、高井戸警察署による自転車安全利用教室や東京都交通安全課による自転車シミュレータ体験等が行われました。また会場には交通安全啓発ドロイド「ケッタマン」が登場し、「ピーポくん」や「みまもりぃぬ」とともにイベントを盛り上げました。

東京都とau損保は、昨年7月29日に「自転車の安全で適正な利用の促進に関する協定」、本年1月17日に「自転車安全利用啓発の促進に関する協定」を締結し、東京都と連携して自転車安全利用の促進を行ってまいりました。その中で、東京都が推進する「自転車ルール・マナー確認書」の作成と提供や、「ヘルメット着用を促進する新たな保険商品」の開発、保険料収益の一部をヘルメット等にて寄贈する取組を開始し、本年4月29日には東京都青少年・治安対策本部より「自転車安全利用功労者に対する本部長賞」を受賞しています。

au損保は今後も東京都と連携して、両者で自転車向け保険の知識向上と加入促進に努めるとともに、条例の周知や自転車の交通安全対策を推進し、都内の自転車利用者のルール・マナーの向上による自転車事故の削減に取組んでまいります。