ツール・ド・フランスを締めくくるシャンゼリゼの最終スプリントでディラン・フルーネウェーヘンが勝利。新城幸也が自身7度目のツール完走を果たし、クリストファー・フルームが4度目の総合優勝を達成した。



ブライルスフォードGMと乾杯するクリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ)ブライルスフォードGMと乾杯するクリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ) photo:Tim de Waele / TDWsport
ツール・ド・フランス2017第21ステージツール・ド・フランス2017第21ステージ ©GEOATLASツール・ド・フランス2017第21ステージツール・ド・フランス2017第21ステージ ©A.S.O.
エッフェル塔に向かうプロトンエッフェル塔に向かうプロトン photo:Tim de Waele / TDWsport
マルセイユからの780km大移動(選手たちは当日朝にチャーター機で移動)を経て、ツール・ド・フランスの最終ステージがパリ近郊のモンジュロンをスタートした。デュッセルドルフをスタートした198名のうちパリに到達したのは167名で、リタイア者は31名。

16時51分に正式なスタートが切られてもアタックはかからない。グランツール最終日恒例の和やかな雰囲気のパレード走行が始まり、フルームはチームメイトとシャンペンで乾杯しながら曇り空のパリ郊外を走る。道中、シリル・ゴティエ(フランス、アージェードゥーゼール)がテレビを通してプロポーズしたり、沿道に駆けつけた友人や家族に挨拶するためにヨアン・オフルド(フランス、ワンティ・グループゴベール)が飛び出すシーンも。

セーヌ川沿いを走ってエッフェル塔を横目に走り、パリ万博の際に建設された展示会場グラン・パレの中を通ってシャンゼリゼ通りに向かったプロトン。マイヨジョーヌをエスコートするチームスカイを先頭にシャンゼリゼの周回コース(凱旋門の周回道路を含む7km周回を8周)に入ると、ダリル・インピー(南アフリカ、オリカ・スコット)のアタックをきっかけに9名の逃げが生まれた。

逃げグループにはシルヴァン・シャヴァネル(フランス、ディレクトエネルジー)やマークス・ブルグハート(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ)といった強力なメンバーが入ったものの、チームスカイからスプリンターチームのコントロールに切り替わったメイン集団から20秒程度のリードしか奪えない。マイヨアポワのワレン・バルギル(フランス、サンウェブ)はパンクで一時的にメイン集団から遅れたものの無事に復帰している。

ロット・ソウダルやコフィディス、ロットNLユンボ、ディメンションデータの集団牽引によってタイム差は縮まり、フィニッシュまで2周を残してタイム差は10秒。トニー・マルティン(ドイツ、カチューシャ・アルペシン)らの強力な牽引によって残り10kmで逃げグループは吸収された。

チームスカイを先頭に最終周回に入るとドミトリー・グルズジェフ(カザフスタン、アスタナ)とゼネク・スティバル(チェコ、クイックステップフロアーズ)がそれぞれ単独アタックを仕掛けたが、新城幸也(バーレーン・メリダ)を先頭に突き進むメイン集団から完全に抜け出すことはできない。残り3kmを切って逃げは全て吸収され、そこからスプリンターチームが隊列を組んで先頭に上がった。

コロンビアンライダーたちが並んで走るコロンビアンライダーたちが並んで走る photo:Tim de Waele / TDWsport
黄色いメインバイクから黄色いスペアバイクに乗り換える黄色いメインバイクから黄色いスペアバイクに乗り換える photo:Tim de Waele / TDWsportシャンゼリゼ通りを凱旋門に向かって走るシャンゼリゼ通りを凱旋門に向かって走る photo:Tim de Waele / TDWsport
逃げグループを形成するダリル・インピー(南アフリカ、オリカ・スコット)ら9名逃げグループを形成するダリル・インピー(南アフリカ、オリカ・スコット)ら9名 photo:Kei Tsuji / TDWsport終盤に向けて集団後方に控える新城幸也(バーレーン・メリダ)終盤に向けて集団後方に控える新城幸也(バーレーン・メリダ) photo:Kei Tsuji / TDWsport
凱旋門を周回してシャンゼリゼ通りに向かうクリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ)凱旋門を周回してシャンゼリゼ通りに向かうクリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ) photo:Tim de Waele / TDWsport
コンコルド広場を抜け、シャンゼリゼ通りに入るコンコルド広場を抜け、シャンゼリゼ通りに入る photo:Kei Tsuji / TDWsport
カチューシャ・アルペシンとロットNLユンボが人数を揃えて主導権を握り、コンコルド広場を抜けてシャンゼリゼ通りの最終ストレートへ。マルコ・ハラー(オーストリア、カチューシャ・アルペシン)の最終リードアウトが終わると、フィニッシュラインまで300mを残して、その番手からフルーネウェーヘンが加速した。

早めに仕掛けて先頭を突き進むフルーネウェーヘンのスリップストリームでタイミングを待ったアレクサンドル・クリストフ(ノルウェー、カチューシャ・アルペシン)やエドヴァルド・ボアッソンハーゲン(ノルウェー、ディメンションデータ)、そしてアンドレ・グライペル(ドイツ、ロット・ソウダル)が残り150mで加速を開始。グライペルが最も伸びのあるスプリントを見せたが、先頭のフルーネウェーヘンには届かなかった。最終ストレートをほぼすべて先頭で走り続けたフルーネウェーヘンが先行逃げ切りを果たした。

チームメイトと抱き合って、顔を覆って涙したフルーネウェーヘン。最終日シャンゼリゼで自身初のステージ優勝を飾った24歳のダッチスプリンターは「チームにはメンバーが5人しか残っていないけど、全員がそれぞれの仕事をこなして最高のポジションをキープし、最後はアレクサンドル・クリストフのポジションを奪ってスプリントした。スプリンターにとって夢の舞台で勝利した。小さい頃からテレビで見ていたシャンゼリゼで勝つなんてパーフェクトだ」と喜ぶ。

フルーネウェーヘンの最終スプリント制覇により、13連続グランツールで少なくともステージ1勝してきたグライペルの記録はストップ。アダム・ハンセン(オーストラリア、ロット・ソウダル)のグランツール連続完走記録は18まで伸びている。

安全にシャンゼリゼ周回コースを走るクリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ)安全にシャンゼリゼ周回コースを走るクリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ) photo:Kei Tsuji / TDWsport
スプリンターチームを先頭に最終周回に向かうスプリンターチームを先頭に最終周回に向かう photo:Kei Tsuji / TDWsport
最終周回でアタックしたゼネク・スティバル(チェコ、クイックステップフロアーズ)最終周回でアタックしたゼネク・スティバル(チェコ、クイックステップフロアーズ) photo:Kei Tsuji / TDWsport
ディラン・フルーネウェーヘン(オランダ、ロットNLユンボ)にアンドレ・グライペル(ドイツ、ロット・ソウダル)が並ぶディラン・フルーネウェーヘン(オランダ、ロットNLユンボ)にアンドレ・グライペル(ドイツ、ロット・ソウダル)が並ぶ photo:Tim de Waele / TDWsport
先頭を守り抜いたディラン・フルーネウェーヘン(オランダ、ロットNLユンボ)が手を挙げる先頭を守り抜いたディラン・フルーネウェーヘン(オランダ、ロットNLユンボ)が手を挙げる photo:Tim de Waele / TDWsport
そして総合優勝はフルームの手に。最終的にリゴベルト・ウラン(コロンビア、キャノンデール・ドラパック)と54秒差、ロマン・バルデ(フランス、アージェードゥーゼール)と2分20秒差で勝利したフルームは「シャンゼリゼは期待を裏切らない。マイヨジョーヌを着てこのシャンゼリゼを走ることを3週間ずっと想像してきたので、魔法にかかったような気分だった。何ヶ月も家を空けていたので、こうして妻と息子が来てくれて最高の気分に包まれている」と語り、表彰台で愛息を抱き上げた。

2013年、2015年、2016年に続く4度目のマイヨジョーヌ獲得。フルームは「4つの総合優勝は同じものが1つとしてなく、それぞれがスペシャル。今年は今までで最も僅差で、最も苦しんだツールになった。来年、アンクティルやメルクス、イノー、そしてインデュラインに並ぶ5勝に挑む土俵に立ったことを誇りに思う」と、偉大なチャンピオンたちの記録更新に意欲を見せている。

最終周回で集団を牽引し、スプリンターのリードアウトを担った新城は28位でフィニッシュ。総合109位で自身7度目のツール完走を果たしている。

総合2位リゴベルト・ウラン(コロンビア、キャノンデール・ドラパック)、総合1位クリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ)、総合3位ロマン・バルデ(フランス、アージェードゥーゼール)総合2位リゴベルト・ウラン(コロンビア、キャノンデール・ドラパック)、総合1位クリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ)、総合3位ロマン・バルデ(フランス、アージェードゥーゼール) photo:Tim de Waele / TDWsport
チーム総合成績トップに輝いたチームスカイチーム総合成績トップに輝いたチームスカイ photo:Tim de Waele / TDWsportマイヨアポワ、マイヨブラン、マイヨジョーヌ、マイヨヴェールマイヨアポワ、マイヨブラン、マイヨジョーヌ、マイヨヴェール photo:Tim de Waele / TDWsport
ツール・ド・フランス2017第21ステージ結果
ステージ成績
1位ディラン・フルーネウェーヘン(オランダ、ロットNLユンボ)2:25:39
2位アンドレ・グライペル(ドイツ、ロット・ソウダル)
3位エドヴァルド・ボアッソンハーゲン(ノルウェー、ディメンションデータ)
4位ナセル・ブアニ(フランス、コフィディス)
5位アレクサンドル・クリストフ(ノルウェー、カチューシャ・アルペシン)
6位ボルト・ボジッチ(スロベニア、バーレーン・メリダ)
7位ダヴィデ・チモライ(イタリア、エフデジ)
8位ピエールリュック・ペリション(フランス、フォルトゥネオ・オスカロ)
9位リュディガー・ゼーリッヒ(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ)
10位ダニエーレ・ベンナーティ(イタリア、モビスター)
28位新城幸也(日本、バーレーン・メリダ)
マイヨジョーヌ(個人総合成績)
1位クリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ)86:20:55
2位リゴベルト・ウラン(コロンビア、キャノンデール・ドラパック)0:54
3位ロマン・バルデ(フランス、アージェードゥーゼール)2:20
4位ミケル・ランダ(スペイン、チームスカイ)2:21
5位ファビオ・アル(イタリア、アスタナ)3:05
6位ダニエル・マーティン(アイルランド、クイックステップフロアーズ)4:42
7位サイモン・イェーツ(イギリス、オリカ・スコット)6:14
8位ルイス・マインティーズ(南アフリカ、UAEチームエミレーツ)8:20
9位アルベルト・コンタドール(スペイン、トレック・セガフレード)8:49
10位ワレン・バルギル(フランス、サンウェブ)9:25
109位新城幸也(日本、バーレーン・メリダ)3:18:16
マイヨヴェール(ポイント賞)
1位マイケル・マシューズ(オーストラリア、サンウェブ)370ts
2位アンドレ・グライペル(ドイツ、ロット・ソウダル)234pts
3位エドヴァルド・ボアッソンハーゲン(ノルウェー、ディメンションデータ)220pts
マイヨアポワ(山岳賞)
1位ワレン・バルギル(フランス、サンウェブ)169pts
2位プリモシュ・ログリッチェ(スロベニア、ロットNLユンボ)80pts
3位 トーマス・デヘント(ベルギー、ロット・ソウダル)64pts
マイヨブラン(ヤングライダー賞)
1位サイモン・イェーツ(イギリス、オリカ・スコット)86:27:09
2位ルイス・マインティーズ(南アフリカ、UAEチームエミレーツ)2:06
3位エマヌエル・ブッフマン(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ)27:07
チーム総合成績
1位チームスカイ259:21:06
2位アージェードゥーゼール7:14
3位トレック・セガフレード1:44:46
総合敢闘賞
ワレン・バルギル(フランス、サンウェブ)
Amazon.co.jp 
の画像 A07 地球の歩き方 パリ&近郊の町 2017~2018
投稿者:
出版社: ダイヤモンド・ビッグ社 (2017)
装丁: 単行本(ソフトカバー), 488 ページ
の画像 パリでしたい100のこと 大好きな街を暮らすように楽しむ旅
投稿者: トリコロル・パリ
出版社: 自由国民社 (2017)
装丁: 単行本(ソフトカバー), 160 ページ
の画像 パリ、カウンターでごはん: ひとりでも予約なしでも、おいしい食事とパリの魅力に出会える店
投稿者: 伊藤 文, 吉田 タイスケ
出版社: 誠文堂新光社 (2016)
装丁: 単行本, 191 ページ