生涯通算525勝を誇る史上最強ロードレーサーのエディ・メルクス氏が、自身の名を冠したバイクブランド・エディ・メルクスから、4年ぶりとなる新型フラッグシップ「EM-525」が登場した。1モデルであらゆる用途に対応できるよう、2種類のジオメトリーと、2種類のブレーキ仕様を用意したことが特徴だ。



エディ・メルクス EM-525エディ・メルクス EM-525 (c)深谷産業
今回登場した「EM-525」は、史上最強のロードレーサーであるエディ・メルクス氏(ベルギー)の名前の頭文字「EM」と、生涯通算勝利数である「525」を車名に冠した新型フラッグシップモデル。ダウンチューブには「NO-ONE CAN TAKE THEM AWAY FROM ME. EVER.(これまで、誰一人としてこの記録を奪える者はいなかった)」と記されている。

その特徴は、1モデルであらゆる用途に対応できるようにと、レーシーなPerformanceとアップライトなEnduranceという2種類のジオメトリーを用意すること。そして、それぞれのジオメトリーにリムブレーキ仕様と、ディスクブレーキ仕様がラインアップされる。なお、ディスクブレーキ仕様はスルーアクスルに対応しており、アクスル径は前後とも12mmで、エンド幅はフロント100mm/リア142mm。キャリパー台座はフラットマウントとなっている。

フレームの基本設計は、従来のフラッグシップにあたり、ひと目見ただけでそれだと分かる独特のフォルムを持つ「EMX-525」を踏襲。そして、市販ロードレーサーの中でも1、2を争うほどの高い剛性はさらに強化され、同時にエアロや振動吸収性も高めている。

ブリッジ付近に屈折を設け、振動吸収性を確保したシートステーブリッジ付近に屈折を設け、振動吸収性を確保したシートステー ベンド仕様のフロントフォークベンド仕様のフロントフォーク 前作よりも更にボリュームを増したヘッドチューブ前作よりも更にボリュームを増したヘッドチューブ


超大径ヘッドチューブは、上1-1/8~下1-1/2とベアリング径こそ変わらないものの、後方にリブを設けたような造形により、前作と比較しても更にボリュームが増している印象だ。ショルダー部に更なるボリュームを持たせたフロントフォークと合わせて、フランドル地方や北フランスの荒々しい石畳にも屈しない優れたハンドリング剛性を実現している。

同時に、フォークブレードをベンド形状とし、エンドにかけて先細りさせることで衝撃吸収性を確保。ヘッドチューブとフォークの間には、ラバー製パーツによって隙間を埋め、空気抵抗を低減した。

三角形から台形へとBBに向かって形状が変化するダウンチューブも、ヘッドチューブと同様に超大口径とし、ねじれ剛性を強化。高さを持たせたBB86規格の幅広BBと、左右非対称設計のチェーンステーによって不要な変形を防止し、駆動効率を最大限に高めている。

トップチューブ裏からアクセスする臼式シートクランプを採用するトップチューブ裏からアクセスする臼式シートクランプを採用する シートステーの根本には、アルカンシェルがあしらわれるシートステーの根本には、アルカンシェルがあしらわれる

ダウンチューブには「NO-ONE CAN TAKE THEM AWAY FROM ME. EVER.(これまで、誰一人としてこの記録を奪える者はいなかった)」と記されているダウンチューブには「NO-ONE CAN TAKE THEM AWAY FROM ME. EVER.(これまで、誰一人としてこの記録を奪える者はいなかった)」と記されている ヘッドとフォークの間をラバー製パーツで埋め、空気抵抗を削減したヘッドとフォークの間をラバー製パーツで埋め、空気抵抗を削減した

シンテシー製のスルーアクスルを標準装備とするシンテシー製のスルーアクスルを標準装備とする アルミ製のFD台座は、破損時に交換可能なようボルトオン仕様とされているアルミ製のFD台座は、破損時に交換可能なようボルトオン仕様とされている


一方でフレーム上部は快適性を確保するための設計が随所に見てとれる。トップチューブの中央や、シートステーのブリッジ、チェーンステーのエンド側の各ポイントに屈折を持たせることで、振動吸収性を高めている。Sanremo76などと同様に、シートポストは四隅にRのついた台形断面の専用品。シートクランプは臼式で、トップチューブの裏側からアクセスする方式としており、スッキリとした仕上がりに。ワイヤーは全て内蔵で、ディスクブレーキ仕様のフロント用オイルホースはヘッドチューブからフレームへと挿入される。

販売はフレームセットにて行われる。サイズはXXS、XS、S、M、Lの5種類で、各サイズで剛性が共通になるようレイアップなどが調節されている。重量はリムブレーキ仕様がフレーム950g/フォーク360g、ディスクブレーキ仕様がフレーム990g/フォーク390gと、ブレーキの違いによる重量差は小さい。シートポストは220g。カラーはブラック/アンスラサイト/シルバーの1種類。なお、国内ではリムブレーキ/Performanceジオメトリー仕様が通常在庫品で、他の3仕様は受注発注となる。取り扱いは深谷産業。



エディメルクス EM-525(フレームセット)
素 材:カーボンモノコック
BB:BB86
ヘッド:1-1/8"’(上部)1-1/2"(下部)
ブレーキ:リムブレーキ、ディスクブレーキ
ジオメトリー:Performance、Endurance
サイズ:XXS、XS、S、M、L
重量(フレーム/フォーク):950g/360g(リム)、990g/390g(ディスク)、220g(シートポスト)
カラー:ブラック/アンスラサイト/シルバー
税抜価格:370,000円(リムブレーキ)、390,000円(ディスクブレーキ)

Amazon.co.jp 
の画像 Eddy Merckx: The Cannibal
メーカー: Ebury Digital
部品番号:
価格:
の画像 Eddy Merckx: The Greatest Cyclist of the 20th Century
投稿者: Rik Vanwalleghem
出版社: Velopress (2000)
装丁: ペーパーバック, 216 ページ