スタイルと機能性の両立をコンセプトに高品質のサイクルアパレルを展開する国内ブランドreric(レリック)の2014年秋冬コレクションより、「Altail ハイジャケット」など厳冬期にもぴったりなモデルをピックアップ。山崎敏正さん(シルベストサイクル)と鈴木卓史さん(スポーツバイクファクトリー北浦和スズキ)による一言インプレッションと共に紹介しよう。



レリック Altail ハイジャケット

レリック Altail ハイジャケットレリック Altail ハイジャケット レリック Altail ハイジャケット 背面の一部は通気性がある生地を採用レリック Altail ハイジャケット 背面の一部は通気性がある生地を採用


背面の一部を除きジャケット全体に防風透湿パネルを使用することで、重ね着をしなくとも気温0℃まで対応できるというハイスペックなアウターが「Altail(アルタイル) ハイジャケット」だ。表地の防風パネルはレリックが開発した2WAYストレッチ素材に特殊フィルムを貼りあわせることで、高い防風透湿性を実現した生地を採用する。裏地にはハニカム模様が特徴的なパイル素材のサーモライト生地を使用することで高い保温性を備えた。

冬の寒さに耐えられる保温性に加えて通気性にも配慮されている。もちろん防風パネルの透湿性によってムレは防がれているが、最も熱が放出される背面に優れた通気性を備える起毛素材を使用することで、快適性をさらに向上させている。

レリックが得意とする前傾ポジションに合わせて立体加工するパターンは、タイトなボディラインながらもライドポジションではストレスフリーな着用感が得られる。表地に使われる素材は縦横2方向にストレッチ性を持つため、乗車姿勢をとった際に生地の突っ張りは発生しづらい。また、襟も立体構造のパターンを使用することで、快適な着用感に貢献している。

薄手ながら高い防風性と保温性を備えている薄手ながら高い防風性と保温性を備えている 腕を前に出したポジションでストレスフリーとなる立体裁断パターンを採用腕を前に出したポジションでストレスフリーとなる立体裁断パターンを採用

前傾姿勢を考慮したカッティングを採用している前傾姿勢を考慮したカッティングを採用している オーソッドクスな3分割ポケットとジッパー付きポケット2つという計5つのバックポケットオーソッドクスな3分割ポケットとジッパー付きポケット2つという計5つのバックポケット


バックポケットは一般的な3分割タイプに加えて、コインケースやカギなど貴重品を収納するのに便利なジッパー付きポケットが2つ備えられた。ジップポケットは汗など水分の侵入を防ぐ防水仕様で、携帯電話など電子機器を安心して入れることができる。

厳冬期にもハードなトレーニングに励むシリアスレーサーに最適なAltail ハイジャケット。サイズはS、M、L、XL、XXLという5サイズが揃う。Mサイズの寸法は身幅50.5cm、着丈後ろ66cm、前56cm(いずれも実測値)だ。身長168cm、胸囲85cm、ウエスト75cmで、普段レリック製シクロワイアードジャージのSサイズを着用する編集部員がMサイズを試着したところ、チェストやウエストなどはジャストサイズだった。袖などがタイトフィットとなっているため、普段通りもしくは一回り大きいサイズを選んでも良いかもしれない。

ハニカム模様が特徴的なサーモライト生地ハニカム模様が特徴的なサーモライト生地 インプレッションby山崎敏正(シルベストサイクル)
「前傾ポジションでのフィット感が素晴らしいジャケットですね。私の胸囲は105cmあるため今回試着したMサイズでは小さめでしたが、乗車した際は前傾姿勢が取りやすく気持ちよくライドすることができました。これは立体裁断を上手く駆使しているためでしょう。

裏起毛素材や前面の風を通しにくい素材によって薄手ながらも温かさも十分にありますね。背面の一部は空気が抜けるようになっていて、ムレを防げるのも嬉しい仕様ですね。袖口も伸縮性の強い生地で手首を締めつけるため、風の侵入が少ないです。今回、一緒に試着したCorvus ライトグローブとの相性もよく、完全に風をシャットアウトできました。」

レリック Altail ハイジャケット
素 材:サーモライト、VUELTA、FT AIR
カラー:ホワイト、ブラック、レッド
サイズ:S、M、L、XL、XXL
価 格:26,000円(税抜)



レリック Dubhe ミディアムジャケット

レリック Dubhe ミディアムジャケットレリック Dubhe ミディアムジャケット レリック Dubhe ミディアムジャケット(背面)レリック Dubhe ミディアムジャケット(背面)


保温性、防風性、透湿性のバランスがとれたミッドウィンター用アウター「Dubhe(ドゥーベ) ミディアムジャケット」。Dubheはハニカム模様が特徴のパイル地のサーモライトを生地に採用し、高い保温性を確保。気温8℃までが最適な気温となっている。前面と背面には光沢のある防風素材を使用することで、外気の侵入を防ぎミッドウィンターまで対応可能とした。

Altail ハイジャケットと同様に通気性も考慮されており、起毛生地でありながら風を通す素材が背中の一部に採用されている。最も暑くなりやすい背中の汗などの湿気を放出してくれるため、ライド中のムレや休憩中の汗冷えを防げるはずだ。

背中は生地を変えて汗や熱の発散を行う背中は生地を変えて汗や熱の発散を行う 背中部分はメッシュとなっており汗を発散してくれる背中部分はメッシュとなっており汗を発散してくれる


2方向への伸縮性がある生地を立体裁断することで、ストレスフリーに身体を動かすことができながら、胸元のたわみが無いタイトなフィットを実現。腕を前に出した際のポジションを重視し、自然な前傾フォームでストレスの無いライディングを可能としてくれる。

バックポケットもAltail ハイジャケットと同様に、一般的な3分割タイプに加えて、貴重品を収納するのに便利なジッパー付きポケットが2つ備えられた計5つの仕様だ。ジップポケットはもちろん汗などの侵入を防ぐ防水機能が備えられ、使い勝手も良い。

前面には光沢のある防風素材を採用している前面には光沢のある防風素材を採用している 腕を前に出したポジションでストレスフリーとなる立体裁断パターンを採用腕を前に出したポジションでストレスフリーとなる立体裁断パターンを採用

胴体はタイトながら襟はゆとりのあるフィット感だ胴体はタイトながら襟はゆとりのあるフィット感だ オーソッドクスな3分割ポケットとジッパー付きポケット2つという計5つのバックポケットオーソッドクスな3分割ポケットとジッパー付きポケット2つという計5つのバックポケット


冬もハードにトレーニングするアスリート志向のライダーに最適な汎用性高いDubhe ミディアムジャケット。サイズはS、M、L、XL、XXLという5サイズの展開。Altail ハイジャケットを着用した編集部員がMサイズを試したところ、こちらもジャストサイズ。腕、胸はピタリとフィットし、乗車姿勢をとった時もストレスフリーだった。

インプレッションby鈴木卓史(スポーツバイクファクトリー北浦和スズキ)
「タイトなフィット感ですが、前傾姿勢とした時はキツいと感じることはありませんでした。風でバタつかず、ダンシングした際も動きやすかったため、このジャケットは冬の間も走りこむライダーに最適でしょう。風が侵入してくる様子も感じさせず、保温性も十分に備えています。一方で、熱や汗を発散してくれたので、汗ムレなども少ないでしょう。

着丈や袖丈などは日本人にピッタリなサイズ感で着心地も良かったです。特にハイネックの襟の設計が考えられていると感じます。ボディはタイトフィットながら、襟は胴回りより緩いフィットで素材の柔らかさもあわせて、快適な着用感でした。」

レリック Dubhe ミディアムジャケット
素 材:サーモライト、VUELTA、FT AIR
カラー:ホワイト、ブラック、レッド
サイズ:S、M、L、XL、XXL
価 格:23,500円(税抜)



レリック Rigel ミディアムビブタイツ

レリック Rigel ミディアムビブタイツレリック Rigel ミディアムビブタイツ パターンを多く使用した膝裏はストレスフリーなペダリングを実現するパターンを多く使用した膝裏はストレスフリーなペダリングを実現する


Rigel(リゲル) ミディアムビブタイツは防寒性と動きやすさを追求したビブタイツ。タイツの外側にはレリックが独自開発し、ストレッチ性能と防風性を両立したスリーレイヤー構造の生地を採用する。内側にはイタリアのCarvico社が開発した起毛2WAY保温素材「ARTICA」を使用するなど、伸縮性に富む素材を多く使用し、ストレッチ性能が向上していることが特徴だ。

トップスと同様に前傾姿勢に合わせた立体パターンを採用しているため、生地のストレッチ性能とあわせて乗車時はストレスなくライディングポジションを維持できる。

もちろん高い防寒性能も兼ね備えている。スリーレイヤー生地による外気の侵入を防ぐことに加えて、裏地にARTICAやサーモライト生地を採用することで、気温3℃~10℃までに対応する高い保温性を確保。みぞおち周辺まで股上の生地が延長されており、お腹が冷えてしまう心配も少ない。一方で、ビブの背中部分はメッシュとして汗ムレや汗冷えを防止している。

足を曲げてもストレスフリーなパターンと素材を採用足を曲げてもストレスフリーなパターンと素材を採用 腰回りもパターンを多く使用して保温性や動きやすさを追求した腰回りもパターンを多く使用して保温性や動きやすさを追求した

腹部の冷えを防止するために股上を延長。ジッパー付きなので脱ぎ着がしやすい腹部の冷えを防止するために股上を延長。ジッパー付きなので脱ぎ着がしやすい 部分によって異なる厚みのフォームを採用し快適性を向上させた(写真はIzarビブニッカのもの。同様のパッドを使用している)部分によって異なる厚みのフォームを採用し快適性を向上させた(写真はIzarビブニッカのもの。同様のパッドを使用している)


パッドには部分によってフォームの厚みを変化させた高い快適性を持たせたサイテック社のROAD PERFORMANCE CARBONIUMを採用している。サイズはS、M、L、XL、XXLという5サイズの展開だ。今回、ウエスト75cm、ヒップ89cm、足の付根50cm、脹脛(最も太いところ)周囲38cmの編集部員がMサイズを試着してみたところジャストサイズだったため、普段ヨーロッパサイズでSを着用している方はMで最適だろう。

インプレッションby鈴木卓史(スポーツバイクファクトリー北浦和スズキ)
「防寒性に優れ、おそらく気温12~3℃では全く寒さを感じさせないタイツですね。ビブタイツ全体でタイトめに仕上げられていますが、一度履いてしまえばストレスフリーな着心地となりました。パッドも予想以上に馴染みやすく、縫い目が肌に当たることなく快適でした。冬の間もハードにトレーニングをするライダーにおススメですね。」

レリック Rigel ミディアムビブタイツ
素 材:サーモライト、ARTICA、VENTO BLOCK S930、FT AIR
カラー:ホワイト、ブラック
サイズ:S、M、L、XL、XXL
価 格:22,500円(税抜)



レリック Izar ライトビブニッカ

レリック Izar ライトビブニッカレリック Izar ライトビブニッカ
足を曲げることを考慮した立体裁断を使用した足を曲げることを考慮した立体裁断を使用した 光の具合によって裏の起毛素材の色が見える独特なデザインとなっている光の具合によって裏の起毛素材の色が見える独特なデザインとなっている


秋口や春先などウェアの選択で悩みやすい時期に最適な7分丈のIzar(イザール) ライトビブニッカ。ニッカ全体にイタリアのCarvico社が開発した「ARTICA」を採用している。ARTICAはストロー状の中空糸を使用した起毛2WAY素材で、優れた保温性を備えている。気温8~12℃に対応する。

もちろん乗車姿勢やペダリング動作を考慮した立体裁断を採用した。股関節など可動部分の抵抗(シワや突っ張りなど)が少なく、気持ちの良いスムースなペダリングが可能。パッドはRigel ミディアムビブタイツと同様のサイテック社のROAD PERFORMANCE CARBONIUMだ。部分によってフォームの厚みを変化させているため快適性が高い。

部分によって異なる厚みのフォームを採用し快適性を向上させた部分によって異なる厚みのフォームを採用し快適性を向上させた サイズはS、M、L、XL、XXLという5サイズの展開だ。Rigel ミディアムビブタイツと同様の編集部員が試着したところ、こちらもジャストサイズだったことから、普段ヨーロッパサイズでSを着用している方はMで最適だろう。

インプレッションby山崎敏正(シルベストサイクル)
「ビブニッカの保温性も優れていて、秋口からアーリーウィンターには最適でしょう。ビブ紐は前傾姿勢にあわせて設計されているためか、乗車時には快適なつけ心地でした。」

レリック Izar ライトビブニッカ
素 材:ARTICA
カラー:ブラック
サイズ:S、M、L、XL、XXL
価 格:20,000円(税抜)



インプレライダーのプロフィール

山崎敏正(シルベストサイクル)山崎敏正(シルベストサイクル) 山崎敏正(シルベストサイクル)

「てnち」のニックネームで親しまれているシルベストサイクル総括店長。選手としてはモスクワオリンピックの日本代表に選出された経験を持つ一方で、サンツアーの開発部に在籍していたことから機材への造詣も深い。現在もロードレースで現役で、実業団ロードで入賞する好調ぶり。シルベストサイクルは梅田、箕面、京都と関西に3箇所に店舗を構え「頑張るアスリートのためのショップ」として信頼の技術力や確かなフィッティングサービスなどを提供している。加えて、ロードレースやロングライド、トライアスロン、トレイルランなど様々なジャンルのソフトサービスを展開している。

CWレコメンドショップページ
ショップHP


鈴木卓史(スポーツバイクファクトリー北浦和スズキ)鈴木卓史(スポーツバイクファクトリー北浦和スズキ) 鈴木卓史(スポーツバイクファクトリー北浦和スズキ)

スポーツバイクファクトリー北浦和スズキの店長兼代表取締役を務める。過去には大手自転車ショップで修行を積んだ後、独立し現在の北浦和に店を構える。週末はショップのお客さんとのライドやトライアスロンに力を入れている。ショップでは個人のポジションやフィッティングを追求すると同時に、ツーリングなどのイベントを開催することで走る場を提供し、ユーザーに満足してもらうことを第一に考えている。「買ってもらった方に自転車を続けてもらう」ことをモットーに魅力あるバイクライフを提案する日々を送っている。

CWレコメンドショップページ
ショップHP