MTBクロスカントリー・マラソンで活躍する池田佑樹選手も愛用するアメリカ生まれの汗止めヘッドバンド、HALO(ヘイロ)。最も人気の高いプルオーバータイプのラインアップにタイダイ柄が追加された。



ヘイロ プルオーバー グラフィック(Tie Dye、Blue)ヘイロ プルオーバー グラフィック(Tie Dye、Blue) (c)mesutta
ヘルメットのスウェットパッドが吸収しきれなかった汗が顔に垂れてきたという経験は、サイクリストならば誰もが通る道だ。目尻を通り過ぎ、時として目に侵入してくる汗は、快適なサイクリングを妨げるストレス以外の何物でもない。

額からたれてくる汗の流れを誘導し、快適なサイクリングをサポートしてくれるのがヘイロのヘッドバンドだ。ヘイロの特徴はバンド内側の額部分にシリコン製シールライン「スウェットブロック・テクノロジー」を採用したこと。

柔軟性に優れ、額にピタリとフィットするシールラインが、額から顔正面に流れる汗をせき止め、側方に流してくれるため、汗が目に入る心配を減らしてくれる。また、米国で数多くの販売実績がありながらも、シールラインが原因で肌の痒みや湿疹などを引き起こしたという例は報告されておらず、肌にトラブルを抱えている方でも安心して使用することができるだろう。大量の発汗を伴う真夏のヒルクライムや室内のローラートレーニング、ライド途中で雨に降られてしまった際にヘイロのヘッドバンドは活躍してくれるだろう。

ヘイロ プルオーバー グラフィック(Tie Dye、Pink)ヘイロ プルオーバー グラフィック(Tie Dye、Pink) (c)mesuttaヘイロ プルオーバー グラフィック(Tie Dye、Purple)ヘイロ プルオーバー グラフィック(Tie Dye、Purple) (c)mesutta

ヘイロ プルオーバー グラフィック(Tie Dye、Red White and Blue)ヘイロ プルオーバー グラフィック(Tie Dye、Red White and Blue) (c)mesuttaヘイロ プルオーバー グラフィック(Tie Dye、Black)ヘイロ プルオーバー グラフィック(Tie Dye、Black) (c)mesutta


ヘッドバンド自体の生地は吸汗速乾性に優れるDrylineが採用されている。シールラインは汗をせき止めるが、生地自体が汗を吸収してくれるため、額周りは蒸れにくい。加えて、生地には銀イオン加工が施されており、臭いや痒みの原因となる菌の発生を防いでいる。

今回登場したのは、ヘイロ製品の中でも最も人気の高いプルオーバータイプの新グラフィック。生地を捻った状態で染め上げるタイダイ柄を採用し、鮮やかなグラフィックを実現している。カラーはBlack、Blue、Pink、Purple、Red White and Blueという5種類。サイズはフリーで、価格は2,600円(税抜)。



ヘイロ プルオーバー グラフィック(Tie Dye)
素 材:Dryline
カラー:Black、Blue、Pink、Purple、Red White and Blue
サイズ:フリー
価 格:2,600円(税抜)