神奈川

Pedalist ペダリスト横浜

「うまく乗りたい」をサポートするスポーツクラブのようなサイクルショップ
Pedalist ペダリスト横浜
左から水垣偉弥コーチ、金久保諒三メカニック、山崎泰史店長、野田憲隆オーナー
入ってすぐは普通のサイクルショップ。デローザなどロードバイクが並ぶ
奥のバイクスクールスペースではローラーによるスピニングが行われていた
マットスペースでストレッチやレッスン前のウォームアップ
スピニングレッスンではきれいなペダリングが身につくようコーチがチェック
販売スペースにはバイクやフィットネス関連グッズが揃っている
フレーム販売からのパーツ組み上げが得意で、ユーザーに応じたバイクに仕立てる
くつろぎスペースやシャワーも完備。スポーツクラブにように居心地がいい
なんとボクシングのスパーリングまで。水垣コーチは格闘技の第一人者だ
メカニックスペースで丁寧な作業を行う金久保メカ
お客さん同士楽しげに交流している。「次のイベントとライドの予定は?」
エクササイズ後に喉を潤すドリンクやサプリメントも揃う
店内のあちこちに各レースのチャンピオンジャージなどが飾ってある
テストサドルも豊富に用意。ライド派に嬉しい
クラブの集合写真が飾られていた。イベントには大勢で参加するから楽しい
シティ&タウンサイクルも揃っているのが嬉しい
シューズやヘルメットも揃う
来店者のバイクは店内のスペースに駐輪。防犯上もっとも安心だ
ライドに必要なケミカルや用品類も豊富に揃っているのが嬉しい
パーツ&アクセサリーも豊富。鍵など都市生活に欠かせないものを豊富に揃える
サイクル関連コミックも揃う。「汗を流した後にどうぞ」
スピニングにはGROWTACの固定ローラーを使用。実走感に優れペダリングを矯正してくれる
サプリメントや他のスポーツで使うグッズ類も揃える
レース派の人にはレベルアップを狙うメニューを提示
ヘルメットなど用品もスタッフおすすめセレクトグッズを揃える
マットでストレッチ。本格的なヨガ教室も開催される
山崎店長によるメンバーのトレーニングメニュー。サポートは本格的だ
港南区の鎌倉街道沿いにあるペダリスト横浜。ショップカラーのオレンジが目立つ店舗に入れば、自転車が並ぶその奥のスペースはちょっと不思議な雰囲気。ずらり並んだローラー台でスピニングするサイクリストたち。その横のマットスペースではストレッチやヨガをする人も。スパーリングまで行われていて「ここはトレーニングジム?」と思ってしまう。ともかく普通のサイクルショップではなさそうだ。

この場所に店舗を移して2年、創業7年目を迎えるペダリストだが、そのユニークな形態は徐々に変わってきたものだという。サイクルショップ半分、トレーニングジム半分が現在の姿。

「もともと『モノを売らない自転車屋』というコンセプトでペダリストはスタートしました。トレーニングスペースを優先して初めたんですが、徐々にスポーツバイクの購入を希望されるお客様が多くなって今の形になったんです。
ハードだけでなくソフトも扱うメリットは大きいです。バイク、ウェア、ヘルメット、用品などライドに必要なものはすべて扱っているので、お客様のスポーツライフすべてをご相談できることになりますから」と山崎店長。

オーナーの野田憲隆さんはマセラティなどの外車販売の会社も経営する。2020年には高級スポーツカーとピナレロがショールームに並ぶピナレロショップ青山を開店し、大きな話題に。ペダリストには自身が趣味のサイクリストである野田さんと山崎店長のこだわりが詰まっているようだ。

野田さんは言う。「かつて山崎と自転車に乗りながら『いつかスポーツジム的なお店ができたらいいよね』と話していたんです。それはボクが自転車に乗り始めたときに教えてくれる人が周りに居なかったというのが原点にあるんです。自転車の知識がない、サイクルショップにも頼れない。もし乗り方を親切に教えてくれるショップがあったなら、今よりもっと楽しく・上手に乗れただろう、という想いです。
奥のスペースではスピニングのグループレッスンが行われている
参加者にあわせたメニューでコーチする山崎店長
なんとスパーリングまで。ここはボクシングジム?
マットスペースでのウォームアップ&ストレッチ
そこでペダリストでは自転車を買ってくれたすべてのお客さんにロードバイクスクールを1ヶ月無料でお付けしているんです。まずスタッフと一緒に走ったり、スタジオでローラーを使ってペダリングの基本を身につけてもらう。車道の走り方や最初の鬼門になるビンディングペダルの脱着など、基本をしっかりと身に付けてから独りで乗り出してもらうようにしています。自転車を買ったはいいが乗り方をマスターできずにやめてしまう、なんてことがあってはならないですよ」。

ロードバイクスクールやジム利用は週一回、マンスリー会員、通いたい放題などの各プランが用意され、ダイエット目的の利用から、レースに出たい人など目的に応じたメニューでのプログラムを用意しているという。現在はコロナ対策の関係で少人数制とし、感染防止対策を万全にしたうえでトレーニングセッションを行っている。現在で50人ほどのメンバーが通っているという。

「そんな生い立ちですから、売るだけのサイクルショップではなく、買っていただいた後にいかに楽しんでもらえるかのソフトを重視しています。ボクが『こういうお店があったらいいな』をカタチにしたのがペダリストなんです。それが原点ですから、ボクはお客さんが羨ましい。ボクが自転車を始めたころにあって欲しかったお店だから!」と野田さんは笑う。

「ダイエット目的のエクササイズ、あるいはレースやイベントに出るためのスクール。それぞれでお客さん同士の連帯感が生まれて仲間の交流ができるのもいいようですよ。自転車のコミュニティって多くないけど、集う場所としてお店を活用してもらったり、週末に一緒に走りに行ったり。共通の趣味の友人ができると気持ちに張り合いができて続けやすくなるようです」。

店舗を入ってすぐはスポーツバイク販売スペースだ
サイクルライフに必要なパーツ&アクセサリーも豊富に揃う
都市型サイクルライフに必要なアクセサリーもこのとおり
オーナーの走りに応じてフレームからのオーダーに対応するのも得意だ
ペダリストではスポーツライド入門者のお客さんに対して「自転車を買ってから3ヶ月で100km走れるようになりましょう」という目標を提案しているという。
「最初はその気がない人でも、ほかのお客さんたちが目標を立てて楽しそうに挑戦している姿を見ていると自分もやってみたくなるようです。そうして目指すようになる人が多いですね。お客さん同士誘い合って練習し、連帯感も出てくる。ステップを踏んで『2年後には佐渡ロングライド210kmを完走できるよう頑張ろう』となる。一緒に走って達成感を味わってもらえると私達も最高です」。

もちろんロングライドやヒルクライムレースなど、 目的のイベントやレースに出る人向けのトレーンングメニューづくりも得意だ。「富士ヒルクライムなら目的に合わせたメニューを組んで3ヶ月ぐらい通っていただければ、シルバーぐらいなら誰でも達成できます。ボクでも1時間半切りはできましたし、ちゃんと取り組めばほとんどの方が目標を達成できますよ!」と野田さん。

この日のロードバイクスクールはローラー台でのグループセッション。参加者の実力やレベル、経験によってそれぞれ強度を設定してペダル回転数や出力をスタッフがチェックしながら行っている。パワーメーターの無い人は心拍とケイデンス、ギアの歯数などを設定。固定ローラーには主にGROWTAC製を用いている。前輪が浮動する機構のため実走に近く、ペダリングの癖を矯正する効果があるという。身体のアライメントを正し、きれいなペダリングを目指す。

「ペダリストのスクールに通う方は、初めて数ヶ月の人であっても自己流でやってきたベテランよりペダリングやフォームがきれいです。それが私たちの誇りです」と山崎店長。
「私自身、普通に乗れるまでに3年かかってしまった後悔があるんです。基本の上達が早ければ、そのぶん長く楽しむことができたのに」と野田さん。「本来2、3年かかってしまうことを半年でできるようにお手伝いするのがペダリストなんです」。
同じ目標に向かってトレーンング。一緒に頑張る仲間がいれば続けやすい
トレーニングを欠かさず、レース入賞歴も多い山崎泰史店長
総合格闘技団体「UFC」の日本人最高連勝記録をもつ水垣偉弥コーチ
筋トレやストレッチ、体幹トレーニングなどを教えているコーチの水垣偉弥さんは、アメリカの総合格闘技団体「UFC」で10年以上に渡って活躍し、日本人の最高連勝記録を持っている人物。ペダリストでロードバイクに乗ってきたつながりで、引退後より正社員として勤務している。

「もともとペダリストでサイクリストにとっての筋トレを教えていたんです。心がけているのは自転車だけでなく、何のスポーツにでも役立つ体づくりです。身体の可動域を増やしたり、腰痛を治したりも。本格的に楽しむためのベースづくりをお手伝いします」と水垣さん。

スポーツとしての自転車に真剣に打ち込む楽しさとともに、最近はグラベルライドなどもペダリスト内で流行しだしているという。「アスリートの皆さんもレースにお疲れのようだし、楽しいことをしたいというのは皆一緒。キャンプ道具一式を積んで山へ出かけて行ったりするのも楽しいですよね」。

YOUTUBEチャンネル「ペダリストTV」では「カナえもん」として数々のノウハウを披露するメカニックの金久保さんは、週末ごとにグラベルライドを楽しんでいる。かつては実業団レースのE1クラスを走った経験があり、自転車部品の輸入代理店に勤務した時代には年間600回以上も輪行して日本中を自転車で営業して回った経験を持つというユニークな人物。動画や店頭での講座で輪行ツーリングのコツなども教えてくれる。

「今はお客さん対象のグラベルツアーをやりたくてコースを開拓しています。那須ブラーゼンのメカニックも経験したことがあり、メカ作業に関しては僅かな誤差にも妥協しないこだわりがあります。MTBなどどんな車種もOKで、他のお店で解決できないことでも解決できる自信があります」と頼もしい。ペダリストにはオン・オフ問わずサイクルライフをサポートするすべてが揃っているのだ。
どんな車種も精密な作業でこなす金久保諒三メカニック
お客さん同士の交流が魅力。共通の趣味の仲間づくりを
来店者のバイクはすべて店内で管理するため防犯上も安心だ
クラブでイベントを楽しんだ記念写真。何にも代えられない思い出だ
店舗情報
郵便番号 
234-005
住所 
横浜市港南区日野5丁目1−25 ライオンズマンション上大岡 1F
営業時間 
平日:13〜21時
土・日:10〜19時
定休日 
無し
TEL 
045-370-7726
FAX 
045-370-7238
アクセス 
横浜市営地下鉄 港南中央駅より徒歩8分
京浜急行上大岡駅より徒歩16分
店舗前に駐車場スペースあり
バスをご利用の場合は横浜市営バス「新吉原橋」が最寄りのバス停
スタッフからのメッセージ
ペダリストが目指すのは、自転車が一つの輪になるよう楽しむことを提供して、お客様の間に友だちの輪が広がること。一緒に遊んだり、切磋琢磨して真剣に楽しんだりという広がりができることです。共に楽しい時を過ごせるような場を提供すること。ヘビーユーザーの方ではロードバイクスクール、筋トレ、グラベルライド、ヨガ、キックボクシングなど、ペダリストが提供するすべてを楽しんじゃう人も居ます。自転車仲間が居ないという人もぜひ来てください。生活を豊かにしてくれる自転車遊びを共に楽しみましょう。

Pedalist ペダリスト横浜