関東 › 東京

ペダリスト ピナレロショップ青山

憧れのバイクで夢を叶えるお手伝い ソフト重視のサービスを展開するピナレロ専門店
ペダリスト ピナレロショップ青山
ピナレロの大きなロゴがお出迎え。専門店らしいレイアウトだ。
店内にはDOGMAを筆頭にピナレロバイクが勢揃い。レアなカラーも展示されている。
エガン・ベルナルがツール・ド・フランスに優勝した際に駆ったドグマF12の実車
ロードバイクだけでなく、グラベルバイクのGREVILも展示中。
ピナレロバイクにベストマッチなホイールやMostの専用ハンドルなども豊富に在庫する
シューズはフィジーク、ヘルメットはカスク、ボトルケージはエリートなど、イタリアンブランドを中心としたラインアップ
ピナレロオフィシャルのアパレルも展示。
まるで宝石のように展示されたスーパーレコードEPS。イタリアンバイクにはイタリアンコンポーネントが似合う
余裕をもって商談できるスペースも設置される
新たにオープンな空間に設置されたメカニックスペース。洗車サービスも始まる。
拘りの詰まった洗車グッズ。
拘りのケミカル類。ピカピカに仕上げるためのコーティング剤は洗車サービスに欠かせない。
地下には明るい雰囲気のトレーニングスタジオが設置される。
更衣室も完備。ロッカーも備えている。
しっかりとフィッティングが出来るよう、bikefitting.com社のシステムを使用する
店内の各所に猫のマスコットが。ちょっとした遊び心も忘れない、そんなお店だ。
東京メトロ銀座線、外苑前から徒歩3分。喧騒に満ちた青山通りから一つ裏に入るだけで、途端に静けさが増した。ヨーロッパを思わせるレンガ敷きの通りに、サイクリストにはおなじみの"PINARELLO"ロゴが見えた。そう、ここが世界でも数店しかないピナレロのワンブランドショップとしてオープンし、話題をさらった"Pedalist ピナレロショップ青山"の新店舗だ。地上1階、地下1階の2フロアとなっており、ざっくり言えば地上が「モノ」に、地下は「コト」にフォーカスを当てた構成となっている。

高級感のある黒基調にデザインされた1階で、一際大きな存在感を放つのがマイヨジョーヌカラーのDOGMA F12。なんと、チームイネオスのエガン・ベルナルがツール・ド・フランスに優勝した際の実車なのだという。

そんなスーパーバイクの後ろに、ズラリ並べられるのはピナレロのフラッグシップモデルであるDOGMAを筆頭としたフルラインアップ。ロードバイクだけでなく、グラベルバイクのGREVILなども展示され、ピナレロショップの名に恥じない充実ぶりだ。

「DOGMAからRAZHAまで全車種の試乗車を用意しています。どの車種か迷われている人はぜひ一度お越しください」とは、運営会社であるミラコラーレ代表の野田憲隆さん。自身も歴代DOGMAを乗り継ぐピナレロフリークであり、横浜にも店舗を持つPedalist(ペダリスト)、そしてフェラーリやランボルギーニなどの販売会社を経営するなど、速さを求める乗り物をこよなく愛し、そして仕事にしてきたビジネスマンだ。

高級なスポーツカーを扱ってきたノウハウを活かした店舗デザインは、自転車店の枠に収まらないゴージャスな空間。前店舗のオープニングイベントで、ファウスト・ピナレロ氏が贈った「ピナレロにふさわしい、最高のお店。ブラボー!」という賛辞は、この新店舗においても変わらないだろう。
福本店長(右)と、新たに横浜店から移籍してきた金久保さん(左)
店舗一階はピナレロバイクがずらりと並ぶ。DOGMAを筆頭にほぼ全モデルが揃う。
まるで美術品のようにレイアウトされるDOGMA。違和感なく収まるオーラを放つ逸品だ。
ドグマや最新モデルの展示に圧倒される
このようなラグジュアリーな店舗としてピナレロショップ青山を設計した理由について、野田代表は次のように語る。

「スクールやライド会の開催、メンバーでのイベント参加など、ペダリスト横浜では自転車を購入した後にいかに楽しんでいただくかに主眼をおいて運営しています。僕はずっとピナレロが好きな趣味のサイクリストでした。

クルマの外車ディーラーは、かつてブランドをごちゃ混ぜにして販売していました。例えばフォルクスワーゲンとメルセデス。フェラーリとマセラティが一緒のショールームに並べられていたんですが、今は独立ブランドとしてショールームを運営しています。同じようにこれからの時代自転車も特別なブランドであれば専売店としてやるのがふさわしいと考え、中でもピナレロには根強いファンが多数いらっしゃいますし、品質も非常にいい。じゃあ”ピナレロオンリー”でやってみよう、というのが発端です。憧れのピナレロならワンブランドショップとして必ずお客様に喜んで頂けるだろうというのが一番のポイントです。

サイクルショップの多くでは、数万円の自転車と200万円のスポーツバイクが同じ店内で同じような接客で売られているのが現状。私はクルマのビジネスもしているので、クルマのお客さんから『最高の自転車を買うのになんでこんな粗末な対応なの?』という声も聞こえていたんです。いいクルマを購入するときみたいに、一対一でゆっくり話して、納得いくまで説明を聞きたいはず。初めてで何を選んでいいのかわからない人にでも、しっかりと納得していただけるまでご説明したいんです。ピナレロを欲しいという人が『この店で買いたい』『また来たい』『この店で買って良かった』と思えるようなサービスを提供するのがモットーです」
1階の奥には商談スペースが設けられる。予約制で時間を気にせずアドバイスを受けられる。
新たに加わった金久保さんは百戦錬磨のメカニック。ワンオフの工具を自作してしまう工具マニアでもある。
金久保さんの選球眼が光る工具箱。メカニックに定評ある一流ブランドが揃う。
新たに始まった洗車サービス。数多くのバイクを洗い上げてきたプロチームメカニック経験者の腕の見せ所だ。
そんな野田代表の想いは店舗のレイアウトにも反映されている。ただぎっしりとピナレロバイクを並べるのではなく、心いくまで相談できるような商談スペースが設けられており、初めてバイクを買う人もカスタマイズの打ち合わせをする人も、納得いくまでアドバイスを受けることが出来る。現在はコロナウィルスの影響もあり、来店については予約制での対応としている。商談、整備依頼、納車説明など、訪問に際してはホームページの予約サイトから申し込む。

「その人ならではのスポーツのバックグラウンドや、これから買うバイクでどんなことをしたいのか、どんな乗り方をしたいのか。十分に聞き取って相談に乗ったうえで車種選びからサイズ選びへと進んでいきたい。ピナレロは特別な自転車ですから、時間をかけてゆっくりと選んで欲しいんです。フィッティングについても、先を見通したサイズ選びやポジション出しまで煮詰めたうえで、お客様の迷いが消えるまで話し合ってからお買い上げいただく。そしてその後のフォローも任せて欲しい。自転車だけでなく、サイクルライフを一緒に創り上げていくようなイメージです」と話すのは店長の福本さん。

「まったく初めてスポーツバイクを買うという方や、フレームから組む方などは2時間あっても足りないぐらい。でも納得行くまで話し合えるようにします。予約制というのはお互いに話しやすいんです。例えば新車注文であればマンツーマンで2時間を確保していますが、しっかりご対応したいため。誰にも邪魔されず『2時間はあなたのために確保してあります』ということなんです」。

もっとも、通りがかりに立ち寄っても入店と店舗内の閲覧は可能で、スタッフも予約客が居ない時間帯であるなら対応は可能だ。「『買う気は無いけど話を聞きたい』でも結構ですよ(笑)」と、ふらりと立ち寄ってみることもウェルカム。

店舗の移転に伴って、更にパワーアップを果たしたのがソフト系のサービスだ。以前の店舗ではメカニックスペースはあえて隠されており、いかにも「ショールーム」という佇まいであったが、新店舗では商談スペースの横に目に見える形でメカニックブースが設置されている。

工具箱にはヴェラやベータといった一流ブランドの工具が並び、高級バイクを整備するのにふさわしい環境が整えられている。「実は工具マニアなんです」と話すのは、福山店長と共に新生ピナレロショップ青山を支える金久保さん。過去には輸入代理店のメカサービスも務め、プロチームのサポートなども経験してきた筋金入りのメカニックだ。その言葉に嘘はなく、中にはワンオフで作ってもらったというブレーキブラケットの位置を揃えるための専用工具なども。

その他にも、メカニックブースには昨今流行し始めている洗車サービスのためのシンクが用意されている。プロチームメカニック経験者ならではのテクニックによって、愛車をしっかりと磨き上げてくれるというのは、他ではなかなか味わえないサービスだろう。
地下には爽やかな雰囲気のトレーニングスタジオが。
フィジークのテストサドルも完備される。サドルの悩みは初心者からベテランまで尽きぬもの、しっかりケアしてくれるのは嬉しいポイントだ。
スタジオ階にもくつろげるスペースを用意している。疑問点なども気軽に尋ねられるだろう。
bikefitting.com社のシステムを中心にポジション合わせやフィッティングを行う
メカニックに加え、新生ピナレロショップ青山の主軸となるのがフィッティングやスクールといったサービスだ。階段を下りた先には、ラグジュアリーな印象の一階から一転、明るく爽やかなトレーニングスタジオが用意されている。

もともと、横浜のPedalistはトレーニングルームを完備した、まるでスポーツクラブのようなソフト重視型のショップ。ライドイベントも盛んで、講習会やクラブの活動が盛んなことでも知られている。福本店長はその横浜店で多くのスクールやイベントのアテンドを務めてきた経験の持ち主。実業団エリートクラスでの優勝経験やMt.富士ヒルクライムにてゴールドリングを獲得した経験も持つ現役レーサーで、トレーナーとしての指導には自信アリ。

フィッティングサービスについてはbikefitting.com社のフィッティングマシンを活用してのポジション出し、ペダリング解析が可能。「横浜店での経験があるからこそ、今があります」と福本さん。「ピナレロはサイズが小刻みにあって、どんな人でも2サイズぐらいから選択できます。500mmなのか515mmなのか、その違いがどこにあるのか、どちらを選べばいいのかをしっかり説明して選んでいただきたい。それができるのが細かなサイズ展開のあるピナレロで、ブランド専門ショップのできることです」。

そうして身体にピッタリとフィットするバイクを手にした方に向けては、レベルに応じて様々なレッスンが用意されている。最もビギナー向けとなるのが「ロードバイクデビューレッスン」と銘打った全4回のレッスンだ。パンク修理・車輪の着脱・空気入れ、輪行のやり方、ローラーを用いたフィットネス、洗車方法といった、ロードバイクを楽しむにあたって必須となる基本的な項目を1か月かけてレクチャーしてくれる充実の内容となっている。「納車時の説明で色々な事を一気にお話ししてしまうと、初心者の方は覚えきれないですよね。なので、お客様のロードバイクデビューを最大限にサポートするために、当店で車体を購入された方には無料でこのレッスンを受講していただけるようにしています」と、福本店長。

このレッスンを受講し、ロードバイクに慣れてきた方に向けて「乗り方」にフォーカスを当てるのが室内レッスンと実走トレーニングを組み合わせた「マンスリーロードバイクレッスン」。そしてレース参加や成績向上のため、よりハードなトレーニングメニューを提供する「トレーニングライドレッスン」も用意され、それぞれのニーズに合わせてステップアップしていけるスクーリングプログラムが企画されている。

また、コロナの影響もあるものの、今後はライドイベントへの参加も計画中だという。グランフォンド八ヶ岳をはじめとした国内イベントはもちろん、イタリアのグランフォンド・ピナレロにオーナーたちと共に参加して楽しむことも視野に入れているという。もちろん青山店でのバイク購入者は横浜店でも同じサービスを受けられるし、横浜店を拠点とするライドイベントや講習会への参加も歓迎だ。

「ピナレロはトップ選手のものだけではありません。私自身がダイエット目的からサイクリングを初めて苦労してきたサイクリストですから、そうした人たちをサポートすることがお店の役割。ピナレロという特別な自転車を手に入れたら、ライドの夢も叶えるお手伝いをしたいと思っているんです」と野田さん。「ペダリストに通っていただく方はフォームがきれいで乗り方がしっかりしている。それは私達の自信です」と福本さん。人気の高いピナレロの専門ショップだが、重視しているのはユーザーサポートとサービス。決して敷居の高いブランドショップということではなさそうだ。
しっかりとポジション出しを行った上で新車を手にすることが出来る。サイズ展開が細かいピナレロだからこそフィッティングの重要度も高まる。
ペダリング解析は出力測定やクリート位置決めに活用可能
スクール用に用いられるのはグロータックのGTローラー。自然なライドフィーリングで実走に近い体の使い方が可能。
佐渡ロングライド(写真)や富士ヒルクライムなど、メンバーでのイベント参加も楽しい
店舗情報
郵便番号 
107-0062
住所 
東京都港区南青山2-13-16 オカダビル1F
営業時間 
平日(水・木・金):11:00~20:00
土・日・祝:10:00~19:00
新型コロナ対策のため営業時間の短縮やご来店制限など変更されている場合があります。必ずホームページにて確認のうえご来店ください。

来店予約ページ:https://reserva.be/pedalistpinarello
定休日 
月、火 (但し定休日が祝日の場合は通常営業し、翌日がお休みとなります)
TEL 
03-6427-1877
FAX 
03-6712-5894
アクセス 
東京メトロ銀座線 外苑前駅から徒歩5分
スタッフからのメッセージ
福本店長(左)と、新たに横浜店から移籍してきた金久保さん(右)
横浜店で培ったトレーナーとしての経験があるからこそ、いろいろなご提案・アドバイスができると思っています。私も現役サイクリストとして走っています。ピナレロという憧れのバイクを手に入れた方にはライドの夢も叶えて欲しい。

スポーツバイクは乗りこなすまでが大変。ぜひ私とペダリストでサポートのお手伝いをさせてください。これから展開する楽しい企画を考案中です。お高くとまった店ではありませんので、ぜひお気軽にご相談、ご来店ください。

ペダリスト ピナレロショップ青山