関東 › 東京

ワイズロード渋谷本館

キャノンデールストアを併設 道玄坂の上にある渋谷随一の規模を誇るサイクルショップ
ワイズロード渋谷本館
最も大きな面積を占めるキャノンデールブランドストア
キャノンデールブランドストアを統括する間野さん
レディースサイズのバイクもしっかりと揃える
完成車のみならずフレームセットも取り扱う
キャノンデールブランドのアパレルやファブリックのサドルやツールなども充実
新製品の入荷や予約情報が随時更新中
ストリートバイクにも強いのが渋谷らしさ
BESVをはじめ、E-BIKEも得意分野の一つ
ホイールの在庫も豊富にそろえる
パーツ類はカラーバリエーション豊かに 楽しくなるようなお店がモットーだ
並ぶシューズもオシャレなモデルが中心
ストリート系のヘルメットも揃っている
フォールディングバイクコーナーも充実
フットウエアコーナーも大きく取られている
入ってすぐには駐輪場が 安心して買い物ができるのはうれしいポイント
いつでも誰でもウェルカムです!と語る石黒店長
世界で最も人通りの多い交差点と言われることもある渋谷のスクランブル交差点から道玄坂をヒルクライム。しばらく歩き、KOMが見えてこようというタイミングで左手に見慣れた大きな青い看板が見えてくる。そう、渋谷随一の規模を誇るバイクショップ、「ワイズロード渋谷本館」だ。

本館があるということは別館もあるのかと思いきや、現在渋谷にはこの1店舗のみ。過去に渋谷レディース館が存在した時の名残なのだとか。つまり、ワイズロード渋谷本館は自転車から各種パーツ、ウエアまであらゆる自転車用品が集結しているワンストップなプロショップとして、渋谷のサイクリストを支え続けている。

平日・休日問わず人でごった返す渋谷の街中に立地していることもあり、駐輪場は店内に完備されている。自転車で訪れたとしても、停める場所を探すことも盗難の心配をすることもなく、買い物や相談に集中できるのはサイクリストにとって嬉しく、ある意味最も重要なポイントでもあるだろう。

道玄坂に面した入口から店内へ入ると、予想以上に奥行きのある空間が広がっている。ずらりと並べられたスポーツバイク達がいつもよりカラフルでポップに見えるのは、渋谷というロケーションのなせるわざだろうか。

「いえ、実は結構意識しているんですよ」と話してくれたのは、親しみやすい雰囲気を纏った石黒店長。「渋谷という街に合わせて、できるだけ明るいお店にしようと思っているんです。だから、並べている自転車やパーツも、ありがちなモノトーン系だけでなくて、できるだけカラーバリエーションを多めに揃えていこうとしているんです」と、その秘密を明かしてくれた。
東京唯一のキャノンデールブランドストア 
BADBOYなどのクロスバイクも人気だという
他のショップではなかなかお目に掛かれないようなバイクも
担当する間野さん キャノンデール愛に溢れたスタッフだ
数多くのブランドのスポーツバイクが所せましと並ぶワイズロード渋谷本館だけれど、このショップを語るうえで外すことができないのがキャノンデールブランドストアだろう。その名の通り、キャノンデールバイクを専門に取り扱うショップinショップとなり、MTB系を除くほぼ全てのラインアップがここ渋谷に集まっている。

ハイエンドロードであるSUPERSIXやSYSTEMSIX、永遠の定番モデルであるCAADシリーズは当然のようにフルラインアップされており、TopstoneシリーズやQUICKやBADBOYといったグラベルバイクやクロスバイクなども数多く取り揃える充実ぶり。都内唯一のキャノンデールブランドストアの名に恥じない品揃えだ。

「キャノンデールなら渋谷!といえるコーナーを目指しています」というのは、キャノンデールストアを担当する間野さん。SUPERSIX EVO Hi-modや、F-Siと多くのキャノンデールバイクを愛用し、今年はTopstone Carbonを手に入れ、台風迫る中で日本初開催となったグラインデューロ・ジャパンに参戦したという筋金入りのキャノンデールファンがこの一角を取り仕切る。

「キャノンデールは、常にイノベーションの先端を走ってきたブランドです。それは今でも変わることが無くて。例えばアルミのCAADシリーズも13にリニューアルして、大幅に進化しました。もうCAAD12で完成されていると僕たちは感じていたんですが、そんな予想を軽々と飛び越えてきましたね」と目を輝かせてキャノンデールを語る間野さん。そんな間野さんの発信する情報に惹かれ、なんと静岡から来店される方もいたのだとか。

愛溢れるスタッフが在籍しているだけでなく、渋谷本館でキャノンデールを購入すると、シーズンごとに内容は変わるものの、様々な特典もあるのだとか。年間を通して続いているキャンペーンとしては、キャノンデールブランドストアでバイクを購入した人に限り、ガラスの鎧を施工(有料)するサービスなども実施しているという。
奥行きのある店内にずらりと自転車が並ぶ
わかりやすいPOPは渋谷本館の持ち味だ
クロスバイクも人気のカテゴリー ライフスタイルに合わせた構成
渋谷をイメージしたオリジナルジャージも 残念ながら非売品とのこと
もちろん、キャノンデール以外のブランドも多く取り扱っている。ジャイアントやピナレロ、フェルト、スコット、チネリ、フジetc……。車種ごとの割合でいえば、ロードバイク6割、クロスバイク3割、シングルスピード1割といったところで、ワイズロードの他店舗に比べるとアーバン系のバイクが多いのは渋谷らしい。

「これでも大分ロードが増えたんですよ」とは石黒店長。「国際的なIT企業をはじめ、大きなオフィスビルがたくさん出来て、少しづつ街の雰囲気も変わってきました。以前はクロスバイクやシングルスピードが主流だったのですが、だんだんとロードバイクを求める方も増えてきました」とここ数年の変化について語ってくれた。

ここ最近で言えば、E-BIKEの取り扱いも拡大しているのだとか。「渋谷は坂の町でもあるので、E-BIKEが活躍してくれます。特にBESVのバイクはデザインも良くて、とても人気ですね」とのこと。もちろん、BESVだけでなく、他のブランドのE-BIKEも取り揃えている。それも、

「刻一刻と変化する渋谷の街に合わせて、私たちもどんどんと変わっていく。そんなお店作りを目指しているんです」という言葉通り、売り場のレイアウトを見直すことはしょっちゅうだという。「何度来店してもらっても、ワクワクしてもらえたら嬉しいですね」と石黒店長。
ワイズロード名物の即納バイク しっかりと整備された自転車たちが待っている
坂の町・渋谷にぴったりなE-BIKE 中でもスタイリッシュなBESVは人気
カラフルなカスタムパーツを豊富に揃える 自転車屋らしくない華やかな雰囲気が魅力だ
渋谷らしい、という意味ではアパレル系のラインアップに触れずにいることはできないだろう。もちろん、カペルミュールやパールイズミ、ルコックスポルティフなど一般的なサイクリングウエアブランドは押さえつつ、ストリートライドにぴったりなアーバン系ブランドもしっかりカバーしている。

また、多くの外国人観光客が訪れるというのも渋谷本館の特徴だという。漢字をあしらったアクセサリーや、和柄のジャージなど、海外のサイクリストの心をくすぐるアイテムたちを豊富に取り揃えている。もし、海外からやってきたサイクリスト仲間をアテンドしたり、はたまたお土産を用意したりという機会があれば、ワイズロード渋谷本館に足を運ぶと良いだろう。

そんなダイナミズムに満ちたワイズロード渋谷本館だが、そこに一本筋を通すのが腕の確かなメカニック陣だ。ベテランの北山さん、そして最新のトレンドに詳しい冨山さんの2人体制で、多種多様なメカニック作業をこなしている。

メカニックのモットーは「当たり前のことを当たり前に」だと語るのは、あごひげの似合う職人然とした出で立ちの富山さん。実は、プライベートではフレームビルドまで嗜むというのだから、メカニック作業についてもお手の物。納車前整備から様々なメンテナンス、大掛かりなオーバーホールまでなんでもござれ。もちろん、昨今主流となりつつある油圧ディスクブレーキも得意分野の一つだ。

渋谷を象徴する道玄坂というロケーション、キャノンデールブランドストアまで擁する専門性の高い品揃え、そして日々変化するトレンドを追いかけ進化する感度の高い店づくりとそれを実現するスタッフたち。日本有数の繁華街の自転車屋さんは、今日も多くのサイクリストを笑顔にしているはずだ。
ワイズロード渋谷本館の整備を担うメカニックたち
作業は真剣そのもの。全ての行程に手抜きをせず、基本に忠実に。
レディースウエアコーナーも用意されている
インバウンドも多い渋谷 こんな和柄ジャージも人気商品
店舗情報
郵便番号 
150-0043
住所 
東京都渋谷区道玄坂2-10-7 新大宗ビル1号館
営業時間 
月~金 / 12:00~20:00
土日祝 / 11:00~20:00
定休日 
なし
TEL 
03-5728-3539
アクセス 
渋谷駅2番出口より徒歩3分
スタッフからのメッセージ
はじめての方はもちろん、中上級者の方も大歓迎です!カスタムなどの要望にも応えられるように品揃えを強化中です。お客様の声を聴かせていただければ、お店も合わせて進化していきますので、ぜひお気軽にお越しください!

ワイズロード渋谷本館