近畿 › 大阪

ワイズロード大阪本館

TEL 大阪本館:06-4705-5482 お店のウェブサイトへ
関西随一の品揃え ウェア館も併設され400台の完成車が待つ大型プロショップ
ワイズロード大阪本館
店内には多くの完成車が並ぶ その数なんと400台ほど
グラベルロードもしっかりと取り扱う スタッフもツーリングを楽しむ人が多い
小径車も大きく面積を確保する
フレームのカットサンプルなんて珍しいものも展示されている
ボトルケージ一つとってもこの在庫量 関西最大級のプロショップ
カラースポークも在庫されている
ロックはアブスをメインに取り扱う
ミニベロの在庫も豊富 
MTBタイヤもしっかりと用途に応じたモデル展開
ドロッパーポストも取り揃えている
楕円チェーンリングはイチオシアイテム ローターやアブソリュートブラックなどが揃う
ウェア館ではレディースコーナーも大きく面積を取られている
ヘルメットの在庫量も豊富だ
サガンモデルのアパレルなども販売中
大阪メトロ堺筋本町駅と長堀橋駅のちょうど真ん中。御堂筋と並び商都・大阪のメインストリートの一つである堺筋に大きなスポーツバイクショップができたのは、2008年のこと。総合スポーツバイクショップとして首都圏では認知されていたワイズロードが全国展開する第一歩となったのがこの大阪本館だ。

250坪を超える大規模な敷地の中には、400台に迫る完成車がずらりと並べられている。大阪市内のライバルショップはもちろんのこと、京都店や神戸店といった関西にあるワイズロードの他店舗と比べても頭一つ抜きんでた、圧倒的な在庫量がワイズロード大阪本館のシンプルにして最大の強みだ。

「ここに来れば何かがある、話題の最新モデルからマニア垂涎のものまで。そんな風に思って足を運んでいただけるようなショップにしたいんですよ」と語ってくれたのは副店長の利田さん。その言葉通り、初心者向けのエントリーモデルから各社のハイエンドモデルまで、幅広いグレードの自転車が取り揃えられている。

メインとなるロードバイクの中でも、特に力を入れているのはキャノンデールやトレックといったアメリカンブランドと、ピナレロやコルナゴといったイタリアンブランド。特にピナレロやコルナゴは展示するエリアの装飾にもこだわっており、まるでサイクルモードの出展ブースのような雰囲気を醸し出す。

完成車の在庫量に目が奪われがちだが、一方でフレームセットから自転車を組み上げていく”バラ完”も得意分野。ピナレロやデローザ、ルックなどのハイエンドモデルがずらりと並ぶほか、壁一面には多くのホイールが展示されており、こだわり派のサイクリストにもしっかり応えることが出来るのがワイズロード大阪本館の強みだ。
2019年11月にオープンした特設コーナー「コルナゴ ブランドストア」。C64全カラーやヒストリーバイク展示なども
ホイールの在庫も豊富にそろう
E-BIKEもしっかりと展示されている
多くの展示車が陳列される
ロードバイクはもちろんのこと、トライアスロンバイクやクロスバイク、ピストにMTB、ミニベロと幅広いジャンルのバイクが所狭しと並べられている大阪本館だが、それぞれのカテゴリーを得意とするスタッフが在籍しており、的確なアドバイスを受けることができる。

自身もロードレーサーとして、JBCFを中心に走り全日本選手権への出場経験やツール・ド・おきなわ市民210kmで11位というリザルトを残しているアスリートでもある利田さんをはじめ、スタッフの皆さんはそれぞれの得意分野を持った粒ぞろいだ。

店内の各所には、「スタッフが使ってます!」というPOPが付けられたパーツたちが展示されている。それぞれのスタッフが自分の経験をベースに自信をもってオススメできるパーツやアクセサリーが並べられているのだ。通りいっぺんのカタログ的な知識でなく、豊富な実体験に根差した製品説明を受けることができるのも、ワイズロード大阪本館の強み。

トライアスロンを担当するのは光井さん。「どうすれば速く、楽に走れるのかを追求しています」と語る光井さんは、オリンピックディスタンスを中心に精力的にトライアスロンやタイムトライアルレースへ参加している経験を活かして、様々な機材のアドバイスもお手の物だ。

今年の4月から本格稼働を始めたというMTBコーナーには、トレックやキャノンデール、GTといったアメリカンブランドがずらりと並ぶ。「知らない道を走る冒険心って、大人になっても楽しいもの。その楽しさをお伝えしたいんです」と担当の福本さん。小学校6年生ごろからずっとMTBで遊んできたという生粋のMTBerだ。
MTB&グラベルコーナーも充実している
小学校6年生ごろからずっとMTBで遊んできたという福本さんがMTBを担当
トライアスロンを担当する光井さん
スタッフが使用しているバイクやパーツにはPOPが付けられていた
メカニックブースの広さも大阪本館の特徴だ。2か所に設けられたテックスペースで、日々大量の自転車が組み上げられていく。購入したその日中に乗って帰ることのできる”即納バイク”の整備や、修理対応などに対応するべく、メカニックの皆さんは日々研鑽を積んでいる。

近年取り扱いが格段に増えているというディスクブレーキロードの扱いもすでに手慣れたもの。それも圧倒的に多くの経験を積むことができるからだろう。この日も4名のメカニックが次々と入庫するスポーツバイクを淀みない手つきで整備点検していた。

ハード面だけではなく、実際の遊び方や乗り方もしっかりと提案してくれる。月に3度ほどサンデーライドと銘打ったサイクリング会が開催され、スタッフと共にライドを楽しむことも出来る。「北摂の山を巡る経験者向きのコースから、大和川沿いのサイクリングロードを行くポタリング、あとは天保山ヒルクライムと称したカフェライドなんてのもやってます(笑)」とはサンデーライド担当の光井さん。ちなみに補足しておくと、天保山の標高は4.53m。三角点のある山としては日本一の低さを誇る山である。

女性スタッフも在籍しているので、女子特有の悩み相談にもしっかりと答えてくれる。女性陣を率いる近藤さんは、自身もサーヴェロのS5に乗る筋金入りのサイクリスト。「とにかく自転車の楽しみを知ってほしいんですね!自分もまだまだ自転車歴は浅いので、初心者目線でいろんなお悩みに応えられると思います」と語ってくれた。
ホイール組からディスクブレーキの整備までなんでもござれのメカニック陣
4名のメカニックが日々多くの自転車を整備する
女性スタッフも在籍しており、女子ならではの悩みにも応えてくれる
実業団で好成績を残す利田さん トレーニングやレース系機材が得意分野
サイクリングアパレルならお任せの「ウェア館」が併設

さて、大阪にはもう一つワイズロードの店舗がある。完成車やパーツをメインにそろえる本館から徒歩1分の至近距離にサイクリングアパレル専門のウェア館が立地しているのだ。江戸時代には組紐などを扱う小間物屋が多く商い、近代ではファッションの街として栄えてきた南久宝寺。その伝統を受け継ぐように、ウェア館内には色とりどりのアパレルが並んでいる。

90坪と並みのプロショップよりも広い売り場の中に、サイクリストが身に着けるものであれば何でも揃うと言えるほどの品揃えが詰まっている。その数、ウェア3000着、シューズ500足、ヘルメット300個。驚くべき量のサイクリングアパレルが揃っており、頭のてっぺんからつま先まで、自転車に乗るためのアパレルをワンストップでコーディネートできる。

ウェア館を担当する飯塚さんが、長年アパレル業界に身を置いてきた経験を活かして作り上げたお店は、見ているだけで楽しくなるような空間になっている。「何度来ても新鮮な気分になれるようなお店にしたいんです」と語る飯塚さんが力を入れるのは、最も目立つところにある特集コーナー。取材時にはチネリがフィーチャーされており、かのブランドらしいポップな色使いのソックスがライトアップされている様子は、ちょっとしたアートのよう。

ルコック・スポルティフやパールイズミ、カペルミュールやカステリといった定番どころはもちろん、7ITAやGSG、バイシクルラインといった他ではあまり見かけないブランドもしっかり取り上げられている。もちろん、他にも取り扱いブランドは多岐にわたっており、ここでは書ききれないほど。シューズはシマノやマヴィック、フィジークやジロ、ヘルメットはカブトにカスク、レーザーやMETを中心に取り扱い、とにかくモデルやサイズ、カラー展開も豊富に取り揃えている。

レディースコーナーもかなりの面積が用意されるほか、女性スタッフもほぼ常駐しているというから安心だ。快適なサイクリングライフを送るうえでアパレルの占める割合は大きいもの。そんな重要アイテムをしっかりと相談できるスタッフたちがウェア館で待っている。

関西随一の品揃えを誇るワイズロード大阪本館。スポーツバイクを始める方はもちろん、ちょっとマニアなアイテムを探す上級者まで、幅広いニーズに応える総合型のプロショップだ。サイクルライフを送るうえで不安になることがあれば、一度足を運んでみては?
広々とした店内に多くのウェアが取り揃えられている
その時々にホットな話題の品を展示する特集コーナーは一見の価値あり
大阪ならではのユニークなウェアも ここ大阪ウェア館でしか手に入らない限定ジャージだ
ワイズロード大阪 ウェア館を切り盛りする 飯塚さんと太田さん
店舗情報
郵便番号 
541-0058
住所 
大阪府大阪市中央区南久宝寺町2-2-9 船場藤井ビル1F
営業時間 
12:00~20:00
定休日 
毎月第2月曜日 (祝日除く)
TEL 
大阪本館:06-4705-5482
大阪ウェア館:06-6265-5850
アクセス 
大阪メトロ堺筋本町駅もしくは長堀橋駅から徒歩5分
スタッフからのメッセージ
初心者からコアな方までお気軽にお立ち寄りください。皆さんに満足してもらえるお店作りを目指していきます!可能な限り親切丁寧をモットーに、スタッフ一同お待ちしております。

ワイズロード大阪本館

TEL 大阪本館:06-4705-5482 お店のウェブサイトへ