中国・四国・九州 › 福岡

ワイズロード福岡天神店

九州唯一にして随一の大型店舗 福岡市街地から徒歩圏内のビアンキストア併設店
福岡最大の繁華街である天神から徒歩圏内。渡辺通りのロフトビルが目印だ
エントランスをくぐったら、エスカレーターでB1Fへと降りよう
B1Fへと続くエスカレーターはスポーツサイクル一色
バイクを持ち込む場合はエレベーター(一番右側)を使える
サンデーライドとフィッティングを担当する嘉悦副店長
接客のスペシャリスト、本住さん
"Eバイク元年"と言われる2019年。福岡天神店では早速複数の試乗車を用意している
店舗奥側にはフィッティングコーナーを設置。成約時にはライトフィッティングを施しベストサイズを探し出す
こちらは主力のロードバイク完成車コーナー。エントリ〜ハイグレードまで多くの在庫が準備されている
もう一つの主力がクロスバイクだ。多種多様かつ様々なサイズ、カラーバリエーションが揃う
こちらはジェイミスのワイズコラボモデル。非常に凝った塗装が特徴的だ
こちらは各ブランドの高級ホイールたち。限定モデルが多く並んでいた
ヘルメットはレイザーやカブトを中心にラインナップ
アパレルの一押しはルコックスポルティフ。ほぼ全てのラインナップを網羅するという
試着室が準備されているのも嬉しい限り
おすすめ商品にはスタッフの一言コメントが加えられる。安心感をプラスしてくれる良いPOPだ
ハンドルやステムなどサイズバリエーションが必要なアイテムも豊富
ユニークなのがピスト/シングルスピード用のカスタムパーツが多かったこと。街乗りバイクを得意とするスタッフが多い現れだろう
シマノDi2の電装系ストックも豊富だ。即日修理対応できるように工夫しているという
工具類の充実ぶりはDIY派も満足できそう
ケミカル類は定番品を中心にラインナップ。選びやすいよう表示が取り付けられている
こちらはビアンキストア。街乗りに最適なクロスバイクや小径車も準備されている
チェレステに彩られるアイテムが豊富なのは直営店ゆえのこと
マルコ・パンターニエディションのサドルを発見
レジ後ろにある、スタッフ手作りの福岡近郊サイクリングマップ
近隣の峠やサイクリングコースがスペック入りで紹介されている
1Fにはサブウェイやカフェもある。整備待ちやお買い物の足休めにどうぞ
九州最大の都市福岡の、その中でも随一の繁華街である天神の中心地、地下鉄天神駅から天神地下街(てんちか)を歩いて約10分、天神南駅からなら徒歩3分、西鉄天神大牟田線であれば始発駅の西鉄福岡駅南口から至近距離。渡辺通りに面した場所に目的地はある。天神駅からはその大部分を地下街を通れるので、雨の日でも真夏でも真冬でも快適に移動できるのが嬉しい限り。

目印は黄色い看板でおなじみのLoft(ロフト)。ここまではほとんどサイクルショップがあるようには感じないが、正面扉をくぐったら「Y’s Road」の青い看板を頼りに地下1階へと続くエスカレーターへ。すると目の前に広がるのは、たくさんのチェレステバイクが飾られているビアンキの特設コーナー。ここが「ワイズロード福岡天神店」。常時300〜450台もの完成車在庫を誇る、九州地区最大級のスポーツバイクショップだ。

ワイズロードの九州初店舗として2014年にオープンし、現在も唯一無二の存在として近隣県や、遠くは鹿児島や宮崎南部、広島や鳥取からも広くユーザーを集める福岡天神店。ロードバイクとクロスバイクを主力とし、売り場にたくさんのバイクが並ぶ様はまさに圧巻。地域のニーズ的にオンロード系が中心で、本格MTBこそ置いていないが、「ロード系なら何でも揃いそう」という期待に応えるだけのラインナップで迎えてくれる。

エスカレーター正面にあるビアンキコーナーは2018年9月22日にオープンしたばかりの「ショップ・イン・ショップ」であり、全国12店舗目となるビアンキ直営店。九州ではここでしか手に入らない直営店限定アイテムが揃うことも人気の一つだ。
常時300〜450台もの完成車在庫を誇る福岡天神店。一度見ればその規模に圧倒されてしまうはず
こちらはロードバイク完成車コーナー。クロスバイクと共に福岡天神店の主力だ
エスカレーターを挟んだ反対側はパーツやアクセサリーコーナーが広がる
福岡天神店を盛り上げる主要スタッフたち
2名の専門スタッフが常駐するビアンキストアでは常時30〜40台ほどの完成車を揃える。エントリーモデルはもちろんのこと、ミドルグレードのロードバイクは幅広く、取材時にはトッププロチーム御用達のOLTRE XR4、マルコ・パンターニをトリビュートした限定モデル、果てはフェラーリとのコラボレーションによる超高級車「SF01 SCUDERIA FERRARI」(完成車価格220万円!)の姿も。福岡市内を流すのにピッタリな小径車やクロスバイクの用意もあり、特に人気モデルは在庫を切らさないように配慮しているという。

“チェレステ”に彩られるのはバイクだけでなく、サイクリングジャージやパーツ類を始め、Tシャツやパンツ、キャップなどイタリアンブランドらしいセンスの効いたデイリーユース用アパレルの準備も事欠かない。やはり一般にも広く知られるビアンキのパワーは強力だといい、オープンの際には四国から来店した方もいたんだとか。専門知識が必要な場面でも安心して任せられるのは直営店ならではと言えるだろう。

もちろん福岡天神店の魅力はビアンキのみならず、例えばキャノンデールやトレックといった人気ブランドはクロスバイクやエントリー〜ミドルグレードのロードバイクを豊富に揃え、イタリアンブランドの雄ピナレロはミドルグレード〜トップレンジまでをカバーする。他にも入門用としてメリダやジャイアント、ハイブランドとしてコルナゴやルック、デローザも展示車をキープしている。

「九州でここまで幅広く豊富なラインナップを持つのは当店だけ。実際にいろいろな車種を見比べた上で気に入った一台を選んでほしいですし、各ブランドのトップモデルを在庫できるのはワイズロードならではだと思いますね。見にいらっしゃるだけでもウェルカムですよ」と言うのは黒田店長。東京在住時代にピストやシングルスピードMTBに魅せられワイズ入りしたという経歴を持つだけに、街乗りバイクや、そのカスタムは得意中の得意。もちろんロードバイクも嗜み、特にキャノンデールはロード/MTB/ピスト合わせて9台も所有するというフリークだ。
エスカレーターを降りた正面に広がるのはビアンキストア。直営の「ショップ・イン・ショップ」という形態をとる
完成車価格220万円のSF01 SCUDERIA FERRARIを発見。プロ選手が使うOLTRE XR4も試乗車が用意される
チェレステに彩られたアパレル類は人気。直営店でしか手に入らないアイテムも多数ある
1名、もしくは2名のビアンキ専任スタッフが常駐する。困った時に頼れる存在だ
バイクのみならず、パーツやヘルメット&シューズ、アパレル、ライトやケミカル類、ポンプやボトルなどライドに必要なアイテムも充実している。フレームから好みに組み上げる「バラ完」のための高級パーツはもちろん、特にアパレル類は地域最大級と自負するだけの品揃え。特にルコックスポルティフはパワープッシュブランドとして、小物までラインナップのほとんどを売り場に揃えている。ウィメンズ用のアパレルを拡充させ、更衣室も完備するのは大型店舗ならではと言えるだろう。

福岡天神店に所属するのは黒田店長以下、サンデーライドとフィッティングを担当する嘉悦副店長や、メカニック歴15年以上という西津メカ、接客のスペシャリストである本住さんなど合計6名の社員スタッフと、10名のアルバイトスタッフ(2019年8月時点)。

休日など込み合う時間帯には平常時よりも増員し、例えばパーツの発注がない限り修理や整備の依頼は即日渡しできるような体制を整えている。東京や大阪の大規模店舗よりは少ないと謙遜するが、ワイズロードのメンテナンス基準を満たしながら年間1500台を捌くというオペレーションは流石の一言だ。

2019年でオープン5周年を迎え、次なる5年目と歩み出した福岡天神店。オープン当初から”福岡市内のスポーツサイクル人口を増やす”という目標を掲げており、それは今後も一貫するスローガンだ。「当店がオープンしてから福岡市内に一定数のサイクリストが増えたという印象はありますが、それでも東京や大阪に比べたらスポーツサイクルを楽しむ人数はまだまだ少ないんです」と黒田店長は言う。「ビギナーさんにこそ優しいというスタンスはそのままに、今後は2台目、3台目を購入されるお客様にもベストな提案ができるように奥行きを出していきたいんです」。
福岡天神店を率いる黒田店長。東京時代にピストの魅力にハマり、現在はキャノンデールを複数台所有するマニア
ワイズロード独自開発のバイクフィッティング「バイオレーサー」も人気だ
グラベルロードは福岡天神店がプッシュする一つ。バイクパッキングを想定した展示車もあった
ウェア館顔負けの量を誇るウェアコーナー。特にルコックスポルティフのラインナップは豊富だ
売り場を見渡せば、数少ないもののグラベルロードや、E-バイクといった新しいジャンルを打ち出した展示も目立つ。黒田店長に聞けば、「これまではクロスバイクやロードバイクばかりでしたが、こうした新しいモノを提案していけるフェーズに入ったかなと思いますね。常にお客様をワクワクさせるように売り場を変化させているんです」とのお返事。

確かに信号の多い福岡市内ならE-バイクは最適だし、20分も走れば走るフィールドが広がるだけに、グラベルバイクが活躍する場面も少なくないはず。いずれも試乗車が複数台用意されていることからも力の入れようが伺える。最終的には本格的に遊べるMTBが置けるようにするのが目標だと言う。

そんな走りやすいフィールドを近隣にもつ福岡天神店で最近始まったサービスが「サンデーライド」。天気が崩れない限り毎週日曜日に開催するビギナー向けのグループライドで、平坦で走りやすい海岸線をおよそ30〜40km走り、途中カフェに立ち寄ったりもするそうだ。

このサンデーライドにはホビーレースにも参加する嘉悦副店長や、ロードもMTBも楽しむ小俣さんが同行してくれるので、例えばパンクなどトラブルに遭ってしまった場合でも心強い。道路を走る上でのルールやマナーも学べるため、一度は参加をお勧めしたい。そこから広がる仲間の輪や、いちサイクリストとしてのレベルアップなど、充実したサイクリングライフへの第一歩と言えるだろう。

ワイズロード福岡天神店は、九州唯一のワイズロードにして、九州屈指の大型店舗であり、売り場も、サービスも次なる5年間に向け、より良い発展を遂げている最中だ。大型チェーン店から個人プロショップまで、複数のサイクルショップが並ぶ福岡市内において、一度は足を運ぶべき存在と言えるだろう。
多い時で月間150台ものバイクを送り出すメカニックコーナー
例えクロスバイクでも手抜きなし。預かり修理の場合は出来る限り即日渡しを心がけている
特にシマノの補修品・消耗品関係の在庫は充実していた
親切な接客が目立った。サービス満足度を高め続けることが目標だという
店舗情報
郵便番号 
810-0004
住所 
福岡県福岡市中央区渡辺通4-9-25 天神ロフトB1F
営業時間 
10:00~20:00
定休日 
無し
TEL 
092-753-6910
アクセス 
福岡市営地下鉄七隈線「天神南駅」より徒歩3分 西鉄天神大牟田線「西鉄福岡駅」南口すぐ
スタッフからのメッセージ
ワイズロードの九州地区1号店は、「ロードバイク」を軸にスポーツサイクルに関連するすべてが揃う大型店!完成車だけでなく、フレームやホイール、コンポーネントといった大物パーツから、タイヤ・チューブといった消耗品、カスタム系パーツまで幅広く取り揃えています。ウェアやヘルメット、シューズといったサイクルアパレルも充実の品揃え。独立したレディースコーナーには女性専用のアパレル・アイテムが盛りだくさん!ゆっくりとお買い物を楽しめます。

ワイズロード福岡天神店