中国・四国・九州 › 福岡

サイクランドシライシ

久留米市中心部 走ることが大好きな、初心者にやさしいスポーツバイクショップ
国道3号線沿いにある サイクランドシライシ
メカニックの諸藤悠吾(もろふじゆうご)さん(左)、店長の白石信幸(しらいしのぶゆき)さん
木のぬくもりある店内。エントランスを入れば本格ロードバイクが並ぶ
奥のスペースはクロモリロードやクロスバイクなどのストックエリア
ロードやクロスバイクのおすすめモデルは常に在庫される
タイムなどプレミアムブランドのカーボンフレームも
エントランス右手は高級フレームが棚にディスプレイされる
トレックは初級モデルから上級モデルのロード、クロスバイク、E-Bikeまでラインナップ
奥に回り込む店舗は広く、商品量の多さは選択肢の多さだ
レジ横は談話スペースになっており、ゆったりと相談に乗ってくれる
一台一台を丁寧に組み上げていくメカニックの諸藤悠吾(もろふじゆうご)さん
とくに力を入れるトレックはマドンなど最新モデルが常に展示される
ゆったり選べる店内。ブランドごとの陳列でわかりやすい展示
レーシングジャージからカジュアルラインまでアパレルの在庫量も多い
ホイールは白石店長や諸藤メカおすすめのモデルが並ぶ
サドルなどフィッティング系アクセサリー類も豊富だ
もちろん消耗品パーツは万全に常備。走るサイクリストに嬉しい在庫量
アイウェアは人気のオークリー最新モデルを中心にラインアップ
カブト、ボントレガー、レイザーなど人気モデルのヘルメットを常備
趣味で乗りたいクロモリフレームも選べる。コレクターさんにも嬉しい
サイコンやガジェット系も数多くラインナップ。使用方法のレクチャーもOKだ
フレームの飾り棚にはヨーダがいました。人気の隠れキャラ
小径車のBirdy(バーディ)はかなり多く取り揃え、マニアな限定車も入荷する
西鉄久留米駅とJR南久留米駅をつなぐ国道3号線沿いにある「CYCLAND」の大きな立体ロゴが目立つ白い建物が「サイクランドシライシ」だ。バス停で言えば「八軒屋」。駐車場完備のためクルマや自転車での来店のお客さんが多いという、久留米市中心部の大型総合サイクルショップだ。

「クロスバイクから本格ロード、MTBまで、スポーツバイクのことなら何でもお任せを。初心者の方、女性の方もお気軽にご相談ください」と、笑顔で迎えてくれた店長の白石信幸(しらいしのぶゆき)さんは言う。

関東在住の筆者だが、九州の「シライシHURRYS(ハリーズ)」の名前は知っていた。MTBやロードのいろいろなサイクルイベントにチームの選手たちが出場、活躍していたからだ。かつて女子MTB選手として活躍し、2000年シドニー五輪代表選手となった南部博子さんの出身ショップというのもその理由。聞けば当時「MTB女王」と呼ばれ無敵を誇った南部選手をMTBレースに誘ったのは白石店長だったとのこと。

「サイクランドシライシはクラブ活動のように皆で走ることをモットーとして楽しんでいるショップなんです。自転車をただ売るだけじゃなく、スポーツサイクリングを、初心者の方であっても楽しんで欲しい。そのためのサポートをするのが私たちの仕事です」と白石店長。「昔も今もクラブ活動が盛んですが、クラブメンバーだけでなく、これから始めたい人もしっかりご面倒を見させていただきます」と、誠意が伝わってくる言葉。
エントランスを入るとトレックやサーヴェロのおすすめロードバイクが並ぶ
店長の白石信幸(しらいしのぶゆき)さんと「ハリーズ」のチームジャージ
こちらのスペースでゆったりと相談に乗ってくれる
創業は昭和48年。現在はスポーツサイクルを中心に販売・修理を行ってきた。「お客様が楽しんで頂けることをまず第一に考え、安心して快適に継続的に自転車を利用できるようサポートしていきます。『スポーツ自転車に乗ってみたいが、あまりよくわからない』そのような方々にこそ、分かり易く丁寧にご説明します」と、白石店長は初心者にこそ手厚いサービスとサポートを、と強調する。

自転車を乗りこなすこと自体ハードルが高いスポーツサイクリングにおいて、最初の1台のバイク選びと基本のライディングポジション(乗車姿勢)の設定はとくに大切だ。そのため、とくにスポーツサイクルに関しては対面販売を基本とし、お客様の用途に応じた車種、体格に応じた自転車のサイズ選びを親身になって相談、プロの立場から提案しているという。

「初めて買うスポーツ自転車だから、自分にぴったり合った自転車を選びたいですよね。 自分がいつ、どこで、どのように走りたいのか、ゆく先はどんなイベントやレースに参加したいのか、自分の乗り方のイメージを聞かせてださい。ご相談のうえ、最適なバイクと乗り方をご提案します。その先の楽しみ方においても長いおつきあいで考えてください」。

さまざまなユーザーを想定しているから、取り扱いブランドや店頭に在庫するバイク本体やパーツなど商品の品揃えはお店の規模から想像する以上に豊富だ。トレック、コルナゴ、サーヴェロ、アンカー、フェルト、ストークなど欧米の一流ブランドのおすすめモデルを、街乗りに向くクロスバイクから上級ロードバイクまで幅広く取り揃える。

またクロモリのMuller(ミュラー)や小径車のBirdy(バーディ)など、趣味性の高いモデルがあるのも特徴的。「ベテランの方が2台目として、あるいは通勤手段として選ぶ実用的なもの、あるいはコレクターズアイテム的なプレミアム感のあるモデルなどもありますよ。私が好きでもあるからなんです」と白石さん。限定モデルなども積極的に取り扱う。
エントランス横はとくに力を入れるトレックのロード、クロスバイク、E-bikeまでが数多く並ぶ
サーヴェロも走りの良さでシライシが推すブランド。購入しやすいボリュームゾーンのモデルが揃う
トレックの最新モデルも中核グレードのバイクが多く揃う
シライシに勤務して10年というメカニックの諸藤悠吾(もろふじゆうご)さんも意識の高いコダワリ派だ。メーカーから届いた完成車は基本的に一度すべてバラして各部にタップをたて直すなどして精度を高める。ヘッドやBB回りも入念にグリスアップしてから納車する。これはコスト的には車体予算以上の作業であり、大型店などでは行わないケースのほうが多い。しかしシライシでは乗り出しから最高の状態にしてお渡ししたいとの思いから、グレードを問わず行い、安いモデルだからと手を抜かないという。それらがバイクの安全性の向上や快適な走行性、高寿命につながるのはもちろんだ。

諸藤さんはディスクブレーキやチューブレスホイール、ビッグプーリーなど、流行の新規格や製品も積極的に使用して自分でその性能を確かめるという熱心さ。自身もサイクルイベントに出場、クラブライドも率先して走ってサポートする。もちろん白石店長も熱心なサイクリストだ。

店舗内の車種のバラエティーが富んでいるという印象だが、取り扱い車種はかつてはマウンテンバイクが多くを占めていたが、近年は流行にあわせてロードモデルが中心になってきたという。アパレルやフットウェア、消耗品パーツなども幅広いニーズに応じられるラインアップだ。そして「おっ」と目を引く高値引率のセール品も店内のあちこちに。

シライシで購入した自転車であれば点検、ブレーキ調整、変速調整はいつでも無料。そして自転車購入時に取り付けるアイテム(ライト、サイクルコンピュータ、スタンド、ドロヨケ、ボトルケージ、鍵、フレームポンプ、サドルバックなど)の取付工賃も無料。そしてハンドル、ステム、グリップ、バーテープ、ペダル、サドルなど、身体とのフィッティングに関わるパーツも、購入時はもちろん購入から30日以内であれば調整とかかる工賃を無料サービスするという手厚さだ。
細部の精度にまで徹底的にこだわるメカニックの諸藤悠吾(もろふじゆうご)さん
チューブレスなど新規格も意欲的に試し、お客様にフィードバックする
クロモリバイクなどプレミアム感あるモデルも多いのがユニーク
クラブは週一回の練習会やツーリングを行っているほか、季節ごとの合宿やメンテナンス講習なども開催。入会金や会費は無し。シライシで自転車購入の方、または購入者の紹介があれば入会できる。また、交流を図る目的の「サークルスクエア」は、お客様限定のイベントや練習会、講習会の連絡網だ。これは店長の承認を受けて参加することができる。イベント情報や特別なお買い得情報は、このサークルウェアやフェイスブックで告知されるという。

クラブの近年のイベントや大会の参加実績は、美ら島センチュリーライド、天草サイクルマラソン、ツール・ド・国東、グランツールせとうち、ツール・ド・しものせき、アースライド富良野、ホノルルセンチュリーライド(ハワイ)/ツール・ド・おきなわ、久米島トライアスロン、宮古島トライアスロン、宮崎シーガイヤトライアスロン、しまなみトライアスロン、いぜなトライアスロンと、ジャンルが幅広い。白石店長や諸藤メカが大会スタッフとしてイベント全体をサポートすることも多い。

サイクランドシライシは「スポーツサイクリングを楽しむ人を応援するショップ」。バイク購入時もその先のライドも、お客様の自転車ライフを誠実にフルサポートする姿勢が感じられた。
タイムやコルナゴの高級フレームも。店の奥行きがあるのでいろいろなバイクに出会える
小径車のBirdy(バーディ)は数多く取り揃え、限定車も積極的に展示する
E-Bikeや小径車など試乗できる最新モデルも積極的に揃える
店舗情報
郵便番号 
839-0863
住所 
福岡県久留米市国分町1995-3
営業時間 
平日11:00〜19:30
日祝12:00〜18:30
定休日 
月曜日、火曜日
TEL 
0942-22-1636
アクセス 
国道3号線沿い
西鉄久留米駅あるいはJR南久留米駅よりバス 
八軒屋バス停より徒歩1分
スタッフからのメッセージ
バイク購入時はお客様と一緒になって考え、納得いくまでご説明、アドバイスします。そして愛車を手に入れたらぜひご一緒に走りましょう。シライシ・ハリーズはサイクルイベントやトライアスロンに真剣に取り組んでいる方も多いのですが、競技志向と言うよりは皆でイベントを楽しむスタイルですね。ひとりで参加するのが不安という方でも仲間がいれば安心。イベントはもちろん前夜祭や打ち上げも皆で楽しんでいますよ。ぜひ肩の力を抜いて、仲間といっしょに楽しんでください(白石信幸店長)。

サイクランドシライシ