中国・四国・九州 › 広島

ワイズロードフジグラン広島店

TEL 2階:082-258-3245 お店のウェブサイトへ
地域最大ショッピングモールに中国初出店 2つの店舗でビギナーからマニアまでをカバー
フジグラン2Fにあるワイズロード広島店
フジグランは広島市内最大のショッピングモール。田中町交差点から歩いてすぐの場所だ
広島店をマネジメントする小西店長
副店長の実方さんはテックと販売を兼任する
キャノンデールはプッシュブランドの一つ。発表されたばかりのSUPERSIXが陳列されていた
完成車の在庫はおよそ100台ほど。どんなニーズにも合うラインナップを誇る
もちろん街乗りに最適なクロスバイクも充実
憧れのピナレロ。ミドル〜ハイエンド志向のユーザーを支える
ブロンプトンの品揃えも充実
こちらはキッズバイク。場所柄定期的なニーズがあるという
シューズはシディ、シマノ、マヴィックが中心。ハイエンドモデルの数も多い印象だ
ボトルケージやライト、ロック類などの販売コーナー
アパレルコーナーも充実。シティライドに違和感の無いアイテムが中心だ
アイウェアはカブトとボレーをラインナップする
トライアスロン系の商品が用意されているのも広島店の特徴だ
取材中も多くの買い物客が陳列バイクを眺めていたのが印象的だった
もちろん試着室を完備
(1F)カスタム館内部は玄人好みの空間が広がる
(1F)ハンドルやステム、バーテープ類も各モデル各サイズを取り揃える
(1F)多種多様なステムたち。"カスタム"館らしいラインナップだ
(1F)ホイール組もお手の物。完成車の振れチェックも怠らない
(1F)修理待ちの列にあったビンテージコルナゴ。こういった車種でも受付てくれる
(1F)フィッティングサービス「バイオレーサー」を自社開発しているワイズロード。各社のテストサドルも用意されている
例えば上野本館とアサゾー店、新宿本館とカスタム館。そんな一粒で二度美味しい(?)ワイズロードが広島市中心街にもある。それがY's Roadフジグラン広島店。地域ナンバーワンのショッピングモール内に、2018年10月11日にオープンしたばかりの新店舗を訪ねた。

広島県の広島市中心部を東西に横断する平和大通りと、駅前通りが交わる田中町交差点から歩いてすぐ。ビジネスホテル街や、美味しいお好み焼き屋が集まる繁華街からほど近い、地域ナンバーワンのショッピングモール「フジグラン広島」の中にワイズロードフジグラン広島店はある。正面入り口から入り、エスカレーターで2階に上がれば店舗はすぐそこだ。

ワイズロードとしては中国地区初出店となる広島店。ショッピングモール内の一区画だけに店舗面積こそ広くはないものの、完成車の在庫はおよそ100台。主力のビアンキとキャノンデール、ピナレロという3本柱のラインナップはかなり豊富だ。

もちろんタウンユースにぴったりなクロスバイクや小径車も用意されるほか、例えば試着ルームを設けたアパレルコーナーは地域最大級の規模を誇り、パーツ、シューズ&ヘルメットと行った各種アイテムもずらり勢揃い。さすがワイズロードと言うべき多種多様なバリエーションだ。
フジグランの2階にあるワイズロードフジグラン広島店。約100台の完成車とパーツ、アパレル類が用意される
2階はビギナーが訪れやすい雰囲気を心がけている
ロードバイクの柱であるビアンキ。ミドルグレードを中心にクロスバイクやキッズバイクも揃う
ワイズロードフジグラン広島店のスタッフさん。10名以上が在籍し、5〜6名が常駐する
一見ビギナー寄りの商品展開...と思いきや、広島店の魅力はこれだけにとどまらない。エスカレーターを降りて、立体駐車場を抜けてフジグラン店舗外へ出てみるべし。道路沿いにあるこの店舗こそ、レーサーやベテランライダーのニーズを一手に引き受ける「カスタム館」だ。

カスタム館の扉をくぐれば2Fと全く違った雰囲気に驚くことだろう。サーヴェロの各モデルを筆頭に、コルナゴやルック、タイム、そしてビアンキのハイエンドモデルなどの高級フレームや、カンパニョーロ、フルクラム、マヴィック、シマノなどのカーボンホイール、そしてその奥に広がるパーツコーナーなどなど、その内容はハイエンド志向のニーズにがっちりと当てはまる。

カスタム館のテーマは「目指せアサゾー」だと言う。「さすがにカンパニョーロのネジ一本から在庫はできませんけどね」とスタッフさんは笑うが、例えばシマノコンポーネントの消耗品類は必要十二分だし、カンパニョーロやスラム系の在庫も少なからずある。

カスタム館はテックスペースとしても機能しており、ここではオーバーホールや、一からパーツを選んで組み上げる「バラ完」など重整備を伴う作業が行われる。もちろんトラブルに困った場合の駆け込み寺としても頼れる存在だ。
女性用のアパレルコーナーも用意。唯一の女性スタッフである木谷さんは積極的にライドを楽しむ一人
アパレルの充実ぶりは地区随一だという。シティ用から本格的なレースウェアまで揃う
こちらは店舗奥側のシューズ&ヘルメットコーナー
趣向の異なる2つのフロアからなる広島店。「別の店舗を一つの屋号で運営している感じですかね」と、神戸や福岡など多くの地方型大型店舗の立ち上げに関わり、現在広島店をマネジメントする小西店長は言う。

「ショッピングモールの一区画として入っているのはワイズロードの中でも珍しい形態なんです」と小西店長。地域随一のモールだけあって、スポーツサイクルに乗ったことの無い人たちの目に止まりやすく、実際に取材中も多くの買い物客が陳列バイクを眺めていたのが印象に残った。

「だからこそ、2Fはビアンキだったり、ルコックスポルティフだったり、親しみのあるブランドを置くようにしています。"あっ、これ知ってる"と、よりスポーツバイクを身近に感じてもらえれば、もっと入門の敷居は低くなるはずですから」。

小西店長曰く、今まで広島地区には初心者が入りやすいプロショップは少なく、それゆえキャノンデールやピナレロに対するニーズはかなり強いのだという。地元のユーザーから"待っていたよ"という声が寄せられたこともあるそうだ。

「広島県はしまなみ海道のイメージが強いんですが、広島市からは実際に距離がある。広島市内周辺のサイクリストの数って、他の地方都市に比べるとまだまだ少ないのが現状なんです。だから我々は、もっともっと自転車乗りを増やしたい。そんな思いがあるからこそ人の目に触れやすいこの場所にオープンしました。既存のお店と一丸となって、広島の自転車文化をもっと盛り上げていきたいと考えています」。
こちらはフジグラン店舗外にあるカスタム館。通好みの空間が広がる
カスタム館内は高級フレームがずらり。サーヴェロやルック、タイムが一押しだ
将来的に在庫50セットを目指すというホイール。各社のハイエンドモデルが揃う
ショップに在籍するスタッフは、小西店長や副店長の実方さん以下、アルバイトスタッフを含めれば10名以上。中でも女性スタッフが在籍することは女性客にとっても大きな安心材料だし、その木谷さんは恐らくスタッフの中で最も積極的に走る人。走るからこそ語れる、アドバイスできることも多い機材スポーツだけに、スポーツバイクに興味を持つ女性にとって良き相談相手になってくれるはずだ。

1Fのテックスペースにはメカニックが常時1名、最大2名が常駐しており、日々安心安全の自転車を送り出している。「困っている人を助けてあげたい。他のお店で断られたものでも受け入れてあげられるように、日々勉強ですね」と実方副店長は言う。実際に修理待ちの中にはビンテージコルナゴがあったり、そんなバイクですら持ち込みOKだという。

「預かった自転車を100点の状態でお返しするのは当たり前。皆さんの認識の上を行きたい。それは常に思っている部分ですね」と実方さんは語る。

オープンしたばかりの店舗ゆえ、まだ松山店のような週末ライドイベントは開催できていないものの、その分講習会や試乗会などインストアイベントには力を入れていると言う。パンク修理や輪行、洗車や整備のハウツー講習は毎回人数を集めているとのことで、気になる方はぜひ情報をチェックして欲しい。

「まだまだできたばかりの店舗だけに、お客さんと一緒に成長していきたい」。そう小西店長は言う。「東京や大阪などの大都市、あるいは尾道や今治など自転車が馴染んだ街と違い、広島はこれから。数年後には"自転車ってカッコいいね"と当たり前に言われるように頑張っていきたいですね」。
カスタム館奥側はパーツコーナー。スモールパーツや多種多様なアイテムが揃う
カンパニョーロやスラムのコンポーネント類も揃えている
特にシマノの補修品類は充実。困った時に頼れる存在だ
メカニックは2名。日々安心安全のバイクが送り出される
店舗情報
郵便番号 
730-0044
住所 
広島県広島市中区宝町2番1号
営業時間 
2階:10:00〜21:00
1階:12:00〜20:00
定休日 
2階:無休、1階:水曜日
TEL 
2階:082-258-3245
1階:082-545-6674
アクセス 
路線バス:宝町北停留所より徒歩1分
駐車場900台分完備
スタッフからのメッセージ
中国エリア1号店!ワイズロード全店の人気ランキングから厳選したモデル・パーツで売り場を構成しており、フジグラン広島内の2Fは完成車とウェアをメインに、フジグラン広島外西南ビル1Fは補修パーツとカスタムパーツをメインに構成された店舗となっております。全国展開するワイズロードだからこそ可能な魅力あるラインナップで皆様のご来店をお待ちしております。

ワイズロードフジグラン広島店

TEL 2階:082-258-3245 お店のウェブサイトへ