11月2日、サイクルモードが開催される幕張メッセに隣接する公道コースで、「第4回JBCF幕張新都心クリテリウム」が開催された。最終戦となったJエリートツアーE1クラスタは、イナーメ信濃山形-EFTの比護任が優勝。僅差の争いとなっていた個人総合優勝争いを自らの優勝で決着させた。同じく最終戦となった女子のFクラスタは、植竹海貴(Y's Road)が優勝。エキシビジョンとして行われたJプロツアーは、オールイス・アルベルト・アウラール(マトリックスパワータグ)が優勝した。


サイクルモード会場の幕張メッセ隣接のコースで開催された第4回JBCF 幕張新都心クリテリウムサイクルモード会場の幕張メッセ隣接のコースで開催された第4回JBCF 幕張新都心クリテリウム photo:So.Isobe
子供達のストライダーレースも行われた子供達のストライダーレースも行われた photo:Satoru Kato小学生のホープクリテリウムも最終戦小学生のホープクリテリウムも最終戦 photo:Satoru Kato

E1 比護任がスプリントでライバルを下して総合優勝を決める

今年4回目の開催となる「幕張新都心クリテリウム」は、JエリートツアーとJフェミニンツアーの最終戦。例年であれば各クラスタの個人総合優勝は確定しているが、E1クラスタは最終戦までもつれた。ここまで個人総合首位の比護任(イナーメ信濃山形-EFT)と、2位の塚本隼(ZERO)のポイント差はたったの15点。塚本が優勝すれば比護を逆転して個人総合優勝。一方比護は、塚本の前でフィニッシュすれば首位の座を守ることが出来る。

バンプのない道端を一列で進む集団バンプのない道端を一列で進む集団 photo:Satoru Kato長く伸びた集団長く伸びた集団 photo:Satoru Kato

コースはフラットな長方形レイアウトの1周810m。コース幅が狭くなる部分や、スピード抑制のバンプがある箇所があり、ハイスピードで進行するレースと相まって集団は長く引き伸ばされた状態が続く。集団後方は消耗させられるコースだ。

比護任(イナーメ信濃山形-EFT)の後ろに地元チームの湾岸サイクリングユナイテッドが続く比護任(イナーメ信濃山形-EFT)の後ろに地元チームの湾岸サイクリングユナイテッドが続く photo:Satoru Kato
総合2位の塚本隼(ZERO)も集団前方に位置取る総合2位の塚本隼(ZERO)も集団前方に位置取る photo:Satoru Katoレース終盤、アタックが繰り返されるも決定打とならずレース終盤、アタックが繰り返されるも決定打とならず photo:Satoru Kato

45周36.45kmのレースは、スタート直後からリーダージャージを着る比護が集団前方に位置取り、時に飛び出しを見せるなどして積極的に動く。さらに地元チームの湾岸サイクリングユナイテッドのメンバーも集団前方に集まってレースを動かしていく。

アクシデントによりレースが一時中断。残り23周から再開されると、単独アタックを試みる動きが連発されるが、いずれも決定打とならず最終周回へ。最終コーナーを先頭でクリアしたのは比護。雑賀大輔(湾岸サイクリングユナイテッド)、塚本の順で続いてスプリントに入るも、比護は先頭を譲らずにそのままフィニッシュ。自らの優勝で個人総合優勝も決めた。イナーメ信濃山形-EFTはJエリートツアーの団体総合優勝も獲得し、個人・団体でダブルタイトルを獲得した。

比護任(イナーメ信濃山形-EFT)が優勝比護任(イナーメ信濃山形-EFT)が優勝 photo:Satoru Kato
Jエリートツアー個人総合優勝 比護任(イナーメ信濃山形-EFT)Jエリートツアー個人総合優勝 比護任(イナーメ信濃山形-EFT) photo:Satoru KatoJエリートツアー団体総合優勝 イナーメ信濃山形-EFTJエリートツアー団体総合優勝 イナーメ信濃山形-EFT photo:Satoru Kato

Jエリートツアークリテリウムランキング優勝 比護任(イナーメ信濃山形-EFT)Jエリートツアークリテリウムランキング優勝 比護任(イナーメ信濃山形-EFT) photo:Satoru KatoJエリートツアーヒルクライムランキング優勝 坂口裕芳(soleil de lest)Jエリートツアーヒルクライムランキング優勝 坂口裕芳(soleil de lest) photo:Satoru Kato



女子は植竹海貴が今季4勝目

スタートラインに揃った女子のFクラスタ出場選手スタートラインに揃った女子のFクラスタ出場選手 photo:Satoru Kato後続を引き離して独走する植竹海貴(Y's Road)後続を引き離して独走する植竹海貴(Y's Road) photo:Satoru Kato

植竹海貴(Y's Road)を先頭に行く3人の先頭集団植竹海貴(Y's Road)を先頭に行く3人の先頭集団 photo:Satoru Kato
女子のFクラスタは35周28.35kmで行われた。スタート直後から植竹海貴(Y's Road)が単独で先行し、集団が10秒ほどの差で追走していく。レース中盤、差が縮まったところで唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム)と、望月美和子(フィッツ)がブリッヂして植竹に合流。新たに3名の先頭集団を形成する。後方では3名が追走集団を形成するも、植竹、唐見、望月の強力な先頭集団との差は広がっていく。結局先頭の3名がそのまま逃げ切ってスプリント勝負となり、植竹が優勝。今シーズン頭角を現した若手選手が今季4勝目を挙げた。

3人のスプリントを制した植竹海貴(Y's Road)が今季4勝目3人のスプリントを制した植竹海貴(Y's Road)が今季4勝目 photo:Satoru Kato
Fクラスタ 表彰式Fクラスタ 表彰式 photo:Satoru KatoJフェミンツアー個人総合優勝 唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム)Jフェミンツアー個人総合優勝 唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム) photo:Satoru Kato



JPTエキシビジョンレースはアウラールが日本最後の勝利

JPT 孫崎大樹(チームブリヂストンサイクリング)を先頭に長く伸びた集団JPT 孫崎大樹(チームブリヂストンサイクリング)を先頭に長く伸びた集団 photo:Satoru Katoオールイス・アルベルト・アウラール(マトリックスパワータグ )が集団を牽引オールイス・アルベルト・アウラール(マトリックスパワータグ )が集団を牽引 photo:Satoru Kato

レース中盤に形成された8名の逃げ集団レース中盤に形成された8名の逃げ集団 photo:Satoru Kato
Jプロツアーはエキシビジョンレースとして行われ、個人総合優勝のオールイス・アルベルト・アウラール(マトリックスパワータグ )、同2位の岡篤志(宇都宮ブリッツェン)、U23個人総合優勝の今村駿介(チームブリヂストンサイクリング)らが出場した。

序盤から孫崎大樹、沢田桂太郎らチームブリヂストンサイクリングがペースアップを図り、マトリックスパワータグもそれに応える形でレースが進行。レース中盤に差し掛かる頃、アウラール、岡、沢田らを含む7名の先頭集団が形成され、後続の集団との差は15秒前後まで広がる。今村と黒枝咲哉(シマノレーシング)、平塚吉光(チームブリヂストンサイクリング)らが追走するが先頭集団には届かず、終盤にはメイン集団をイナーメ信濃山形が牽引するが差は縮まり切らない。

今村駿介(チームブリヂストンサイクリング)と黒枝咲哉(シマノレーシング)が追走今村駿介(チームブリヂストンサイクリング)と黒枝咲哉(シマノレーシング)が追走 photo:Satoru Katoイナーメ信濃山形がメイン集団を牽引して追走イナーメ信濃山形がメイン集団を牽引して追走 photo:Satoru Kato

左右でハンドルが投げられるのを見ながらガッツポーズのオールイス・アルベルト・アウラール(マトリックスパワータグ )左右でハンドルが投げられるのを見ながらガッツポーズのオールイス・アルベルト・アウラール(マトリックスパワータグ ) photo:Satoru Kato
先頭集団はそのまま逃げ切り、最後はスプリント勝負へ。左から沢田、右から孫崎がハンドルを投げるも、リーダージャージを着るアウラールが余裕のガッツポーズを繰り出し、日本最後のレースでの優勝を飾った。

Jプロツアー個人総合優勝オールイス・アルベルト・アウラール(マトリックスパワータグ)Jプロツアー個人総合優勝オールイス・アルベルト・アウラール(マトリックスパワータグ) photo:Satoru KatoUJプロツアーU23個人総合優勝 今村駿介(チームブリヂストンサイクリング)UJプロツアーU23個人総合優勝 今村駿介(チームブリヂストンサイクリング) photo:Satoru Kato

Jプロツアー団体総合優勝 マトリックスパワータグ Jプロツアー団体総合優勝 マトリックスパワータグ photo:Satoru Kato
E1クラスタ結果(36.45km)
1位比護 任(イナーメ信濃山形-EFT)54分52秒
2位雑賀大輔(湾岸サイクリング・ユナイテッド)+0秒
3位塚本 隼(ZERO)
4位酒井 凛(サイクルフリーダーム・レーシング)
5位古田 潤(群馬グリフィンエリート)
6位奥澤優也(AutoBahnGotemba)
Fクラスタ結果(28.35km)
1位植竹海貴(Y's Road)48分17秒
2位唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム)+0秒
3位望月美和子(フィッツ)
Jプロツアー・エキシビジョン結果(36.45km)
1位オールイス・アルベルト(マトリックスパワータグ)46分55秒
2位沢田桂太郎(チームブリヂストンサイクリング)+0秒
3位孫崎大樹(チームブリヂストンサイクリング)
4位岡 篤志(宇都宮ブリッツェン)
5位安原大貴(マトリックスパワータグ)
6位横塚浩平(チーム右京)
E2・E3 結果
E2(29.16km)E3(24.3km)
1位相原良一(オッティモ・JNSDF下総)47分11秒小林昂心(イナーメ信濃山形-EFT)33分18秒
2位峯岸祐太(Team自転車処 風鈴)+58秒井上佳紀(Y's Road)+0秒
3位相原 武(Y's Road)神村泰輝(スミタ・エイダイ・パールイズミ・ラバネロ)+1秒
4位小林 崇(オッティモ・JMSDF下総)永淵 陸(AutoBahnGotemba)
5位照屋貴己(サンクスサイクルラボ)藤本 怜(TEAM GIRO 360)
6位三宅太生(AVENTURA AIKO TOYO VICTORIA RACING)大塚翔太(Squadra di LAVORANTE)
text:Satoru Kato
photo:So Isobe, Satoru Kato
Amazon.co.jp 
の画像 海洋堂 千葉フィギュアみやげ 幕張メッセ 【単品】
カテゴリー: Hobby
メーカー: 海洋堂
最安価格: ¥ 2,480
アマゾン価格: ¥ 2,800
の画像 幕張メッセを創った男たち
カテゴリー: Book
著者: 千石 次郎
出版社: 現代日本社