トレーナーやストレージ、ボトルケージに定評のあるジャパニーズブランドのミノウラ。自転車用タワー型ストレージのBIKE TOWERをアレンジしたストレージポール「Hobby Tower」がリリースされた。自転車だけではなく、様々なものを収納することが可能なモデルだ。



ミノウラ Hobby Tower(使用例)ミノウラ Hobby Tower(使用例) (c)フカヤミノウラ Hobby Tower(使用例)ミノウラ Hobby Tower(使用例) (c)フカヤ


今回リリースされたHobby Towerは、バイクの収納を主眼においたBIKE TOWERに対し、自転車にとどまらずユーザーの好みによって収納できるものを変えることができるタワー型ストレージだ。基本となるのはBIKE TOWER開発で得たノウハウを活かして作られたベース支柱で、そこにオプションで様々なアタッチメントを装着して使用する。

アタッチメントには、自由に物を掛けることのできるハンガーや、フレームを保持するクレードル、シューズやヘルメットなどを置けるマルチラック、棚、様々なフック類など18種類が用意されている。ユーザーの好みによって様々なカスタマイズが行えるため、スノーボードや釣具など自転車以外の趣味を持つ方でも、自転車と同じ物でディスプレイが可能だ。

各趣味ごとにテイストの異なる収納用品ではなく、1種類のスタンドで統一することができるため、部屋のコーディネートに困りにくいだろう。また、パーツを共有できるため模様替えも気軽に行えるだろう。

バックパックなどの収納の仕方もユーザー次第だバックパックなどの収納の仕方もユーザー次第だ (c)フカヤマルチラックの使い方は自由だマルチラックの使い方は自由だ (c)フカヤ

小物を置くことのできるシェルフ小物を置くことのできるシェルフ (c)フカヤ三段ハンガーの使い方はアイデア次第だ三段ハンガーの使い方はアイデア次第だ (c)フカヤ

各種フックも用意されている各種フックも用意されている (c)フカヤボールホルダーも用意されているボールホルダーも用意されている (c)フカヤ


ベース支柱はアタッチメントを取付けるスリット部と上下支柱で構成されている。スリット部の幅は135cmもあり、その間であればどの位置でもアタッチメントを自由に固定することができる。またスリットは8つも用意されているため、アタッチメントの角度も好みに合わせられる。パーツオプションが豊富であることに加え、このように取り付けについても自由度が高いことがHobby Towerの特徴だ。

アタッチメントには固定力の高い挟み込み式と簡単に取り付けられるクリップ式の2種類が用意されている。また、アタッチメントベースアタッチメントベースにはクイックレバーを採用したものと、工具に慣れていない方でも扱いやすいノブタイプが用意されているため、自転車趣味の方だけではなく家族全員が作業することも可能だろう。各アイテムの価格と耐荷重は以下のテーブルで紹介する。
ミノウラ Hobby Tower
アイテム名税抜価格耐荷重
ベース支柱 タワー式(黒)7, 800円30kg
ベース支柱 自立式(黒)10,300円30kg
ハンガーAタイプ3,000円5kg
ハンガーBタイプ3,000円5kg
三段ハンガー2,000円5kg
クレードルAタイプ3,000円15kg
クレードルBタイプ3,100円10kg
マルチラック2,600円2kg
シェルフAタイプ2,900円2kg
棚ブラケットAタイプ2,500円30kg(支柱2本使用)
棚ブラケットBタイプ2,500円5kg
バイクフック2,700円15kg
ポットホルダーAタイプ3,300円5kg
ボールホルダーAタイプ3,300円5kg
ホイールホルダー850円2kg
配線クリップ330円
クリップフック50mm730円2kg
クリップフック100mm760円2kg
クリップフック150mm780円2kg
Amazon.co.jp 
の画像 MINOURA(ミノウラ) RS-1800 レーススタンド
カテゴリー: Sports
メーカー: ミノウラ(MINOURA)
最安価格: ¥ 16,807
アマゾン価格: ¥ 16,807
の画像 MINOURA(ミノウラ) FG220 Hybrid Roller ハイブリッドローラー
カテゴリー: Sports
メーカー: ミノウラ(MINOURA)
参考価格: ¥ 42,460
最安価格: ¥ 32,000
アマゾン価格: ¥ 32,000
の画像 MINOURA(ミノウラ) BC-V1 縦置きフックセット BC-V1
カテゴリー: Sports
メーカー: ミノウラ(MINOURA)
最安価格: ¥ 2,189
アマゾン価格: ¥ 2,507