アルプス山脈に突入したツール・ド・フランス。マイヨジョーヌのグレッグ・ヴァンアーヴェルマートを含む逃げが序盤に形成され、その中から終盤の1級山岳で抜け出したジュリアン・アラフィリップがステージ初優勝を飾った。


超級山岳プラトー・デ・グリエールの未舗装区間を走る超級山岳プラトー・デ・グリエールの未舗装区間を走る photo:CorVos
アヌシー湖を自転車で走るアヌシー湖を自転車で走る photo:Kei Tsuji引き締まった表情でスタートにやってきたクリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ)引き締まった表情でスタートにやってきたクリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ) photo:Kei Tsuji
ツール・ド・フランス2018第10ステージツール・ド・フランス2018第10ステージ photo:A.S.O.ツール・ド・フランス2018第10ステージツール・ド・フランス2018第10ステージ photo:A.S.O.

休息日の長距離移動を経て、ツールはアルプス山脈に突入した。今大会最初の本格山岳ステージである第10ステージには5つのカテゴリー山岳が登場。前半に登場する超級山岳プラトー・デ・グリエール(全長6km/平均11.2%)は今大会唯一平均勾配が11%を超える激坂であり、中盤にかけてコンスタントに勾配が12%を超える。しかも頂上通過後には1,800mの未舗装区間(登り緩斜面)が登場するおまけ付き。未舗装路がツールに登場するのは1991年第11ステージ以来となる。

そこからさらに1級山岳ロム峠(全長8.8km/平均8.9%)と1級山岳コロンビエール峠(全長7.5km/平均8.5%)を立て続けにクリアし、約13kmの下り区間を経てル・グラン=ボルナンにフィニッシュ。山頂フィニッシュではないが、獲得標高差は3,800mに達し、急勾配の超級山岳と未舗装区間、終盤の2連続1級山岳の組み合わせがマイヨジョーヌ候補を絞り込んだ。

快晴に恵まれたスタート地点のアヌシーはスイス国境に近い山間の町。ヨーロッパ一の透明度を誇るアヌシー湖をぐるっと回ってから正式スタートが切られると、マイヨジョーヌを着るグレッグ・ヴァンアーヴェルマート(ベルギー、BMCレーシング)らが先頭で活発にアタックを開始した。

アヌシー湖畔を走り、山岳地帯に向かうアヌシー湖畔を走り、山岳地帯に向かう photo:Kei Tsuji
1級山岳クロワフリー峠でメイン集団のペースを作るチームスカイ1級山岳クロワフリー峠でメイン集団のペースを作るチームスカイ photo:Luca Bettini
最初の1級山岳クロワフリー峠で脱落したマーク・カヴェンディッシュ(イギリス、ディメンションデータ)最初の1級山岳クロワフリー峠で脱落したマーク・カヴェンディッシュ(イギリス、ディメンションデータ) photo:Luca Bettiniステージ序盤にアタックを仕掛けるジュリアン・アラフィリップ(フランス、クイックステップフロアーズ)らステージ序盤にアタックを仕掛けるジュリアン・アラフィリップ(フランス、クイックステップフロアーズ)ら photo:Kei Tsuji
逃げグループを牽引するグレッグ・ヴァンアーヴェルマート(ベルギー、BMCレーシング)逃げグループを牽引するグレッグ・ヴァンアーヴェルマート(ベルギー、BMCレーシング) photo:Kei Tsuji
有言実行のアタックを仕掛けたヴァンアーヴェルマートの他、マイヨヴェールを着るペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ)、総合3位フィリップ・ジルベール(ベルギー、クイックステップフロアーズ)、ジュリアン・アラフィリップ(フランス、クイックステップフロアーズ)、ヨン・イサギレ(スペイン、バーレーン・メリダ)、ギヨーム・マルタン(フランス、ワンティ・グループゴベール)というトップ選手を含む強力な21名が集団から抜け出すことに成功する。

分裂と吸収を繰り返しながら前半の4級山岳ブルフィー(アラフィリップ先頭通過)と1級山岳クロワフリー峠(モラール先頭通過)をクリアした逃げグループは、チームスカイがコントロールするメイン集団から約5分のリードで超級山岳プラトー・デ・グリエールに突入した。スプリントポイントで20ポイントを量産したサガンはメイン集団に戻っている。

超級山岳プラトー・デ・グリエールの未舗装路区間を行くメイン集団超級山岳プラトー・デ・グリエールの未舗装路区間を行くメイン集団 photo:Makoto.AYANO
ルディ・モラールとダヴィ・ゴデュ(フランス)というグルパマFDJの2人を振り切り、ダンシングで激坂をクリアしたアラフィリップが超級山岳プラトー・デ・グリエールの頂上を先頭で通過。下りとその後の平坦区間で先頭グループは18名となる。ヴァンアーヴェルマートが積極的に牽引する逃げグループは、メイン集団から7分リードで終盤の2連続1級山岳の登坂を開始した。

フィニッシュに向かって下りを進むジュリアン・アラフィリップ(フランス、クイックステップフロアーズ)フィニッシュに向かって下りを進むジュリアン・アラフィリップ(フランス、クイックステップフロアーズ) photo:Kei Tsuji
メイン集団から逃げるマイヨジョーヌのグレッグ・ヴァンアーヴェルマート(ベルギー、BMCレーシング)メイン集団から逃げるマイヨジョーヌのグレッグ・ヴァンアーヴェルマート(ベルギー、BMCレーシング) photo:Kei Tsuji
前半にかけて勾配がコンスタントに10%を超える1級山岳ロム峠で、リリアン・カルメジャーヌ(フランス、ディレクトエネルジー)がペースを作る逃げグループからレイン・タラマエ(エストニア、ディレクトエネルジー)がアタック。メイン集団からカウンターアタックを仕掛けたワレン・バルギル(フランス、フォルトゥネオ・サムシック)は吸収されている。

1級山岳ロム峠の頂上まで4kmを残してタラマエに合流したのはアラフィリップ。順調に山岳ポイントを獲得していたアラフィリップはそのままタラマエを振り切って1級山岳ロム峠を先頭通過する。テクニカルな下りでリードを広げたアラフィリップがそのまま1級山岳コロンビエール峠の登坂を開始した。

後方ではイサギレやヴァンアーヴェルマートらが追走したものの、フランスの大声援に後押しされたアラフィリップのペースはますます上がる。最終的にアラフィリップは2番手イサギレに1分30秒、ヴァンアーヴェルマートらに2分のタイム差をつけて1級山岳コロンビエール峠をクリア。この日だけで合計41ポイントを獲得したアラフィリップがマイヨアポワを獲得するとともに、ステージ優勝に向けてル・グラン=ボルナンへの下り区間に突入した。

ゆるく向かい風が吹くスイッチバックが連続する下りを難なくこなし、後続を振り切ったアラフィリップが独走のままフィニッシュ。ステージ2位にイサギレ、ステージ3位にタラマエが入り、メイン集団から1分37秒差をつけてステージ4位に入ったヴァンアーヴェルマートがマイヨジョーヌを守った。

チームスカイを先頭に1級山岳コロンビエール峠を下るプロトンチームスカイを先頭に1級山岳コロンビエール峠を下るプロトン photo:Kei Tsuji
安全に1級山岳コロンビエール峠の下りを走るクリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ)安全に1級山岳コロンビエール峠の下りを走るクリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ) photo:Kei Tsuji
後続を寄せ付けずにフィニッシュするジュリアン・アラフィリップ(フランス、クイックステップフロアーズ)後続を寄せ付けずにフィニッシュするジュリアン・アラフィリップ(フランス、クイックステップフロアーズ) photo:Luca Bettini
3分23秒遅れでフィニッシュしたメイン集団3分23秒遅れでフィニッシュしたメイン集団 photo:Luca Bettini
1級山岳コロンビエール峠でチームスカイのヨナタン・カストロビエホ(スペイン)、ワウト・プールス(オランダ)、ミカル・クウィアトコウスキー(ポーランド)らがペースを刻んだメイン集団から飛び出す選手は現れなかったが(頂上手前でマーティンが飛び出したのみ)、昨年総合2位のリゴベルト・ウラン(コロンビア、EFエデュケーションファースト・ドラパック)やボブ・ユンゲルス(ルクセンブルク、クイックステップフロアーズ)、バウケ・モレマ(オランダ、トレック・セガフレード)、ラファル・マイカ(ポーランド、ボーラ・ハンスグローエ)、イルヌール・ザカリン(ロシア、カチューシャ・アルペシン)らが相次いで脱落した。

脱落選手は頂上通過後の下りで挽回を狙ったが、チームスカイを先頭に最高スピード100km/h弱&平均スピード67km/hで麓まで下りきったメイン集団には追いつけない。ユンゲルスとモレマ、ザカリン、マイカは総合ライバルたちから51秒、ウランは2分36秒ものタイムを失っている。

自身ステージ初優勝、そして今大会フランスに初勝利をもたらしたアラフィリップ。山岳ステージ初日の逃げ切りで、山岳賞ランキング首位に立ったアラフィリップは「ツールのステージ優勝は特別で、いろんな感情が湧いてくる。予想外の独走で勝つなんて言葉が出てこない。逃げながら家族のことを考えていた。ミュール・ド・ブルターニュでの走りが不甲斐なかっただけに、この勝利は完璧だ」と喜ぶ。クイックステップフロアーズは今大会ステージ3勝目で、今シーズン50勝目。ユンゲルスは総合4位から総合5位までダウンしたものの、今大会の主役チームとして活躍を続けている。

苦戦すると思われた山岳ステージ初日に自ら逃げたヴァンアーヴェルマートは「11日間もマイヨジョーヌを着て走るのは誇らしい。だからできる限り長く着続けたい」とコメント。ヴァンアーヴェルマートは総合2位ゲラント・トーマス(イギリス、チームスカイ)に2分22秒、総合3位アレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター)に3分10秒のリードを得ているが、「明日のスーパーハードなステージは自分のリミットを超えている。明日がマイヨジョーヌを着る最後のステージにあると思う」と語っている。

1級山岳コロンビエール峠を下るグルペット1級山岳コロンビエール峠を下るグルペット photo:Kei Tsuji
タイムアウト29秒前に滑り込んだグルペットタイムアウト29秒前に滑り込んだグルペット photo:Luca Bettini
逃げ切り勝利を飾ったジュリアン・アラフィリップ(フランス、クイックステップフロアーズ)逃げ切り勝利を飾ったジュリアン・アラフィリップ(フランス、クイックステップフロアーズ) photo:Luca Bettini狙い通りマイヨアポワを手にしたジュリアン・アラフィリップ(フランス、クイックステップフロアーズ)狙い通りマイヨアポワを手にしたジュリアン・アラフィリップ(フランス、クイックステップフロアーズ) photo:Luca Bettini
マイヨジョーヌを守り、ステージ敢闘賞を獲得したグレッグ・ヴァンアーヴェルマート(ベルギー、BMCレーシング)マイヨジョーヌを守り、ステージ敢闘賞を獲得したグレッグ・ヴァンアーヴェルマート(ベルギー、BMCレーシング) photo:Luca Bettiniマイヨブランを手にしたピエール・ラトゥール(フランス、アージェードゥーゼール)マイヨブランを手にしたピエール・ラトゥール(フランス、アージェードゥーゼール) photo:Luca Bettini
ツール・ド・フランス2018第10ステージ結果
1位ジュリアン・アラフィリップ(フランス、クイックステップフロアーズ)4:25:27
2位ヨン・イサギレ(スペイン、バーレーン・メリダ)0:01:34
3位レイン・タラマエ(エストニア、ディレクトエネルジー)0:01:40
4位グレッグ・ヴァンアーヴェルマート(ベルギー、BMCレーシング)0:01:44
5位セルジュ・パウェルス(ベルギー、ディメンションデータ)
6位リリアン・カルメジャーヌ(フランス、ディレクトエネルジー)0:02:24
7位ダニエル・マーティン(アイルランド、UAEチームエミレーツ)0:03:23
8位プリモシュ・ログリッチェ(スロベニア、ロットNLユンボ)
9位ダヴィ・ゴデュ(フランス、グルパマFDJ)
10位ゲラント・トーマス(イギリス、チームスカイ)
11位ロマン・バルデ(フランス、アージェードゥーゼール)
12位ステフェン・クライスヴァイク(オランダ、ロットNLユンボ)
13位アダム・イェーツ(イギリス、ミッチェルトン・スコット)
14位ヤコブ・フルサング(デンマーク、アスタナ)
15位クリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ)
16位トム・デュムラン(オランダ、サンウェブ)
17位アレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター)
18位ナイロ・キンタナ(コロンビア、モビスター)
19位ヴィンチェンツォ・ニバリ(イタリア、バーレーン・メリダ)
20位ミケル・ランダ(スペイン、モビスター)
26位ボブ・ユンゲルス(ルクセンブルク、クイックステップフロアーズ)0:04:14
30位バウケ・モレマ(オランダ、トレック・セガフレード)
31位イルヌール・ザカリン(ロシア、カチューシャ・アルペシン)
32位ラファル・マイカ(ポーランド、ボーラ・ハンスグローエ)
34位リゴベルト・ウラン(コロンビア、EFエデュケーションファースト・ドラパック)0:05:59
DNSアレクシ・ヴィエルモーズ(フランス、アージェードゥーゼール)
DNSイェンス・クークレール(ベルギー、ロット・スーダル)
マイヨジョーヌ(個人総合成績)
1位グレッグ・ヴァンアーヴェルマート(ベルギー、BMCレーシング)40:34:28
2位ゲラント・トーマス(イギリス、チームスカイ)0:02:22
3位アレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター)0:03:10
4位ヤコブ・フルサング(デンマーク、アスタナ)0:03:12
5位ボブ・ユンゲルス(ルクセンブルク、クイックステップフロアーズ)0:03:20
6位クリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ)0:03:21
7位アダム・イェーツ(イギリス、ミッチェルトン・スコット)
8位ミケル・ランダ(スペイン、モビスター)
9位ヴィンチェンツォ・ニバリ(イタリア、バーレーン・メリダ)0:03:27
10位プリモシュ・ログリッチェ(スロベニア、ロットNLユンボ)0:03:36
マイヨヴェール(ポイント賞)
1位ペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ)319pts
2位フェルナンド・ガビリア(コロンビア、クイックステップフロアーズ)218pts
3位ディラン・フルーネウェーヘン(オランダ、ロットNLユンボ)132pts
マイヨアポワ(山岳賞)
1位ジュリアン・アラフィリップ(フランス、クイックステップフロアーズ)41pts
2位レイン・タラマエ(エストニア、ディレクトエネルジー)28pts
3位セルジュ・パウェルス(ベルギー、ディメンションデータ)24pts
マイヨブラン(ヤングライダー賞)
1位ピエール・ラトゥール(フランス、アージェードゥーゼール)40:45:27
2位ギヨーム・マルタン(フランス、ワンティ・グループゴベール)0:01:54
3位ソーレンクラーク・アンデルセン(デンマーク、サンウェブ))0:04:02
チーム総合成績
1位モビスター122:34:07
2位バーレーン・メリダ0:00:18
3位ロットNLユンボ0:03:10
text&photo:Kei Tsuji in Le Grand Bornand, France
Amazon.co.jp 
の画像 サントリー 天然水 南アルプス 550ml×24本 ナチュラルミネラルウォーター
カテゴリー: Grocery
メーカー: サントリー
参考価格: ¥ 3,370
最安価格: ¥ 1,500
アマゾン価格: ¥ 2,070
の画像 KATO Nゲージ 165系 急行 アルプス 8両セット 10-1389 鉄道模型 電車
カテゴリー: Hobby
メーカー: カトー(KATO)
参考価格: ¥ 24,408
最安価格: ¥ 24,070
の画像 アルプス ワイナリーこだわりのグレープジュース プレミアムホワイト 1000ml
カテゴリー: Grocery
メーカー: アルプス
参考価格: ¥ 512
最安価格: ¥ 502
アマゾン価格: ¥ 512