3年目となるキナンサイクリングチームは、中島康晴、トマ・ルバ、山本元喜、椿大志らの加入でより強力なチームへ変貌を遂げる。最大目標はツール・ド・熊野の個人総合優勝だがビッグレースでも結果を出すことのできるチームに成長する。



メインスポンサーは土木・建設機械のレンタル・販売・修理、温浴施設の運営を行う株式会社キナン(本社:和歌山県新宮市)メインスポンサーは土木・建設機械のレンタル・販売・修理、温浴施設の運営を行う株式会社キナン(本社:和歌山県新宮市) photo:KINAN Cycling Team
大きな成果を挙げた2016年シーズン

UCIコンチネンタルチーム登録のキナンサイクリングチームが2017年の体制を12月25日に発表した。2016年はツアー・オブ・ジャパンでマルコス・ガルシアが個人総合2位、ジャイ・クロフォードがツール・ド・イジェンで個人総合優勝するなどアジアツアーで活躍。フランスとスペインのUCIレースにも参戦し結成2年目で大きな成果を挙げた。

3年目となる2017年はさらにメンバーを強化してチームの地元であるツール・ド・熊野での個人総合優勝ならびにUCIレース、Jプロツアーなど更なる成績を求めて戦う。メンバーはキャプテンのクロフォードら5人が継続し、中島康晴、トマ・ルバ、山本元喜ら強力なメンバーを加えた11人となる。海外選手と日本人選手の両方が強力となり、シーズンを通じ国内外のレースで強さを発揮する。2016年よりも確実に強くなるチームの一つだ。

TOJで総合2位を死守したマルコス・ガルシア(キナンサイクリングチーム)TOJで総合2位を死守したマルコス・ガルシア(キナンサイクリングチーム) photo:Hideaki.Takagiツール・ド・シンカラで集団をけん引するジャイ・クロフォードツール・ド・シンカラで集団をけん引するジャイ・クロフォード photo:Satoru.Kato

最大目標はツール・ド・熊野での個人総合優勝

12月20日にチームの拠点である和歌山県新宮市で記者発表が行われた。メインスポンサーの株式会社キナン角口賀敏会長のあいさつに始まり加藤康則ゼネラルマネージャーから2017年体制が発表された。加藤GMは「2016年はTOJで個人総合2位、熊野でチーム総合優勝、海外アジアツアーでの勝利などでUCIアジアツアーチームランキング10位と大きな成果を挙げることができた。2017年はメンバーをさらに強化してUCIアジアツアーに加えて同ヨーロッパツアーも含めた国内外でのレース出場をより積極的に行い、過去2年以上の成績を残していきたい」と明言。

具体的には、メインスポンサーである株式会社キナンのお膝元である熊野地域を舞台に開催される、ツール・ド・熊野(UCIアジアツアー2.2、6月1~4日)での個人総合優勝を最大目標とする。過去2年はアクシデントにより勝利を目前で逃してきたため、優勝はチームにとって悲願だ。同時に国際レース出場を通じた選手の強化、イベント開催・参加そして小学校での安全教室開催など熊野地域への貢献、ホストレースである「KINAN AACA CUP」の開催をすすめていくという。

ツール・ド・熊野第3ステージの行われる和歌山県太地町にてツール・ド・熊野第3ステージの行われる和歌山県太地町にて photo:KINAN Cycling Team
11人が2つに分かれて参戦することも

そして11人とした理由について「レースが重なることが多く、2つの舞台に分かれて参戦することを考えてのメンバー構成。たとえ重ならなくとも全員は出られないので、チーム内でのセレクションもかかりお互いに切磋琢磨し良い方向に進むはず」と加藤GMは語る。

2017年の所属選手は、日本人ライダー7人、スペイン人ライダー2人、オーストラリア人ライダーとフランス人ライダーが各1人の、合計11人で構成。チームキャプテンは、2016年に続きジャイ・クロフォードが務める。またキャリア・実績が豊富な中島康晴が日本人選手最年長となり、精神的支柱としての役割が期待される。そのほか、スタッフは7人、オフィシャルサプライヤーは11社となる。

11人体制で2組に分かれて戦うことを想定しているメンバー構成だ11人体制で2組に分かれて戦うことを想定しているメンバー構成だ photo:Hideaki TAKAGIメインスポンサー株式会社キナンの角口賀敏会長メインスポンサー株式会社キナンの角口賀敏会長 photo:Hideaki TAKAGI

山本元喜ら新加入の選手たち

強力な6人の選手が加入するがなかでもトピックは山本元喜だろう。大卒選手がNIPPO3年目にジロ・デ・イタリアを完走、しかも終盤の第18ステージではロングエスケープも見せた。その強さと経験がアジアツアーやヨーロッパツアーを回るチームの戦力になることは間違いない。アジアツアー7勝の中島康晴は勝ち方を知る選手。自身の勝利とその経験を若手に伝えることが32歳となった中島に期待される。

ブリヂストンアンカーに5年間在籍し北海道やフィリピンで総合優勝の経験のあるトマ・ルバは山岳に強くステージレースでは常に上位に位置する。全日本TTのU23で優勝経験のある椿大志は独走力と登坂力に期待できる。同志社大学を卒業する中西健児はインカレロード4位、同個人追い抜き4分39秒067という好タイムで6位など2016年に結果を出した選手。そしてベルギーで活動していた経験を持つ雨乞竜己はスプリントに期待がかかる。

ツアー・オブ・タイランド2015 2年連続個人総合優勝の中島康晴ツアー・オブ・タイランド2015 2年連続個人総合優勝の中島康晴 photo:Sonoko TANAKAジロ・デ・イタリア第18ステージで逃げる山本元喜ジロ・デ・イタリア第18ステージで逃げる山本元喜 photo:KeiTSUJI

ツール・ド・北海道2013個人総合優勝のトマ・ルバツール・ド・北海道2013個人総合優勝のトマ・ルバ photo:Hideaki TAKAGIインカレロード2016 終盤に逃げる中西健児。優勝する野本空、2年連続優勝者の徳田優とともにインカレロード2016 終盤に逃げる中西健児。優勝する野本空、2年連続優勝者の徳田優とともに photo:Hideaki TAKAGI



KINAN Cycling Team 2017年シーズン体制

所属選手 計11人 (以下年齢順)

【継続選手/ STAY】5人
左から加藤康則GM、ジャイ・クロフォード、マルコス・ガルシア、リカルド・ガルシア、野中竜馬、阿曽圭佑左から加藤康則GM、ジャイ・クロフォード、マルコス・ガルシア、リカルド・ガルシア、野中竜馬、阿曽圭佑 photo:KINAN Cycling Team
ジャイ・クロフォード /Jai CRAWFORD 国籍:オーストラリア 1983年8月4日生まれ、身長172cm・体重59kg、脚質:クライマー
・2016 年主要リザルト インターナショナル・ツール・ド・バニュワンギ・イジェン(インドネシア、UCIアジア ツアー2.2) 第4ステージ優勝および総合優勝、ツール・ド・フローレス(インドネシア、UCIアジアツアー2.2) 総合4位および山岳賞、ツール・ド・おきなわ(日本、UCIアジアツアー1.2) 2位
※ 2016年に続き、2017 年シーズンもチームキャプテンを務める

マルコス・ガルシア /Marcos GARCIA 国籍:スペイン 1986年12月4日生まれ、身長169cm・体重55kg、脚質:クライマー
・2016年主要リザルト ツアー・オブ・ジャパン(日本、UCIアジアツアー2.1) 総合2位、ツール・ド・熊野(日本、UCIアジアツアー2.2) 総合10位、その他 2009~10年 シャコベオ・ガリシア(UCIプロコンチネンタルチーム)所属 ジロ・デ・イタリア2009 総合51位、ブエルタ・ア・エスパーニャ2010 総合43位 2012~14年 カハルラル(UCIプロコンチネンタルチーム)所属 ブエルタ・ア・エスパーニャ2012 総合27位(第4ステージ4位)、同2013 総合75位

リカルド・ガルシア /Ricardo GARCIA 国籍:スペイン 1988年2月26日、身長183cm・体重69kg、脚質:クライマー
・2016年主要リザルト インターナショナル・ツール・ド・バニュワンギ・イジェン(インドネシア、UCI アジアツアー2.2) 総合2位 ツール・ド・北海道(日本、UCI2.2) 総合3位 ツール・ド・シンカラ総合3位 ツール・ド・フローレス総合3位 その他 2012~13年 エウスカルテル・エウスカディ(UCIプロチーム)所属

野中竜馬(のなかりょうま) /Ryoma NONAKA 国籍:日本 1989年7月 22日生まれ、身長179cm・体重67kg、脚質:ルーラー
・2016年主要リザルト JBCF群馬CSCロードレースDay-1(Jプロツアー) 4位 全日本選手権ロードレース 男子エリート7位 KINAN AACA CUP3勝 同シリーズ総合優勝

阿曽圭佑(あそけいすけ) /Keisuke ASO 国籍:日本 1992年4月14日生まれ、身長173cm・体重65kg、脚質:クライマー
・2016 年主要リザルト インターナショナル・ツール・ド・バニュワンギ・イジェン(インドネシア、UCI アジアツアー2.2) 総合22位、全日本選手権ロードレース 男子エリート18位

【新規加入選手/ IN】6人
新加入メンバー、左から中島康晴、トマ・ルバ、椿大志、山本元喜、雨乞竜己、中西健児新加入メンバー、左から中島康晴、トマ・ルバ、椿大志、山本元喜、雨乞竜己、中西健児 photo:KINAN Cycling Team
中島康晴 (なかじまやすはる)/Yasuharu NAKAJIMA 国籍:日本2016年所属チーム:愛三工業レーシングチーム 1984年12月27日生まれ、脚質:オールラウンダー
・2016年主要リザルト ツール・ド・タイランド(タイ、UCIアジアツアー2.2) 第1ステージ2位 JBCF西日本ロードクラシック広島大会Day-1(Jプロツアー) 13位、その他 ツアー・オブ・タイランド2014,2015 総合優勝(2連覇)などUCIアジアツアー通算7勝

トマ・ルバ /Thomas LEBAS 国籍:フランス 2016年所属チーム:ブリヂストンアンカーサイクリングチーム 1985年12月14日生まれ、身長182cm・体重64kg、脚質:オールラウンダー
・2016年主要リザルト ツール・ド・熊野(日本、UCIアジアツアー2.2) 総合3位 ツール・ド・ラ・グアドループ(フランス、UCIヨーロッパツアー2.2) 総合7位、その他 ツール・ド・北海道2013総合優勝 ツール・ド・フィリピン2015総合優勝

椿大志 (つばきひろし)/Hiroshi TSUBAKI 国籍:日本 2016年所属チーム:ブリヂストンアンカーサイクリングチーム 1991年5月18日生まれ、身長 173cm・体重 60kg、脚質:パンチャー
・2016年主要リザルト ツール・ド・熊野(日本、UCIアジアツアー2.2) 総合19位 全日本選手権個人タイムトライアル6位、その他 2012年全日本選手権U23個人タイムトライアル優勝

山本元喜 (やまもとげんき)/Genki YAMAMOTO 国籍:日本 2016年所属チーム:NIPPOヴィーニファンティーニ 1991年11月19日生まれ、身長163cm・体重62kg、脚質:パンチャー
・2016年主要リザルト ジロ・デ・イタリア(UCIワールドツアー) 総合151位 ツール・ド・サンルイス(アルゼンチン、UCIアメリカツアー 2.1) 第5ステージ 20位、その他 2009年インターハイロードレース優勝 2010・11年全日本選手権U23ロードレース優勝(2連覇) 2011年 ユニバーシアード深川大会ロードレース3位 2013年全日本選手権U23個人タイムトライアル優勝

雨乞竜己 (あまごいたつき)/Tatsuki AMAGOI 国籍:日本 2016年所属チーム:シエルヴォ奈良MIYATA-MERIDAレーシングチーム 1992年1月4日生まれ、脚質:スプリンター
・2016年主要リザルト ツール・ド・熊野(日本、UCIアジアツアー2.2) 第1ステージ6位、その他 2013~15年 チームユーラシア・IRCタイヤに所属しベルギーを拠点に活動

中西健児 (なかにしけんじ)/Kenji NAKANISHI 国籍:日本 2016年所属チーム:同志社大学体育会自転車競技部 1995年2月3日生まれ、脚質:オールラウンダー
・2016年主要リザルト ジェラジャ・マレーシア(UCIアジアツアー2.2) 総合31位 ツール・ド・熊野(日本、UCIアジアツアー2.2) 総合40位 全日本大学対抗選手権(インカレ) ロードレース4位 同4km個人追い抜き6位(4分39秒067) 全日本学生選手権個人ロードレース5位、その他 2016年 KINANCyclingTeamトレーニー(研修生)

KINAN Cycling Team 2017 年シーズン スタッフ
ゼネラルマネージャー/General Manager 加藤康則(かとう やすのり)/ Yasunori KATO
監督/Sports Director 石田哲也(いしだ てつや)/Tetsuya ISHIDA
マッサー/Masser 藤間雅己(ふじま まさみ)/Masami FUJIMA
マッサー/Masser 森川健一郎(もりかわけんいちろう)/Ken-ichiro MORIKAWA ※新加入
メカニック/Mechanic 南野求(みなみの もとむ)/ Motomu MINAMINO
メディアオフィサー/Media Officer 福光俊介(ふくみつ しゅんすけ)/Syunsuke FUKUMITSU
アドバイザー/Adviser 鈴木新史(すずき しんじ)/Shinji SUZUKI

KINAN Cycling Team 2017 年シーズン オフィシャルサプライヤー
株式会社キナン/メインスポンサー
YONEX/バイクフレーム、ウェア
Champion System Japan /レーシングジャージ
FULCRUM /ホイール
IRC TIRE 井上ゴム工業(株)/タイヤ
uvex/ヘルメット、アイウェア
ATHLETUNE (株)隼/サプリメント
WAKO'S 和光ケミカル/バイクメンテナンス用品
DISSETARE Aroma Sports/マッサージ用品
MINOURA /室内トレーナー
NORTHWAVE ウィンクレル(株)/シューズ、ソックス

text:KINAN Cycling Team、Edit:高木秀彰

Amazon.co.jp 
の画像 ロードバイクオールカタログ2017 (エイムック 3575)
カテゴリー: Book
出版社: エイ出版社
最安価格: ¥ 1,787
アマゾン価格: ¥ 1,944
の画像 CYCLE SPORTS (サイクルスポーツ) 2017年 2月号 [雑誌]
カテゴリー: eBooks
メーカー: 八重洲出版
の画像 BiCYCLE CLUB (バイシクルクラブ)2017年2月号 No.382[雑誌]
カテゴリー: eBooks
メーカー: エイ出版社